【人妻体験談】妻を常務に預けてしまった(3)

 妻を常務に預けてしまった(3)    龍 晃一 私の失敗したことを棚に上げて妻を責めようとしていた。妻は私の失敗をカバーする為に常務に仕方なく身を捧げたのである。女は常に受身なのだ。私よりも太くて逞しいペニスで何度も逝かされ、失神してしまうと常務に惚れてしまうものである。媚びを売っているのではない。肉体の満足感が自然に常務を愛する身体になって行ったと思われる。雅美の好きなものをプレゼントされると女心は靡いてしまうものである。 このことを感覚としては理解しているが陰毛を剃られ、キス マークの残る肉体を診ると激しく嫉妬し妬みを抱いてしまう。頭では雅美に済まないと詫びるが言葉では言えなかった。常務に奪われた雅美の肉体を俺のものだと俺の精液を膣に注ぎ、口に飲ませることが唯一の憂さ晴らしであった。常務に犯され続けた沙織を戻って来ても犯し続けた。 携帯で聞いたような悶絶する絶叫を聞くことはなかった。妻の肉体は、常務のテクニックに疼いていた。私のペニスでは妻を失神させることができないもどかしさがあった。「あなた無理しないでもいいのに—-」

「俺は、雅美を常務の爺に奪われたことが悔しい—-」

 幾ら悔しいと言っても雅美の肉体は反応しなかった。疲れ果てていつの間にか眠っていた。 そんなことの繰り返しが毎週続いていた。

 雅美の肉体を逝かせることができなくなって、4週間が過ぎてしまった。俺の辛さを和らげようといつも笑顔で家庭内を明るくしてくれている。雅美に感謝しなければならなかったが出来なかった。 雅美と常務が結婚式を挙げるためにグァム島に行く日が近づいてきた。出発の前日に常務から呼ばれた。常務の部屋に入ると笑顔で迎えてくれた

「雅美が妊娠してくれると君を部長にしてやる。君が望んでいた資材部の部長の椅子を準備している」

 会社で昇格することは何よりも嬉しいことである。

「ありがとうございます」

「明日から3泊4日でグァムに行ってくる。妊娠させたい」

「頑張ってください」 以前のように反発心が失せていた。淡々としていた。

「妊娠するかしないかは神が決めること」

 と思うと心も安らいでいた。

 私がミスした10億円の損失を如何に解決したのか知らなかった。会社では表立っていなかった。 常務と相手の会社の社長が大学の同期であることは聞いていた。常務の剛腕さと巧みな話術で大きな問題にならなかったことは雅美の功績なのであった。 そのように考えると雅美の本心は知らないが気持ちよく送り出すことにした。グァムで着るビキニの水着もドレスも常務が準備してくれたと聞いた。

「雅美、嬉しい—-」

「恥ずかしいわ」

「何で—–」


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2013年11月5日 | エロい体験談カテゴリー:人妻体験談

【人妻体験談】妻を常務に預けてしまった(2)

 妻を常務に預けてしまった(2)      龍 晃一 妻から携帯にメールがあったのは夕方になっていた。

「〇〇デパートの駐車場に18時頃に来てほしい」

 雅子とパートの地下駐車場に車を停めて、メールした。 すぐに携帯が鳴った。

「6階フロアーで待っています。荷物があるので来てくれない」

 6階のブランド品の売り場のベンチで大きな荷物を抱えきれないくらい持って待っていた。 雅子が、

「ママ、迎えに来たよ」

「ありがとう。パパとお利口さんしていた」

 常務が雅美を気に入ったことでエルメスのバックや洋服と下着セットや宝石まで買ってくれた。「1日で200万円も使わせてしまった」

 と笑顔があった。

 その意味は、私に魅力があったからと言いたげである。荷物を抱えて駐車場に降りた。雅子がいるので変な質問も出来なかった。 荷物を車に積み込み、デパートの18階の食堂街で食事をして家に戻った。

 雅子は昼間の疲れもあり、ママがいると言うことで安心して眠ってしまった。 私が寝室で待っていると雅美がバスタオルを巻いたままで寝室に戻ってきた。化粧台に座り化粧水と乳液を付けるとバスタオルをのけてベッドに滑り込んだ。

「パパ、嫉妬した」

「嫉妬していた」

 キスを交わしながら乳房を触り、下腹部に手やると茂みが無くなっていた。 ベッドライトを少し明るくして、布団を剝いだ。

「そんなに見ないで——」


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年11月5日 | エロい体験談カテゴリー:人妻体験談

【友達との体験談】PC探偵・神崎梨緒

     PC・神埼梨緒  「…大丈夫です。データの復旧は直ぐ終わります」

 PCのディスプレイを見ていた女の子に言われた正面の女教師は、安堵して天井を

 見上げた。

 彼女の名は神埼梨緒-かんざき りお-  ここ東雲女学院ではちょっとした有名人

 である。東雲女学院はスポーツに力を入れている事で全国規模で志望者が多い。

 しかし梨緒はスポーツに直接の関わりはないが、練習プログラムの組み立て方は

 専門家が感心する程の能力がある。

 しかもそれだけではなく、梨緒は幼少の頃より趣味でPCを使っていた為精通して

 おり、以前学院のメインPCがハッキングされた事件があったのだが、それを解決

 した実績があった。この能力は半端なものではなく、学院の外からも依頼されたり

 している。 なので他のクラスや学年、時には教員からも相談を持ち掛けられたり

 する事も少なくなかった。

{もうそんな時間なのね}

 時計を見た梨緒は愛用のPCを専用の鞄にしまい席を立った。

 「また女子寮で家出ですって」


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||

2013年11月5日 | エロい体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達との体験談】いつの間にかそんな関係

現在は高校2年生で公立高校に通ってます。

忘れもしません。セーラー服のサイズが変わってしまった頃でした。

子供の頃からの大親友Mとコタツに入りながらTVを見てました。

TVの位置的に、2人並んで座ってました。

衛星放送で姉が撮っていたビデオでしたが、TVの筈なのに結構裸もあったりして驚きました。

「昔は大らかなんだね」などと話しながら観てると、保険調査員の女性2人が裸で縛られ浴槽へ入れられるシーンがありました。

悪漢はお湯がでする蛇口を捻って2人をお湯責めにしたりするのです。

そんなシーンを見ていると、いつの間に私とMはコタツの中で手を握り合ってました。

でもビデオは止まりません。止めたくありません。

別のシリーズに変わり、2人の女性が縛られてライトバンで運ばれてしまうシーンに、私はドキドキが止まらなくなりました。

「…ねえ、あんな目に遭うって…気持ちいいのかな?」

Mの言葉に横を向くと、Mの顔は上気して真っ赤でした。

もうそこからは雪崩の如く、でした。

ついばむキスから始まり、ソックスを脱いであたしの手を前で縛ったりし始めたのです。

コタツの中で赤外線に照らされた下着にドキドキしつつ、私達は荷造り用のガムテープで縛りっこしてじゃれ合いました。今ではお互いの家でライトなボンデージプレイ+レズプレイの日々です。

エロ体験談関連タグ

||||||||

2013年11月5日 | エロい体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達との体験談】妻には言えない【隠れM男】

物心ついた頃にはもう褒められるよりも叱られたいと思っていた。

原因があるとすれば、なにかにつけて過剰に褒めてばかりいた親の躾方針か。

あまり褒められすぎるのも子供心に不安をおぼえてしまう。普通じゃないことは理解していた。

しかし成長するにつれ叱られたいという願望は薄れていき、妻との恋愛を経て結婚。

どこにでもいるごく普通の夫となった。

はずだった。

異変は妻が週末のみの塾講師という仕事を始めてから。

在宅塾ということで家に集まってきた小学生に勉強を教える形なのだが、広い家ではないため声は筒抜け。

聞き分けのよい子供ばかりではない。

部屋でくつろいでいると、妻が子供を叱っているらしき声が耳に入ってきてしまうのだ。『また宿題を忘れたのね、いけない子。』最初は特に気にしていなかった。

ただ突然、思い出したように自分がMであったことを自覚してしまうと、そんな妻と子供のやり取りが気にならないわけはない。

妻の前では普通の夫を演じている。

叱られている子供が羨ましい。

悶々としても今の生活を壊す気はないので、今後も妻には秘密で通すと決めている。

妻が叱っている対象をつい自分に置き換えて想像し、勃起していることもあった。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2013年11月4日 | エロい体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達との体験談】どすけべコスプレイヤー調教。

昨日は火曜日でとても晴れたいい天気だった。。仕事の関係もあり、コスプレイヤーさんと知り合う機会が多いので

良く言われるような偏見はない。。逆に素敵な自己表現の方法だなと思う。。自分の好きなアニメやゲームの衣装を着て、普段とは違う自分になることで

本当の自分を表現できたり、キャラクターになりきってその世界観の住人になったり。。それにとてもいいストレスの発散の仕方だと思う。。私の場合はコスはしないが以前付き合ってた彼女はレイヤーをしていたので

その心理や気持ちは良く分かる。。

いろいろとお金もかかるということも…ね(^^;話は逸れたが、今日は何人かのレイヤーさんから撮影会やイベの誘いがあったが

残念なことに仕事の関係で行くことが出来なかった。。久しぶりに会う女性もいたので無理してでも行きたかったが、こればっかりはどうしようもない。。まぁ、いい機会なので少しレイヤーさんのことを書こうと思う以前付き合ってた彼女もそうだが、レイヤーさんは見られたい、見て欲しいという願望が強い。。

撮影会でも少しきわどい写真を撮ることもあるし、実際カメコの方からポーズ要求があれば割と受けてくれる。。そのため、カラダの関係になってもその性格や希望することはコスしてる時とあまり変わらない。。コスしてHしたいというのは勿論のこと、撮影会では見せないいやらしい自分を撮影して欲しいとか、中にはコスしてキャラになりきって陵辱調教されたいというコもいる。。可愛い服を着た自分を汚されたい、辱しめて欲しい…そんな願望のあるレイヤーさんはとても可愛い。。

続きと写真はこっちで・・・http://s11.smhp.jp/69jj/blog/?id=69jj&cn=9&_cus=mgp2k3調教部屋はこっち

http://s11.smhp.jp/69jj/?_cus=lh5kjk&cn=918歳以上のメール調教や写メ交換したい変態M女はおいで。二人だけになったら、こんな感じで調教してやるよ・・・「もう欲しがってるのか?この淫乱娘が…」

「なんにも触れてないのに、なんでこんなになっちゃってんだ…?」

「そんな恥ずかしい部分を、どんなふうにいじくって欲しいんだよ?」

「そんなわがままな子には、お仕置きが必要だな…」

「自分でそんなとこひろげて、恥ずかしくないのか…?そのじゅくじゅくしたいやらしい器官がなんなのか、ひとつひとつ説明しなさい」

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2013年11月4日 | エロい体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻体験談】妻の変貌

妻は性欲が無く、夜求めてもほとんど断られます。

年齢も33歳と今が一番いい時だと思うのですが、さっぱりです。

皆さんの様に自慢と言える位の美人ではありませんが、胸はDカップ程あり

身体もムチムチしていて、私は毎日でも妻を抱きたい位なんです。そんな妻への不満を友人は、真剣に聞いてくれました。

ある日の事、友人と飲みながら妻の愚痴をこぼしていた時です。

「俺の友人で、女の扱いが上手いやつ居るんだけど・・・奥さんの事話してみたんだ」

「へぇ~・・でどうだった?」

「ん~彼に言わせれば、数日で淫乱な女になるって自慢げに言ってた!」

「出来る訳無いよ!本当堅物で、入れると痛いって怒るし・・・無理無理」

「一度、彼に会って話してみるか?」

「あ~いいよ。今すぐにでも・・・」 酔った勢いもあった。

「ちょっと電話してみるよ」

そんな訳で、友人の友人Aさんに会う事になったんです。

20分程して、Aさんが現れました。

凄くカッコいい感じで、体もガッチリした体育会系で、話も落ち着いた感じで信頼がおける人でした。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2013年11月4日 | エロい体験談カテゴリー:人妻体験談

【露出体験談】携帯動画調教@スタバ

昨日は美沙と久しぶりに会った。そのままホテルには行かないで、スタバに入って、二人、ドリンクを注文すると、一番奥の席に座る。「ほら、見ろよ」そういって差し出した携帯の画面には、この間撮った美沙のフェラチオ動画が映っている。もちろん、周囲にばれないように音は消している。真っ赤になって美沙はうつむき、欲情しているのか、細かく震えていた。携帯の小さな画面の中で幼い顔をした美沙が口いっぱいに太くて赤黒い性器をくわえて、いやらしい舌を這わしている。

「ドスケベだね。美沙は。こんな汚いものをくわえて、よだれたらして・・・・」「・・・・・」

「ノーパンでちゃんと来たんだろ?今から携帯のカメラでいやらし割目を自分でぱっくり開いて、オレに見せろよ」

美沙は黙ったまま、動画モードにした携帯を震える手でスカートの中に入れる。

「美沙のおまんこはどうなってるんだ?」

「恥ずかしいです・・・・」「どうなってるか報告しろ」「濡れてます・・・」「ちゃんと撮れよ」

「はい・・・・・」

「ぱっくり開いたどすけべな美沙のおまんこ開いて、クリの皮剥いて、ジュポジュポ指を出したり入れたりしろよ」

「はい・・・・・」

真っ赤な顔をひきつらせて、まるでおしっこが漏れそうな、そんなポーズになって、テーブルの下でゴソゴソやりだす美沙。時折、ヒクヒク体を痙攣させる。

やがて・・・・

 耳を澄ますと、周囲のガヤガヤというノイズに混じって、いやらしい粘液のかき回される音がうっすらとテーブルの下から聞こえてくる・・・・ 

「今何本入れてるんだ?」

「2本・・・・・です・・・・」「奥までずっぽり入れるんだ」「はい・・・・」そういった瞬間、テーブルの下から乾いた音がして携帯が転がり落ちた。周囲の何人かが振り向くが、床に落ちた携帯を見て、すぐに、何事も無かったように、店内の亀裂は綴じられていく。オナニーに夢中になってついつい指が滑ったのだろう。美紗は凍りついたように、真っ青になって震えている。

やれやれ・・・・


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2013年10月31日 | エロい体験談カテゴリー:露出体験談

【乱交の体験談】勿体無いほど美形の人妻  告白

M君に始まった童貞狩り…S子はすっかり嵌ってしまいました。

後日専門学校生17歳君とも会い、変態初体験を経験させます。S子がねだるので車や携帯を買い与えると、度々家を留守にするようになりました。

不審に思い携帯の履歴を調べると、すべて消去しています。ひとしきり通った相互観賞クラブ。

気が合う数人とグループを作り、乱交や貸し出し、スワップなどもやっていました。

私はS子が誰と寝ようと構わないけど、秘密だけは持たないようにと言っていましたが・・・。

秘密・・・バレない様にする。これが刺激のキーワードです。S子は私に内緒でほかの男達と遊ぶ楽しみに気付いたようです。

限りない欲望を求めるS子・・・。

私も暫くは見て見ぬ振りをしていましたが、一応相談するとは言え外泊までするようになったS子に苛立ちました。

昨夜はどこに行ったのか問いただします。

S子は出会い系で見つけたM男君と遊んできた・・・といいました。M男君・・・

二人だけで会わせ、DVDに録画した二人のSMプレーを私は見ています。映像の中でのS子は革製のボンデージに身を包み、手には鞭を持ち、わざと化粧をどぎつくしてSMの女王様そのものです。S子の下半身にそそり立つペニスバンド、跪きしゃぶる若い男・・・男はS子のペニスをしゃぶりながら、ちぢこまった自分のチンポを扱いています。

“この下手くそ!そんなしゃぶり方じゃ感じないでしょ?もっと一生懸命しゃぶりなさい!”と言うや手にした鞭で男の尻を“ピシっ!”と鞭打ちます。

“ほらほらぁ、しっかりしゃぶって私のチンポをビンビンにするのよ!後で沢山お尻を掘ってやるから!”

実際、男を四つん這いにさせアナルにペニスを出し入れするS子。男は〝あ~ん…S子様気持ちいいです…もっと奥までチンポで突いて下さい・・・”

と言いながら男は自分のチンポを扱きたてている映像。衝撃的だったのは、S子と男が双頭の極太ディルドをお互いのアナルに突っ込んで、四つん這いで腰を振りあってるシーン・・・。男を四つん這いにさせ、S子は自分のオマンコにディルドを入れ、反対側を男のアナルに突っ込んで腰を振るプレーは圧巻でした。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年10月30日 | エロい体験談カテゴリー:乱交の体験談

【浮気や不倫の体験談】ど変態レズを縛って…

(レズ出会い系で知り合ったあきさんと初めて逢う事になり、指定されたホテルの部屋に)

えっ!ここは…

(怪しげな部屋に戸惑いながらも、ノックして)

あの…優子です…

(扉が開き、あきさんが…)

初めまして…今日は宜しくお願いします…

(ムッチリした身体を微かに震わせながら挨拶する)



そう、早く入りなさい。

(女王様の格好になっている)

あそこにかかっている縄取って

(壁にかかっている縄を指差して)

あなたを気持ちよくしてくれる縄だから、大事に持ってきなさいよ。

ど変態だから、もうその縄気にいった?

縄を渡して、服を早く脱ぎなさい。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2013年10月30日 | エロい体験談カテゴリー:浮気や不倫の体験談

このページの先頭へ