【友達との体験談】私の日常

私が初めて男性のおち○ち○をおずおず舐めたのは、大学1年生の時でした。

しかし、最初は興味本位が勝っていましたけれど、同時に抵抗感もありました。

だって、それまで正視するのも恥ずかしい男性の性器を、きれいにしている口に入れるのですもの気持ちはわかっていただけるでしょう。

けれども、Aおじさんは、そんな私の抵抗感を上手に解消してくれました。

 彼は、はじめの頃、普通にエッチする以外、自分にどうこうしてくれとは全く言いませんでした(わがままばかり

言う今とはえらい違いですよ)。一方で、私にはとことん尽くしてくれます。エッチをしない時も私のショーツを降

ろして汚いところも全部舐めて気持ち良くしてくれるのです。爪先や髪の生え際、耳やあそこや果てはお尻の穴まで

何度も全身を彼の舌で愛されているうちに、私の彼を慕う気持ちもどんどん高まっていきました。そして、彼のため

に何か尽くしたい、という気持ちがある限度に達した時、私は自分から彼の股間に顔を沈めていたのです。愛する人

のものですもの、その時はヘタでしたけれども心を込めておしゃぶりしました。彼の身体の一部であるおち○ち○

が、とても愛おしく感じました。愛したいから口にしたいと自然に思うようになったのです。

 彼は私に「精液飲んでくれるかい?」と聞きました。もうその時の私は、むしろ愛する人のものなら何でも欲しい

と思っていました。おち○ち○を口に咥えたまま目で「はい」とうなずいて彼のために一生懸命おしゃぶりを続けま

した。そして、「いくよ」と声が聞こえた途端、口の中に熱いミルクがバッと溢れました。彼に尽くせたうれしさと

一緒に夢中で飲み下しました。そうしたら、やさしく抱きしめて軽くキスしてくれました。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2013年8月31日 | エロい体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達との体験談】軍師のストリップ ブラ三ハンゲ4鯖 同盟ランク1位 

116名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2010/10/19(火)18:32:58ID:dhT++nHU

月下美人同盟オフ会の模様を亀戦人がレポート致します



まず煉獄盟主からのご挨拶。



「皆様の期待に沿えない結果となったことは誠に遺憾でございます。

城を持っての1期終了ができず誠に申し訳なく思っております。

 然しながら、私も盟主として何の確信もなく若葉さんを軍師に指名したわけでも、若葉さんも

何の覚悟もなく、皆様を率いていたのではないことをご理解いただきたい」



「覇王道との対戦にあたり私は若葉さんから「負けたら脱ぐ」との決意の表明をいただいて

おりました。 」

「この乙女がです。その決意やよし、ここまでの覚悟で臨んで負けるわけはなかろう。

そう私としては信じ、全てを若葉さんにお任せしたわけでございます」




このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2013年7月11日 | エロい体験談カテゴリー:友達との体験談

【童貞・処女の体験談】平吾少年の筆下ろし儀式

もう四半世紀も前だが、私が中学に入ったばかりの頃、

明治生まれの祖父が唐突に聞いてきた。

「お前、オ○コ知っとるんか?」

セックスの経験があるか?ということらしい。



「知ってるわけないやん」と俺。

当時でも中学で童貞を卒業する男は、まだまだ少数派だった。

「そうか。最近の子はかわいそうやなあ」

溜息をついた祖父が、ぽつりぽつりと語ってくれた話だ。



祖父=平吾(仮名)=が生まれ育ったのは、

関西某県の山間の農村。6人兄弟姉妹の次男坊だった。

小規模ながら自分の田畑を耕す自作農で、

高等小学校(今の中学くらい)まで出たというから、

村では中産階級といったところだろう。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年7月6日 | エロい体験談カテゴリー:童貞・処女の体験談

このページの先頭へ