【大学生の体験談】8年ぶりに再会した3つ上の幼馴染と

俺が小2の時に隣に住んでいて俺の面倒をよく見てくれていた3つ上の幼馴染のお姉ちゃんが引越しすることになりその当日俺の家にあいさつに来たとき俺は号泣した

寂しさもあったが俺はお姉ちゃんが好きだったから余計涙が出てきた

そんなお姉ちゃんは目に涙を受べながら俺を慰めてくれてほっぺたにキスをしてくれた

それからお姉ちゃんとは会っていなかったが俺が高1の時のことだった

「あれ~ユウキ君?」

俺の名を呼ぶ声が聞こえ振り返るとお姉ちゃんが笑顔で手を振って立っていた

「あぁ~久しぶり」

それは8年ぶりの再会だった

「ユウキ君大きくなったね」

「お姉ちゃんこそ」

「今学校の帰り?」

「うん お姉ちゃんは?」

「私も大学の帰り 今一人暮らししてるの」

「え~そうなの」

「今日暇? 暇なら家に遊びに来ない?すぐそこだから」


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||

2018年1月9日 | エロい体験談カテゴリー:大学生の体験談

【浮気や不倫の体験談】人妻と少年(親友の息子)

 すいません、これはコピペです。

 去年の事です。

 故郷の親友の息子(中学3年生)が夏期講習で、我が家に来た時のことです。

 彼は東京の高校を志望しているため、お願いされたのでした。

 私は30半ばの既婚でしたが子供はいません。

 そんな事こともあり、彼を我が子の様に見ていましたが、彼にとってそうではなかったのです。

 でも、私はそんなことに気づく事はありませんでした。

 夏休み初日、彼は家に着くとすぐに、夏期講習の受付にでかけました。

 私は彼の帰りを待っている間、私はソファーでウトウトしていました。

 どれくらいウトウトしていたのかはわかりませんが、何か人の気配を感じ目を覚ますと彼が隣に座りじっと私を見ています。

「どうしたの」

「おばさん、僕」

「何?」

 と、突然、私に覆いかぶさってきました。

「だめよ、こんなことしちゃ」


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2018年1月9日 | エロい体験談カテゴリー:浮気や不倫の体験談

【従姉妹との体験談】春子

数年前とある田舎の村に親戚がいたのでたまたま行く事になった。

そこで親戚の娘春子(小6)と久しぶりに会った。

春子と会うのは子供の頃以来でほとんど初対面と変わらなかった。

田舎だけあって都会のチャラチャラした感じの娘とは違って素朴な感じの女の子だった。

そしてその夜俺が部屋に一人でいると春子が入ってきた。

都会の話を聞きたいってな事だった。

俺は最初普通に話をしていたが元々ロリで春子位の年がかなり好きだった俺は次第に胸

や太股あたりをちらちら見ていた。

夏で春子はかなり薄着というのもあったからかもしれない

が、自分でも気付かない内にいやらしく見ていたようだ。

春子はそれに気付いたらしく「にぃエッチやなーあたしの見たいの?」などと言ってきた。

俺ははぐらかしたが春子は「見せてあげてもいいよ」などと言ってくる。

俺は理性に勝てず見せてと言ってしまった。

春子は薄いワンピースを脱いだ。ブラもしてなく小さいがしっかり形のできた胸だった。

俺は固まってしまっていた。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2018年1月7日 | エロい体験談カテゴリー:従姉妹との体験談

【童貞・処女の体験談】なおぼんとヤノさん

あたしが十歳ころのことでした。

小学校の生徒数が多くなりすぎて、分割化が盛んに行われたころのことです。

今からでは考えられないでしょうが、一学年が十クラス以上なんてザラでしたよ。

あたしの家のすぐそばの田んぼがつぶされて、学校につくりかえられました。

それまで、三、四キロメートルも遠い小学校に通っていましたので、とても嬉しく、あたしも友達も出来上がるのが待ち遠しかったんです。

実は、五、六年生だけは、新しい小学校ができても、元の小学校に卒業式まで通って中学に上がることになっていました。

(現六年生は竣工に間に合わなく卒業を迎え、新六年生となる当時の五年生だけがそのまま元の小学校に通うのよ)

あたし、四年生だったんでギリギリセーフだったの。あたし、楽しみなもんだから、学校ができる工事現場に足しげく通って、その様子を眺めていたわ。

ダンプカーがひっきりなしに土砂を運んできて、田んぼがみるみる埋まっていって、鉄筋の杭打ちが始まるの。工事現場の休憩時間に、おじさんたちと仲良くなって、遊んでもらったりしたよ。

ずいぶん遠くから来たダンプの運転手さんがいて、とても優しかった。

たしか、みんなから、ヤノさんと呼ばれてた。ある日の夕方、ヤノさんが一人で、緑のダンプカーを洗車していた。

ガーっとダンプの後ろを上げると、水がざばーっと勢いよく流れ落ちてきた。

あたしは飽きずに眺めていたよ。

「なおちゃん。一人か」

ヤノさんには、「なおちゃん」と呼ばれる仲だった。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||

2017年12月30日 | エロい体験談カテゴリー:童貞・処女の体験談

【童貞・処女の体験談】親友(下の毛、皮)

現在、26歳の会社員ですが、僕の学生時代からの親友5人組の話しです。

メンバーは僕を含め男(A、B、C、D)5人と絵里の6人。

小学から高校までも一緒で何をするにも楽しい仲間です。

全員でいつまでも親友でいようと約束していて今でも親友です。まずは僕と絵里の関係を少し話します。

実は僕と絵里とは2軒ほどしか離れてないご近所さん。幼稚園から一緒で親同士も仲良しです。

小学1年の頃まで親公認で一緒にお風呂に入ったりしていました。

一緒にお風呂に入ってる時に

「なんでカズ(僕)にはオチンチンあるのに絵里にはないんだろう?」

そう言って僕のすぐ目の前にワレメを見せて、そう言ってたのをすごく覚えています。

時には僕のオチンチンを触ったりしてました。幼稚園でしたが触られるとちゃんと勃起してました。

それを見てお互い「面白いね」とか言って笑ってました。小学生になってからも絵里とは幼馴染で近所ってこともあり仲が良かったのですが、1~4年生までクラスが違いました。5年生になって同じクラスになり、もっと仲がよくなりました。

そして5年生の夏に絵里がうちに遊びに来た時のことです。絵里が「カズはもうチン毛はえてきた?」と唐突に聞いてきました。

僕はまだだったので「はえてないよ」と言うと、絵里は「私は生えてきちゃった」と言いました。

僕が「ほんとに?」と聞くと絵里は「ほんとだよ。見てみる?」と言ってきたので迷うことなく即効で「うん!」と言いました。が・・・「冗談だよ!生えてきたのは本当だけど見せるわけないじゃん」と笑いながら言いました。

僕はがっかりして「なんだ・・・」とつぶやきました。きっと、かなりがっかりした様子だったのでしょう。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||

2017年12月30日 | エロい体験談カテゴリー:童貞・処女の体験談

【童貞・処女の体験談】私の初めてがお兄ちゃんでよかった♪

私の好きな○お兄ちゃんにいつも勉強見てもらったり遊んでもらってました。でもわたしも大学生になったのでその関係が少しずつくずれていくようになりました。

私はある火曜日にお兄ちゃんに連絡して家に遊びに行くことにしました。(お兄ちゃんと言っても2つ上のご近所の昔からお世話になってる人のことです。)兄「はれて大学生やな」

私「お兄ちゃんの大学と一緒なんだよー。」

兄「そうやな。学校であったらよろしくな。」

私「?学校だけ?」

兄「だってお前もそろそろ彼氏とか作るだろ?そんなに可愛いいんだから。まず高校のときに付き合ってないこと事態がおかしいぞ。」

私「(しょうがないでしょ?お兄ちゃんのことが好きになってたんだから)お兄ちゃんも大学はいってから付き合ってないやん?」

兄「俺?俺は今を楽しみたい人やから遊んでバイトして寝てみたいな?まぁ、好きな人できたら付き合うかもしれんけど」

私「年上じゃないとダメなんだよね?年下じゃダメ?」

兄「年上のほうが好きってだけで、年下でも問題ない子ならOKやで!タメわなんか無理やけど(笑)」

私「どんな子ならいいの?」

兄「どうした?そんなこと聞いて、お前は昔からほんと変わらんな!」

私「なにが?」

兄「少し天然なとことか、どんどん大人ぽくなって・・」

私「へ?」


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||

2017年12月30日 | エロい体験談カテゴリー:童貞・処女の体験談

【レイプ体験談】女子トイレでの汚物箱オナニーの過ち

私は女子トイレに入って汚物箱の中に捨ててある使用済み生理用品で私の童貞の汚いイチモツをシコシコオナニーを女子トイレ内で行っていました。ある日私は女子トイレに入って来た女性に気付かずにオナニーを激しくしてしまい逝き果てて我に返った時おもいっきりドアをノックされ結局私は男だとばれてしまいました。汚いイチモツ隠さずに多分私は声を発していたんだと思います。その女性は凄く睨んでいて、大声で叫ぼうとせずにいたので私は謝りながら童貞だと正直に言って、少しだけ興味があった女装と生理やおりものやおしっこを私の身体にぶっかけたりして私を汚便所の肉便器にして許して下さいと告げると女性は笑いながら女子になるなら処女のおまんこもそのいやらしい童貞の汚い物もダブル喪失してから、私の他の女性や時には男の汚いちんこも挿入して公衆トイレの汚便所の肉便器になり輪姦され私の女になりなさいと言われ許して頂けるのなら身体を売ります。

連絡先を言わされ女子トイレの個室で女性の生おまんこを舐め綺麗にして私のイチモツは弄ばれて我慢出来ずに射精し続けて裸にされビンタやヒールで踏まれイチモツに使用済み生理用品を自らシゴいて罵声を浴びながら逝ってしまいました。女性は鞄の中からポーチを取り出してポーチからピンク色のデカイバイブを取り出して私の口に入れスイッチを入れ口の中で激しく動き回り私は一瞬にして私のおまんこにこのデカイバイブが挿入され処女喪失する事が分かりました。私はもがいて口のバイブを出して許しをお願いしました。これは私が女になるなら初潮を迎えさせて欲しいとお願いしました。その女性が生理中に経血を取り貯めて私のおまんこに浣腸器等で経血をタップリ中出しして貰い初潮教育を受けたのちにその女性に立派なペニスバンドで私の処女のおまんこに挿入されレイプされて処女喪失したいですと、私の想像を言うと本当に女子になりたいんだと言われて許して貰い生理日がもう直ぐだと言われ私も承諾しその日は解放されました。そしてその女性から連絡が入り生理になったと言う事で私は過ちを悔やみながら女子トイレに向かい女性を待ちました。

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | エロい体験談カテゴリー:レイプ体験談

【童貞・処女の体験談】人妻Mの告白5 ~小学6年の同窓会~

相変わらず長いです…そして文章も下手です。

読んでくれているひといるのかな?興味のある人だけよんでください。結婚して16年目、2人の子供に恵まれ平凡ながら幸せな日々。

主人とのセックスは2人目が生まれてからは減っていきました。

主人は求めてくるのですが、私が子育てで忙しかったのもあり拒むことが多く、そのうちに

主人もほとんど求めてこなくなりました。

私としても、まったく性欲がないわけでもありません。そんな時はオナニーで済ましてしまいます。

その方が楽だったのです。そんな中、同窓会のお知らせが来ました。小学6年生の時の同窓会です。

ただ、年齢的に体系も崩れ、すこし太ってしまった私は抵抗あり恥ずかし

いと思いましたが…

連絡をしてきた幹事のY君が「俺だって髪は薄くなったし太ったし、男どもは

ハゲにデブばっかりだよ(笑)」

今でも連絡を取っている女友達も「出席しなよ。私も太って別人(笑)」

そう言ってもらううちに子供も大きくなり手が離れたこともあり、久々に

旧友に会いたくなりました。そのことを主人に言うと「Mは気にするほどじゃないと思うよ。俺から

見たらまだまだイケてると思うけど。逆に行かせるのは心配だな」と…


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | エロい体験談カテゴリー:童貞・処女の体験談

【M男な体験談】二人のペットと32歳の私

 私は32歳、結婚5年で子供は無しです。

 今は小学6年(この春から中学生)の男の子二人をペットにして遊んでいます。

 裕君は主人の親戚にあたり、小学生にしては大柄ですが、目がクリッとしたかわいい顔立ち。けっこう生意気。友達の健ちゃんは、小柄でおとなしい雰囲気ですが、クールでわりとハンサム。二人は親友で、とてもうまくいっています。

 私が二人を食べるきっかけになったのは、私の趣味のお菓子作りの試食部隊として二人がうちに出入りを始めたこと。

 最初は色気より食い気で、私が作ったケーキなんかを喜んで食べてくれていましたが、打ち解けるに従い、私が得意の猥談で挑発し始めました。

 と言っても最初は

「キスしたことあるの?」

「早く彼女作んなきゃ」

ぐらいの会話でしたが、

「女の子のおっぱいさわったことある?」

の質問から、お調子者の裕君が、ふざけたふりをして私の胸やお尻に触るようになりました。 叱ると素直に謝りますが、しばらくするとまたタッチに来ます。

 健ちゃんは、見て見ぬふり。たぶん触りたいのに、プライドが許さないのでしょうか。

 少し癪に障った私は

「健ちゃん、子供はどうやったら出来るか知ってる?」

と聞いてしまいました。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2017年12月25日 | エロい体験談カテゴリー:M男な体験談

【フェラチオについての体験談】親友(AとBにばれた!)

絵里との関係が戻り、前のようにセックス三昧かと思っていましたが、現実はそうもいかず3年生が引退した後の部活は大会だので忙しく、お互いなかなか都合が付かずセックスできるのは月に1度か2度程度でした。その間もA、B、C、Dに対する絵里の奉仕も回数は減ったものの続き、絵里はその時の様子を必ず僕に報告していました。夏休みのある時、絵里といつものようにセックスした後に聞いてみました。「絵里にはエッチな願望とか何かあるの?」と聞くと「うーん・・・わかんない」と最初は言いましたが、「オナニーするでしょ?その時にはどんなこと想像しながらするの?」と聞き返すと、絵里は「カズのこと考えながらする時もあるし・・・数以外の人、たとえばA、B、C、Dとセックスするの想像してみたり・・・」「たまに複数でされちゃうとか・・・」「他の人に見られながらエッチなことしちゃうとか!?」と言いました。その後すぐに言い訳をするように「何言わすの?恥ずかしいじゃん。私はカズしか知らないでしょ?他の人とするとどうなのかな?って単純に思うだけだよ」と言いました。

僕は「ふーん、他の奴らのオチンチン触ったり舐めたりして入れたいと思ったりする?」と聞くと、「なんか喜んでくれると嬉しいんだよね。それに気持ちよさそうな顔でいく時なんか可愛いなって思う。そんな時はいつもすぐに帰ってカズにしてほしいって思うよ」と言いました。きっと僕に気を使った言葉なのでしょう。僕はきっと絵里は他の奴らともセックスしてみたいという願望があるのではないかと思いました。

僕は「未だにみんなには絵里のオマンコ見せてないの?本当は見せたんじゃないの?」と聞くと、「見せてないよ。カズだけだから!」と言いました。「見られるのは嫌なのか?」という質問には「うーん、だって恥ずかしいよ。もし見せたら歯止め利かなくなっちゃいそうで襲われちゃうよ。カズは私が他の人としちゃっても平気なの?」と・・・

僕はしばらく考え「平気ってわけじゃないけど、あいつらも可愛そうだな~って思って。俺だけ良い思いしててあいつらは手コキとちょっと舐めてもらえる程度じゃん。ほんと可愛そう」と言いました。

絵里は「うーん・・・」と言って無言で僕のオチンチンを触ってきて、僕のお腹の上に頭を置いて徐々に勃起してくるオチンチンを指先で触りながら見ていました。そしてカリの部分を指先でなぞりながら「カズのここの段差って凄いよね。入れられるときよりも抜かれるときの方がビクっとしちゃう・・・他の人のはこんなんじゃないんだよね」と言いました。

その後は絵里にフェラされ口内射精してもらい、絵里はいつものように飲んでくれました。

僕は「今度、他の奴らのも飲んであげたら?喜ぶぞ~」と言うと絵里は「あはは」と笑っていました。

僕は「そろそろみんなに絵里との関係を言わないとダメかな~みんな俺には隠し事しないで絵里とのこと言ってくれるし。裏切ってるみたいじゃね?」と言うと絵里は「そうだね」と言いながら小さくしぼんでいくオチンチンの先から染み出る残り精子をチュッチュッといわせながら吸っていました。夏休みが終わる頃、僕の家にまた絵里が来てセックスを楽しんでいました。

すると突然部屋のドアが開き「え!?」「なに?」と・・・そこには買い物袋を片手に持ったAとBの姿が・・・僕達といえば僕が寝そべって絵里のおっぱいを揉み絵里は僕にまたがり腰を上下に動かしてるという状態の騎上位姿。「お邪魔しました・・・」とAが言って部屋のドアを閉めて出て行こうとしました。絵里はあわててタオルケットを体に巻き、オマンコからオチンチンを抜きました。僕も反射的に「ちょ、おまえらちょっと待って」とドアの方へ走っていきドアを開けるとバツが悪そうに階段を降りていこうとする2人が居ました。

「戻って来いよ」と僕が言うと「え?いいの?」「でも悪いよ・・・邪魔をした」と遠慮して帰ろうとする2人を無理に引きとめました。するとBが笑いながら「それよりもお前・・・」と僕のオチンチンを指差すと愛液でテカテカしてる勃起したコンドームを被ったオチンチンが!慌てて手で隠し苦笑いしながら、「とりあえず入って来いよ」と言いました。部屋の中を見ると絵里は下着をあわてて付けたようでしたが、スカートとTシャツはまだでした。「いいよな?」と絵里に聞くと「うん・・・」と言ってまたタオルケットを体に巻きつけました。

AとBは「お邪魔しまーす」と言ってバツが悪そうに部屋に入ってきて絵里を見て「どうも・・・」と他人行儀な挨拶をしました。

AとBは一応チャイムを鳴らしたようですが、セックスに夢中だた僕達には聞こえなかったようで更に念のためいつも玄関の鍵を閉めるのを忘れていたようで・・・2人は絵里の靴もあったので部屋に居るんだなと勝手に入ってきてしまったそうです。「2人がこんな関係だったとは知らなかったよ」とBが言いました。僕は簡単に経緯を話しました。

そしてA、B、C、Dにもそろそろ話さないといけないと絵里と話していたことも言いました。

AもBも隠していた僕達を怒るどころか「いやー安心したよ。カズだけ絵里に何もしてもらえてないと思っていたからさー。俺達も心配してたんだよな」とBが言うとAも「ホントに心配してたんだよ。このままカズだけが仲間はずれみたいになってて気まずいよってみんなで話してたし」と言ってくれました。すると絵里がどうしてあの頃、僕を避けていたのか話しました。そして初めてが中3の時に僕だったことや、みんなは同じくらい好きだけど僕だけがちょっと特別だった気持ちも言いました。

「で、2人は付き合ってるの?」とAが聞くと僕も絵里も「いや、そういうんじゃない」同時に否定しました。AもBも不思議な顔をしていましたが「そうか・・・まぁ~いっか!食べようぜ~」と言って買ってきたお菓子や飲み物を出しました。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2017年12月24日 | エロい体験談カテゴリー:フェラチオについての体験談
1 / 26412345...102030...最後 »

このページの先頭へ