【修羅場の体験談】俺、ホストになる

490:恋人は名無しさん:2010/07/22(木)20:52:51ID:KQBEkGe6O

あ、かけた!

グダグタ修羅場投下。



私子大学生当時18〜19。

彼男大学生、私子の彼氏、同じ学科学年同じ年。

名無し子彼男の浮気相手。





私子と彼男が大学1年のときの約1年の交際期間の話。学科内公認カップルだったけど今思えば付き合ってなかったのかな…とも思うのですが。



付き合って間もなく彼男は焼鳥屋のバイトを辞め、生活費を私にたかるようになっていった。





491:恋人は名無しさん:2010/07/22(木)20:56:34ID:KQBEkGe6O


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||

2013年8月25日 | エロい体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【レイプ体験談】うなぎ責め2

 吉原に軒を連ねる多くの遊郭の中では、中堅格とされている見世の一つに榊屋がある。

比較的若い見世なのだが、今の女将の手腕によって急成長をとげて今ではそこそこ名が通っている。

 さて、榊屋も遊郭である以上、遊女たちの仕置き用の部屋がある。足抜けを図る遊女たちは、今も昔も後をたたないのだ。

成功するはずもないと、充分に知っているはずなのに、である。

 それでも、大抵の人間は一度失敗すればそれに懲りて二度と足抜けを試みたりはしない。

だから、普通であれば仕置き部屋の常連、などというものは存在しないはずなのだが……榊屋には、それが、いる。

名前は、武蔵。遊女としては標準よりやや上か、ぐらいの容貌の持ち主なのだが、

ともかく気が強い。既に片手では数えられないほどの足抜けをくり返し、

その度に捕らえられてはきつい仕置きを受けているというのに、一向に懲りる気配を見せないのだ。

客とのトラブルも数多く、やはりその度に仕置きを受けるのだが態度が改まる気配がない。

今はまだそんなことはないが、この調子が続けば彼女が稼ぐ金よりも彼女のために強いられた出費の方が多くなるかもしれない。



 女将としても、頭を悩ませてはいるのだろうが、どういうわけか上得意の一人である

小次郎が武蔵に執心を見せているために思いきった対応が出来ないようだ。

いっそ、小次郎に身請けさせてしまえばいいのだろうが、武蔵の方では『絶対に、嫌っ』と公言してはばからないし、


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||

2013年7月1日 | エロい体験談カテゴリー:レイプ体験談

このページの先頭へ