【寝取られ体験談】妻の浮気~公認するまで

妻27歳は私と結婚するまでに25人の男性経験がある。

14歳で初体験してから、一度も男を切らしたことが無い。

と言うよりも、常に複数の男と関係を持っていた。かくいう私も浮気相手の1人だった。

私の友人の彼女だったのだ。

初めて彼女を抱いたのは、友人の家で飲み会があり、

帰りに私が彼女を送ることになったその日、「N君、最近いつエッチした?」「しばらくして無いよ、彼女と別れて1年一人だし、

セフレは前いたけど彼氏が出来て、させてくらなくなったから」「せんずりしてるの?」「はっきりいうなぁ~、まあそうだけど」「女のあそこにチンポ入れたいんでしょ?」「あははは」「中に出させてあげようか?」「冗談言うなよ、Kの彼女だぜ」「内緒でエッチしようよ」「ほんとに?」「N君のエッチどんなのかなぁ~?」「普通だと思うよ」

そんな言葉を交わした後、彼女のアパートに行った。「一緒にお風呂入る?」「いいの?」「おちんちん洗ってあげる、ウフフ」

彼女と一緒に風呂に入り、その後ベットで抱いた。

こんなに乱れる女は初めて見た。

キスした瞬間から無限大に激しく悶え始め

ペニスを入れた瞬間、アパート中に響く声で悶え、

射精までの数分間、私の頭の中はいやらしいあんなの喘ぎ声で埋め尽くされた。「あああーっ、また他の人から出される、チンコの先から

アレが中に入ってくるぅーっ、イクイクイクぅぅぅ」彼女のイク瞬間の声とともに私は彼女の子宮に精液を

トロトロと流し込んだ。それから彼女とは時々会って、エッチを楽しむようになった。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2017年12月22日 | エロい体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【乱交の体験談】仕事場の忘年会

<>169:えっちな21禁さん:2005/12/17(土)12:27:09ID:2RUzGo9i0<>

この前、仕事場の忘年会(温泉に泊まり)がありました。

元々、女の方が多い職場だったので、油断していたのもあるのですが、温泉に入って、浴衣に着替えるとすっかりリラックスしてしまって、宴会の席で少し飲みすぎてしまいました。

ホロ酔いになって、トイレに行こうと立ち上がると、少しフラッとして倒れてしまいました。

同僚の女の子達もみんな結構ベロベロで、たまたま傍にいた先輩(男)が心配してトイレ(入り口)までついて来てくれました。

「もしかして襲われちゃうかも」とドキドキしていた私は拍子抜けしたままトイレで用を足して出るとまだその先輩が前で待っていました。

そして、その先輩は「ちょっと飲みすぎたみたいだから少し休むと良いよ」と言って、私の部屋まで連れて行ってくれました。

部屋に入って、布団に横になると、なぜかその先輩も同じ布団に・・・

内心、「よっしゃ〜〜」と思いながらも「ダメ・・・」と軽く拒みましたが、当然そのまま布団に・・・。

でも、先輩はそのまま何もせず寝てしまったので、私は少し拍子抜けした気分になりながら、私も寝てしまいました。







<>187:169:2005/12/19(月)08:28:18ID:y/Tla/4g0<>

すいません。ちょっと用事が入っていたので・・・。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年6月24日 | エロい体験談カテゴリー:乱交の体験談

【ゲイの体験談】仕事場の忘年会

<>169:えっちな21禁さん:2005/12/17(土)12:27:09ID:2RUzGo9i0<>

この前、仕事場の忘年会(温泉に泊まり)がありました。

元々、女の方が多い職場だったので、油断していたのもあるのですが、温泉に入って、浴衣に着替えるとすっかりリラックスしてしまって、宴会の席で少し飲みすぎてしまいました。

ホロ酔いになって、トイレに行こうと立ち上がると、少しフラッとして倒れてしまいました。

同僚の女の子達もみんな結構ベロベロで、たまたま傍にいた先輩(男)が心配してトイレ(入り口)までついて来てくれました。

「もしかして襲われちゃうかも」とドキドキしていた私は拍子抜けしたままトイレで用を足して出るとまだその先輩が前で待っていました。

そして、その先輩は「ちょっと飲みすぎたみたいだから少し休むと良いよ」と言って、私の部屋まで連れて行ってくれました。

部屋に入って、布団に横になると、なぜかその先輩も同じ布団に・・・

内心、「よっしゃ〜〜」と思いながらも「ダメ・・・」と軽く拒みましたが、当然そのまま布団に・・・。

でも、先輩はそのまま何もせず寝てしまったので、私は少し拍子抜けした気分になりながら、私も寝てしまいました。







<>187:169:2005/12/19(月)08:28:18ID:y/Tla/4g0<>

すいません。ちょっと用事が入っていたので・・・。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年6月24日 | エロい体験談カテゴリー:ゲイの体験談

【学校での体験談】図書委員のMさん

私が中学3年生の夏休みの話。



そのときの私は、長い夏休みも暇なり学校に本を借りに行くにした。

田舎の学校だったけど近所の図書館より近いし、図書室の本は多かった気がする。

夏休み期間は図書委員が交代で登校し本の貸しだしをしていた。





私はお昼の時間を狙って行った。

この時間は借りる人が少なく、気分が良いと思ったからだ。

図書室のドアに鍵がかかっていた。

図書委員がいないのは想定していなく、しまったと思った。

奥のドアなら開いてるかと思ったがやはり閉まっていた。

すると、さっきのドアから音がしたかと思うと開き、女子生徒が顔をだした。

おとなしそうな女子生徒は「お弁当を食べてたのでドアを閉めていました、すいません」と話した。

図書委員らしい女子生徒は上履きの色から2年生だとわかった。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||

2015年6月8日 | エロい体験談カテゴリー:学校での体験談

【温泉での体験談】息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった2

息子と二人でスキーに行き、泊まった温泉宿は、金田一耕助の物語に出てくるような、秘境の隠れ宿みたいなたたずまいだった。

そして、そこを切り盛りする若女将は、和服のよく似合う色気あふれる良いオンナだった。

それだけでもこの宿にした甲斐があると思っていたが、お客さんとして泊まっていた女性二人が、最高にエッチな白ギャルと黒ギャルだった。二人とも美容師で、スノーボードのために来ていたとのことだったが、混浴風呂でその素敵な裸体を見せてもらえた。



そして、キャバクラ状態で彼女たちと食事をし、夜には若女将のスペシャルマッサージまでしてもらえた。





『じゃあ、マッサージ続けますね#9825;』

若女将はそう言うと、スッと立ち上がり、着ていた作務衣を脱ぎ始めた。そして紫のセクシーなブラジャーも脱ぎ、全裸になると、

『たるんでて恥ずかしいです……』

と言った。確かに、38歳という年齢なので、明奈ちゃんと比べると垂れてしまっているが、それでも抜けるように白い餅みたいな胸は、私の欲情をかき立てた。



肌の白さは、景子ちゃんと同じくらい白いと思う。でも、加齢のせいか、それとも経験数の違いからか、彼女の乳首は親指ほどの大きさがあり、なおかつ色素も沈着していた。そして、少し大きめの乳輪も、同じように少し色素が沈着していた。癒やし系の上品な顔からはギャップがあるエロい体に、私はイッたばかりなのに、先ほどからずっとカチカチのままだ。

そして彼女は、ポーチから小さなプラスチックのボトルを取り出すと、中身を手の平に垂らし、私の身体に塗り広げ始めた。それは、良い香りのするオイルだった。

『オイルマッサージしますね』


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年4月26日 | エロい体験談カテゴリー:温泉での体験談

【浮気や不倫の体験談】人妻にすぐヤレるビッチ多すぎww

<>1:名無しのVIPPERがお送りします:2012/12/2009:28ID:YuJpAKvL0<>







基本自宅警備員の俺が外に飛び出した話ww



スレを開いたのも何かの縁と、最後までお付き合い下さい。



スレ立てちゃったんでとりあえず書いていく。











<>4:名無しのVIPPERがお送りします:2012/12/2009:47ID:6NxnqfX90<>


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年8月31日 | エロい体験談カテゴリー:浮気や不倫の体験談

【寝取られ体験談】嫁とカップル喫茶に見学に行ったら

嫁の希と結婚してまだ2年だけど、正直ちょっとセックスに飽き気味になってきた。結婚する前にも3年付き合って、5年もやり続けていたから仕方ないのかも知れない。



最近は、セックスよりもノートパソコンで色々なサイトを見ながら、自分で処理する方が多くなってきた。最初は動画系のサイト、エロマンガのサイトなどを使っていたが、もともと妄想好きな僕は、テキストだけのサイトに落ち着いた。

体験談とか、官能小説などのサイトの中で、NTR使える寝取られサイトという寝取られ体験談のサイトをよく見るようになっていた。

それがきっかけで、寝取られ系のサイトをよく見るようになり、実際のスワッピング相手募集のサイトまで見るようになった。



そこで、単独男性募集をする夫婦やカップルの書込みを見て、希が他の男とするとどうなるんだろう? と思うようになっていた。

それと同時に、夫婦でスワッピング相手を募集している人の書込みを見て、その奥さんの写真に凄く興奮してしまった。



目線が太めなので、顔はイマイチわからないが、黒髪の上品そうな奧さんだった。その奧さんが、両手にそれぞれの男のアレを握りながら、別の男にまたがっている写真が僕を異様に興奮させた。





そして、この奧さんとしてみたいと思ってしまった。この日から、希をどうやって説得しようかという事ばかり考えるようになっていた。希は、どちらかというとセックスは好きな方だ。最近では僕から誘うよりも、希からお誘いがかかる事が多い。



希は、僕と付き合う前に、男性経験は3人あると言っていた。詳しくは聞いてないが、それくらいなら今時のごく普通の女の子だと思う。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年7月15日 | エロい体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【近親相姦体験談】家庭内融和策

思春期の男の子がいる家庭なら大なり小なりそうだと思うが、

うちも妻と息子の折り合いが悪い。妻はしょっちゅう息子をガミガミ叱るし、

息子も手こそ挙げないが「うるせえよ、クソババア!」と怒鳴り返す。



息子は中2。上背は俺を追い越したが、いつまでも子供扱いするのが母親だ。

独り息子で妻も幼い頃から溺愛してきたが、その感覚が抜けないのか。

思い通りにならないと、ついカッとなってキツい言葉を投げつけるらしい。



息子も小さい頃は母親ベッタリだったのに、中学に入って反動が来たようだ。

普通に受け答えすればいいのに、わざと無視したり食って掛かったりする。



俺に言わせれば、息子は自分勝手で短絡的。一方の妻は、言ってる内容こそ

正論かもしれんが、親離れしたい思春期男子の心情を全然理解していない。

もちろん夫として、父親として、2人には言ってるが、これがなかなか難しくて…




このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年5月22日 | エロい体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【職場での体験談】面接にて

私はとある会社で働いている。ここの会社は多角経営をしており食品開発や美容器具開発、ストッキングの開発などしています。そこの人事などを担当させていただいてます。

そこでストッキングの広告のモデルとして募集をかけると社長に言われました。それもプロのモデルではなく一般の女性からの採用ということだった。プロのモデルより一般の女性がこのように変わったというのを世に知らせたいからだと社長は言った。

そして一般の女性からモデルを募集する運びになった。時期があまりないのもあり急いで求人広告に載せました。するとびっくりするくらいに応募がきた。やはり女性はそれなりにモデルの仕事とかには興味があるように思えた。勿論ではあるがモデルとしての仕事なので書類選考にさせていただき何通も送られてくる履歴書などを見ていました。なかにはびっくりするほど太っている人やニキビ顔の人やらいろいろな人がいっぱいいました。何枚か見ているうちによくこんな容姿で応募できたなぁとつくづく思うぐらいでした。しかし中にはプロ顔負けの女性や幼さが残るかわいい女性なども含まれていました。何故か小学生や世間でいうおばちゃんまでも応募していたのです。

その時初めて気付きました・・・。急いで掲載したのもあり年齢の記載やストッキングのモデルという記載までも忘れてしまい一般女性からのモデル急募とだけしか掲載していなかった。後から社長にえらく怒られてしまいました。確かに私自身が抜けていただけなのでなにも反論できずただただ怒られていました。

そして落ち込んだ気持ちのまま書類選考していると社長に一本の電話が入り急遽海外に出張する運びになった。社長からお前に後は任せるからと言われました。社長は翌日すぐに海外にたってしまいました。

一人で昨日の続きの書類選考しているとふと変な事を思いついたのです。昨日社長にえらく怒られたのもあり憂さ晴らしをしようと・・・。そう、面接をいい事にモデル志望の女性達にイタズラをしようと。いけない事だとはわかっていたのですがもう頭のなかでは決まっていました。そうとわかると急いで自分好みの女性を探しました。

まず五人くらいリストアップしそれぞれに曜日と時間を変えて面接するように段取りました。そうです、一日一人ずつ面接するのです。時間も気にせずたっぷり楽しめるからです。今からどんなイタズラをしようかと考えただけで股間は張り裂けそうです



そしていよいよ待ちに待った面接第一日目がやってきました。空は快晴です。朝からウキウキした気持ちを押さえいつも通り出勤しました。(言うのを遅れましたが私の勤める会社は事業所がかなり分かれていて私のいる所は社長と私と二人だけの事務所です。私の年齢は45歳の独身です。)わかっていましたが会社に着くとやはり一人でした。前に書いた通り社長は今海外です。そして、カンコーヒーを飲みながらタバコを吸い面接時間がくるのを待ちました。すると朝からの面接にも関わらず予定していた時間の45分も早くに女性が現れましたのです。よほど力を入れていたのでしょう。女性を見ると写真でもかなり可愛いかったのですが実物はそれを上回る可愛さでした。私は笑顔で迎えいれました。その時私はこの仕事をしていて本当に良かったと強く思いました。彼女の名前は真弓といい年齢は25歳でバストはDカップぐらいはありました。一番奥の小さめの部屋に二人で向かいます。いよいよ面接の開始です。まずはありきたりに履歴書を見ての会話や長所短所などを聞いていました。かなり彼女は緊張しているようです。これからのイタズラに備えてまだストッキングのモデルということは隠していました。そして彼女の緊張を和らげるためにもたわいもない話しを少しの時間していました。彼女の緊張も段々とほぐれてきた様子です。彼女の裸体を早くみたいのもあり、用意していた小さめの水着を彼女に渡しました。彼女はキョトンとした顔で私の顔を見ています。そんな彼女にモデルなので体のラインが見たいからと着替えるように指示しました。私は一旦部屋の外にでているので、ここで着替えて下さいと言いました。彼女は少しためらいながらも頷きました。私はそれを見届け部屋から退出しました。しかしその部屋には隠しカメラが設置してある部屋で私は別室で彼女の着替えを見ることにしました。彼女は周りをキョロキョロした後少しずつ上着から脱いでいきました。そしてスカートも脱ぎ始めました。今彼女はあの部屋でBとPのだけの下着姿です。なんともいえない体のラインをしていました。そしていよいよBをはずし彼女の乳房があらわになりました。Dはあるくらいの乳房なのに釣り鐘タイプのとってもいい形をしておりました。それを見たとたんに私の股間ははちきれそうなぐらい巨大化してしまいました

 

そしてその時やっとサイズが小さい事に気付いたらしく彼女はしばらく考えていました。しかし諦めたのかしぶしぶ水着に着替えはじめました。乳輪が隠れる程度でほとんど乳房はまる見え状態でした。彼女はどうすることもできずにいました。次にいよいよPに手をかけました。すると薄い毛らしきみたいのが現れてきました。彼女は何故か急にいそぎだしました。たぶん考えていた時間もあり私が待ちきれず部屋に入ってくるのではないかと思ったのではないでしょうか??すると膝あたりまでPを脱ぎ片足ずつ足を少しあげPを脱いでいきました。そのときに彼女の一番大切な部分が顔をだしました。私は今にも見ているだけで爆発しそうな息子を押さえ、モニターに顔を近づけました。顔に似合わずとてもやらしいあそこをしていました。そして下の水着も同様サイズがかなり小さめで彼女もまたかなりとまどっていたのですがまたしぶしぶそれを穿いてくれました。薄い毛が少し顔を覗かしていました。彼女もそれに気付きその顔を出したやらしい毛を見えないように頑張っていましたが後の祭り。どうしようもありません。彼女が脱いだ衣服を畳もうと後ろを向いた時、私は目が点になりました。私の予想を遙かに越えお尻のぶぶんがほとんど隠れていないではないですか!?彼女は細身にも関わらず出るとこはでてくぼむとこはかなりくぼんでおり、お尻もとても形よく大きなお尻をしていました。彼女が畳み終わるのを見て彼女のいる部屋に向かいました。そしてさも電話がかかってきて長電話になってしまったように扉の前で、すいません、電話がありまして少し遅くなりました。もう着替えましたか?と聞くと中から恥ずかしそうに聞こえるか聞こえないくらいのか細い声で返事してくれました。私は謝りながら部屋に入って行くとさきほどまでモニターで見ていたあのやらしい体つきの彼女が目に飛び込んできました。彼女はやはり恥ずかしいのか乳房と下の部分を腕と手の平で隠しながら立っていました。私はそれを見るなり「あっ、サイズ小さかったですね。すいません。」と言いました。次に「今それしかなかったんですよ。その水着でも構いませんか??」と言うと諦めたのかまたか細い声で「はい」と言いました。もっと体をはっきり見たかったので、「それでは体のラインをもっと見てみたいのでこの用意した資料のポーズを真似していってもらえますか?」と用意した資料を渡しました

 

すると彼女は乳房と下半身を気にしながらその資料を手に取り、1ページづつ見ていきました。するとページをめくるにしたがって彼女の顔は段々と赤面していきました。彼女が赤面するのもわかります。その資料というのは、この面接が決まり私自身がファイリングした資料だからです。そうです。始めはごく普通のモデル立ちみたいなポーズからしだいに段々と大胆なポーズややらしいポーズになっていくからです。彼女に考える隙を与えず、すかさず「では、一つ目のポーズからお願いします。」と面接官らしく言いました。すると彼女は観念したのかゆっくりポーズをとっていきました。もちろん顔は真っ赤なままです。隠していた腕と手のひらが徐々にはずされていきました。目の前に水着で隠しきれていない乳房と下のやらしい毛が顔を覗かせてきました。心なしか彼女は小さく震えているようにも見えました。そうなるのも仕方ないでしょう。初対面の人にいきなり乳房や下のやらしい毛を見られるわけですから。私はまた申し訳なさそうに「本当に水着小さいみたいですね。恥ずかしい思いさせてすみません。」と謝りました。彼女は小さい声で「いえぇ・・」と言うだけでした。しばらくモデル立ちポーズを堪能し「次のポーズお願いします。」とまた顔を真面目にし言いました。すると彼女は「すみません、トイレに行きたいのですが・・・」と言ってきたのです。時間もあることだしトイレの場所を簡単に説明し彼女は鞄をもってそそくさとトイレに行きました。はじめは何故鞄を持って行ったのかわからず考えていました。しばらく考えていると彼女は鞄を持って行っただけでさきほどまで着ていた下着や服はきれいにたとまれて隅に置いたままだと気付きました。すかさず足音を気にしながら、下着や服が畳まれている隅に行きました。そしてまずは服の匂いやスカートの匂いを嗅ぎました。女性独特の匂いとかるく香水の匂いもしました。そしていよいよBとPです。高まる鼓動を押さえまずはBを手にしました。やはり大きなDカップのブラです。気のせいかまだ温もりすら感じます。匂いをかぎ舐めまわし次にPです。やはりまだ温もりを感じました。裏返しにするとクロッチ部分があらわになりました。緊張して汗をかいたのか少し濡れているように感じました。オリモノも少し付いていました。同じく匂いをかぎ舐めまわしました。少しあったオリモノも食べました。なんともいえない味が口にひろがります

 

そしてBとPで充分堪能してからそのBとPを自分の鞄に押し込みました。あとの衣類はまた元のままに畳んでそっと置いておきました。彼女はまだ帰ってきません。一瞬逃げたかっと思いましたが衣類はここにあるのであの水着で逃げれないだろうと思いました。しばらく待っていると彼女が「すみませーん。」と言いながらそそくさと入ってきた。彼女を見るないなや何故さきほどトイレに鞄を持っていったのかが明らかになった。そうです。彼女はよほど下のやらしい毛が顔を覗かしているのがいやだったらしくトイレで見えていた毛をすこし毛抜きで抜いてきたみたいなのです。明らかに先ほどまでと違い、まだ少しは毛は出ていますが少し減っているのです。抜きたてとみてまだ皮膚が赤く点々と付いてぃました。彼女もそうしたことによって少し顔が元気になったようにも見えました。しかし見るからにやらしい水着です。かなり小さめの水着なのでお尻は丸だし、乳房はほとんど隠れておらず女性の大事なところもかろうじてといった感じです。待っている間にBとPで堪能してたのもあり息子は張り裂けんばかりの状態です。そして、さきほどの続きをすることにしました。彼女は先ほどよりかは動きもしなやかにポーズをとるようになっていきましたがページをめくるたびに大胆なポーズややらしいポーズになっていくのでやはりまた赤面に動きも遅くなっていきました。次のポーズは四つん這いでお尻をこっちに向け、顔は振り返るようにこっちを向くといったポーズにさしかかった時に彼女は恐る恐る質問してきました。「こういうポーズ必要なのですか??」と。私は相手が素人というのもあり「どんなモデルもみんなこの資料のポーズを一つずつやっていってもらい合格など決めてるんだよ。」と当たり前のように答えました。そして有名なモデルの名前を使い「この人もみんなこの資料つかったよ。」と付け加えていいました。すると彼女は「このモデルさんあなたが決められたんですか??」と興味を示しだした。私は「そうですよ。」と得意げに言うと彼女は考えなおしたのか四つん這いのポーズを取り始めました。なんともいえないポーズです。振り向く彼女の顔は赤面しておりまた少し震えているように見えました。私はいかにも彼女が私にあなたの太くて堅いあれをぶち込んでと言っているふうにも見れました。彼女の割れ目ははっきりとわかり少しビラビラも顔を出していました


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||

2014年2月11日 | エロい体験談カテゴリー:職場での体験談

【芸能人との体験談】有名人官能小説 石田ゆりこ

暇つぶしに大西は本でも買おうと書店に寄った。何気に目に付いた

陳列してある本の一つを手に取ろうと手を伸ばすと偶然隣の人と

手が重なった。「あ・・」大西は遠慮して手を引っ込める。

と、相手も同じように引っ込めた。「ど、どうぞ」大西は相手に

その本を渡そうとする。「い、いえ。そちらこそどぞ・・」

相手も受け取ろうとしない。(うん?)大西はどっかで聞いた事の

あるその声に相手を見た。帽子を深くかぶり黒ブチの眼鏡をしている

が明らかに石田ゆり子だ。(まじかよ〜!)大西はこの偶然に驚いた。

「あ、俺は別に本のカバーが気になって手に取っただけですから

本当にどうぞ」と、あえて気付かない振りをして話を引っ張る。

「いいんです。私も別に欲しかったわけじゃ・・」もごもごと

小声で喋るゆり子。「あ、でも中も面白そうですよ。ほらっ」

強引に話を引っ張ろうとする大西はペラペラとページをめくり目次と

まえがきをゆり子に見せた。彼女はちょっと興味を惹かれた様子で

のぞきこむ。(よしよし・・話をひっぱって友達に自慢してやる!)


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||

2014年2月6日 | エロい体験談カテゴリー:芸能人との体験談
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ