【マニアックな体験談】ペニスリング④

彼女から何度となく、携帯へ電話連絡があったのだが、何かしら言い訳しながら、先延ばしし彼女から逃げ回っていたのだが

彼女から、これ以上、私から逃げ回るとどうなるのか分かっているの・・・彼女の職業は看護師で、おもに患者さんの死が、いつきても不自然ではないという、高齢患者さんの担当部所で、だからこそ

担当する患者さんがお亡くなりなった時の翌日は、ちょっと不謹慎かもしれないが、無性にSEXがしたくなる。本来SEXは、新たな

生命を継続する行為とかなんとかいっていた。要するに、自分は今生きているという実感がほしかったのでは・・・・と想像する彼女が以前、患者さんと知り合いになり、ちょうどそのとき彼女がどこか、車の駐車場ないかな、といったところ、今は使用していない

倉庫があるので、買い手がつくまででしたらどうぞ、ということで彼女と一緒に下見に行ったことのある倉庫で、待ち合わせすることに

なった。もともと先代の時代は、建設用材を取り扱っていたらしく、平屋の倉庫といっても、天井高が高く、鋼材を運搬するホイスト

クレ-ンも設置されていて、車は1台どころか、10台ぐらいは駐車可能な広さがあった。また、どういうわけか、食事は、会う前日の朝食までとして、後は、絶対にものを口にしないでと念をおされた。多少の水ぐらいは

いいよ

なんか病院で大腸検査を受けるみたいだな・・・しかし、彼女は次回は「ムチ」よといってたしな、まぁどうでもいいか・・・夏の雨の日の午後、その倉庫についたら、すでに彼女は待っていた。 彼女は即、ぼくに裸になって、この土間に仰向けなって

横になってと、いい、ぼくは倉庫のホコリで、身体が汚れるからイヤだといったら、あ、そう、ふ-ん本当にイヤなの、今日はいつも

よりやさしくしてあげようかなとおもっていたのに、それでもイヤなの・・・・彼女をこれ以上怒らせるとまずいとおもい、あ、仰向けになります。なります・・・・・服を脱ぎ始めると、ボクサ-パンツだけは履いたままでいいわよと彼女、やっぱりいつもより今日はやさしいな・・・

仰向けになると、両足首に太くて鉄製のリングの付いた。革製の足枷を手早く着けられた。

両手は頭の上で、縄で軽く縛られ、しばらくすると、ガァ-とホイストクレ-ンの動く音がし、大きなフックの下には、天秤棒

みたいなものが付けてあり、フックが、ぼくの足元の真上に位置すると、そのフックと天秤棒みたいなものが、降りてきて

大股開きにされ、足枷のリングを天秤棒のさらに小さなフックに掛けられ、すぐにクレ-ンのスイッチが入り巻き上げられ


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||

2018年1月27日 | エロい体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【乱交の体験談】【海外で本当にあったエロい話】インド バラナシでまさかの4P

海外だからといって外人としか仲良くなれないわけではない。



同じ日本人同士でも旅先で出会えば自然と仲良くなれるものだ。





特に発展途上国などや僻地で出会うと効果は高くなる。



要は吊り橋効果だ。



今回の話はインドであったお話。



インドは非常に刺激的な国なので



常に吊り橋の上と変わらないということなのだろう。




このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||

2015年6月22日 | エロい体験談カテゴリー:乱交の体験談

【ゲイの体験談】【海外で本当にあったエロい話】インド バラナシでまさかの4P

海外だからといって外人としか仲良くなれないわけではない。



同じ日本人同士でも旅先で出会えば自然と仲良くなれるものだ。





特に発展途上国などや僻地で出会うと効果は高くなる。



要は吊り橋効果だ。



今回の話はインドであったお話。



インドは非常に刺激的な国なので



常に吊り橋の上と変わらないということなのだろう。




このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||

2015年6月22日 | エロい体験談カテゴリー:ゲイの体験談

【浮気や不倫の体験談】母が不倫相手と激しくセックスをするのを見た記憶

智恵 「ちょっと康介、お母さん夜ご飯の仕度してるんだからあっちで絵本でも読んでなさい。」





キッチンに立つ母・智恵の脚に後ろから抱き付いている康介は、まだまだ甘えたがりの5歳の子供であった。





康介 「・・・・・・。」





康介はそう言われてもなかなか母・智恵の脚から離れようとしなかった。目に涙を溜めて、何も言わずに智恵のエプロンに顔を埋めている。





智恵 「なぁに?また幼稚園でイジメられちゃったの?」






このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||

2014年12月20日 | エロい体験談カテゴリー:浮気や不倫の体験談

【乱交の体験談】すごいSEX

ソース元:=



友達の敏から「また乱交したいので、セッティングしてくれ。」と頼まれていたので、何とかみんなと連絡を取り合って、僕の家で昨日6Pを楽しみました。本当は11時に僕の家に集合だったのですが、敏はこの間の乱交のビデオを何度も見て、オナニーをしていたらしく、8時ごろにはもう僕とさくらの待つ家にやってきて、

「俺、もう待てないよ。頼む・・・先にやらせてくれ・・・」

と言うので、とりあえずさくらとSEXすることになりました。さくらがシャワーを浴びたいというのに、それさえ許さない勢いで、迫るので、結局根負けしたさくらは敏のズボンを下げ、フェラをすることになりました。

 確かに、仁王立ちの敏の立派なチンコはもうすでにビンビンに反り返っており、パチン、とはじけるように飛び出したかと思うと、先っぽからは大量のカウパー液が出ていました。玉袋が勃起に吊り上げられるように上を向くほどで、真っ赤に膨れ上がった亀頭は、今にも爆発しそうな勢いです。

 パンティ1枚になったさくらは、そのあまりにも硬い勃起を口に含み、亀頭を吸いたて、裏筋から先まで舐めあげると、カウパー液が極太の糸を引き、なんともいえないくらいエロっぽかったです。敏もさくらのパンティの中に手を入れると、マンコをまさぐり始め、さくらのフェラもだんだん熱っぽくなってきました。僕はただただ見ているのが勿体無いと感じ、ビデオを回し始めました。

 感じてきたのか、さくらはすすんでパンティを脱ぎ、スッポンポンになると、

「あはああ・・・・・ん・・・」

とアエぎながら、敏と重なり合い、強烈なバキュームフェラを始めました。ジュポッ、ジュポッと唾を溜め込んだ口で音を立てながら舐めすするのがなんとも言えず卑猥です。玉袋をほおばりスポンと音をたてて放すと、まるで何かの生き物の皮膚のように袋が流動します。ケツ毛に覆われた敏の肛門もモロ見えで、たまにヒクヒクしているのさえ見えました。

 今度はさくらに覆い被さるようにして、敏がクンニしはじめました。

「あは・・・嗚呼嗚呼・・・イイ・・・–」

さくらは咥えたチンコを外し、手で掴みながら、自分が感じることに集中しはじめました。剥き出しのマンコはすでにうるうるなくらいに濡れ、陰毛までぐっしょりでした。乳首はピンと立っていたので相当感じているようです。敏のなすがままに四つん這いになったさくらは、尻を真上に持ち上げた格好で、すべてを敏の眼下に晒しています。肉の塊のようなさくらの尻たぶをさらに両手で思い切り割り開き、丸見えのマンコを味わうように吸い尽くすと、今度は、右手の指を4本とも突っ込み、中をかき回すように愛撫しました。これにはさくらも感じすぎてしまったのか、恥ずかしすぎるほど声をあげ、中からは白くなったラブジュースがあふれてきました。よっぽど力が入っているのか、括約筋のくっきりと浮かび上がった肛門がケツ毛の中から見てくれと言わんばかりに顔を出します。さっき見た敏の肛門に比べると、シワが長く、大き目のケツ穴です。敏はさくらのケツの穴だけを舐めあげ、今度は尻の割れ目全体に広がるふさふさと生い茂った陰毛(ケツ毛?)を唾液でべとべとになるくらいまで濡らした後、ズッポリとバックで串刺しにしました。

「あん!」

急な挿入に体全体をビクンと震わせ、そのまま、バックでつながりました。パコンパコンと音をたて突かれる度に、さくらの声がうわずります。これからさくらがどんな感じ方をするのか楽しみだったのですが、敏の方が相当たまっていたらしく、本当に20秒ほどで、


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年7月17日 | エロい体験談カテゴリー:乱交の体験談

【乱交の体験談】お父さんには・・・、内緒よ・・・

 隆生は母、恵美と駅のホームで、電車を待っていた。今日は、隆生が通っている私立高校の個別面談の日なので、

いつもよりも、一時間遅い電車でよかったのだ。その学校は、進学校なので、一年生の時から頻繁に親子での

面談があるのだった。

「一時間遅いだけで随分、人が少ないのね」

面談の順番によっては、通常の通学時間になる時もあり、以前にラッシュ時と重なってしまった事を、母は

覚えていたのだ。恵美は42才、息子の隆生、夫の邦彦の三人暮らしである。若い頃は、スリムで、スタイルも

良かった。さすがに40を越えたこの年では、やはりそれ相当の肉と脂肪がつき、ムチッとした肢体になっている。

が、本人には自覚が無く、何年も前からの外出用のお気に入りジャケットを使用しているが、少しサイズが

きつめになっていて、それがかえって、身体のムチムチ感を増大させていた。

 電車が到着し、隆生は母を先導するように、いつもの前から2両目の後部のドアから乗車した。

そこが今度降りる駅では出口につながる階段の丁度、前になるので、具合がいいのだ。

しかし、その車両に乗り込んだ瞬間、隆生はいつもとまったく違う空気に気が付いた。





<>187名前:名無しさん@ピンキー[]投稿日:2008/01/01(火)21:27:58ID:F4+jnyIv0<>


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||

2014年2月17日 | エロい体験談カテゴリー:乱交の体験談

【風俗での体験談】オナニー見せ風俗って所で従姉が働いてるんだ

<>1名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]投稿日:2007/05/08(火)11:34:10.30ID:GBC816680<>

バイト始めたから遊びに来る? って言われてカードみたいなのをもらった

割引券+名刺って感じのやつだ。いやらしい不潔な事はしてないって言うし、

スナックとかキャバクラみたいな所かなと思って冷やかしに行ってみた







確かに非接触ではあるけど…これはどうなんだろう?



<>12名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]投稿日:2007/05/08(火)11:42:31.40ID:GBC816680<>

従姉はダンスと演劇やっててさ。なんかの修行になるって事でそこで働いてるらしいんだ

他にもストリップの踊り子さんなんかもしてるみたい

名刺もらった時はオナニーの見せっこするお店だなんて思わなかったんだ

普通に飲み屋さんかなんかとか、今流行のメイドカフェとかそんな感じの所だと思ってた

八千円のコースなら女の子が服の上からのオナニーで、それも見ながら見られながらオナニー出来る


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年2月13日 | エロい体験談カテゴリー:風俗での体験談

【妹との体験談】「エイプリルフールの罠」

ノックの音がした。

「お兄ちゃん、絢香だけど…」

続いて遠慮がちな妹の声。

「あ、ああ………入れよ」

俺は鏡を見て、自分の口元が緩んでいないことを確かめてから返事をした。

恐る恐るといった感じで部屋の扉が開く。

その向こうから姿を現した妹の顔には、不安と心配と苛立ちが混ざっているのが見て取れた。

まあ無理も無い。

俺がいつになく真面目な顔付きで「あとで部屋まで来てくれないか」などと言ったものだから、困惑しているのだろう。

ちらりと壁に掛かった時計を見やる。

時報にちゃんと合わせていれば、あと10分で今日も終わってしまうらしい。

これは急がなければならない。今日中に、これを済ませないといけないのだ。

「……で、どうしたの?」

絢香がいつになく、か細い声で言った。




このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||

2014年2月13日 | エロい体験談カテゴリー:妹との体験談

【友達との体験談】★あたしのボディーガード★

電車は今日も混んでた。人がびっしり詰まって、臭いと熱気がものすごい。駅の階段から駆け込み乗車したので、あたしがいま乗ってるの弱冷房車だし。次の駅で普通の冷房車両に乗り換えようか、と思ってたけど、その駅に付いたら更に人がドカドカ乗りこんできて、あたしはむしろ中に押されてしまった。どうにか吊り革だけは確保。せめて座りたい〜、とふと見ると、あたしの前に座ってるのはおじいちゃん。短めのステッキを足の間に立てて、その上に両手を重ねて、静かに目を閉じている。

(粋なおじいちゃんね〜)

高そうな、クラシックなイメージのスーツと帽子が似合ってる。



しかし暑い〜。きもち悪い〜。

あたしは片手に握ったハンカチでパタパタ顔に風を送りながら、(乗り換えまで……あと10分ちょっとか〜)と思った。



電車が突然、大きく揺れた。他の乗客に密着してた背中が楽になった、と思ったら、更に強い波に押された。

(おじいちゃんにぶつかるっ!)

あわてて手を前に出し、身体を支える。手が窓に着いた時、「どんっ」と音がした。おじいちゃんが目を開き、「ほ」の形の口をしてあたしを見上げた。あたしは半笑いで、おじいちゃんに目礼。身体がグイグイ押される。(いい加減にしろばかやろ〜っ!)って怒鳴りたいのを我慢して、あたしは肩幅に開いた脚を踏ん張った。どすこい。



車内は熱くて臭くて気持ち悪いのに、なんか身体のどこかから小さな快感を感じる。ん?と数秒……。あ。ステッキの上に組んだおじいちゃんの手が、スカート越しにあたしの大事なところに触れていた。



ちょっとおじいちゃんそこダメ。あたしそこ弱いのダメ。まだ朝だしダメ。




このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年2月11日 | エロい体験談カテゴリー:友達との体験談

【童貞・処女の体験談】ガーターベルトの国語の教師

<>904えっちな21禁さん04/05/2318:33ID:e1v2EOp8<>

去年高校時代にエッチした先生と結婚しました。

先生との初エッチは高2の秋でした。



<>907えっちな21禁さんsage04/05/2320:16ID:e1v2EOp8<>

先生は25歳の国語の教師。教師2年目で僕(俺と言うより僕の方が合っているので)が高校に入学したときに新任教師として赴任。

身長165センチ位、ちょっと痩せ型、色白で髪型はストレートヘア、とてもやさしくて可愛く25歳とは思えない。

初エッチは高2の10月中旬でした。

僕が部活が終わり駅に向かって歩いていたとき、50メートルくらい前に先生が歩いていました。

僕は走って先生に追いつき声を掛け、雑談しながら一緒に歩いて駅まで行きました。

「先生と一緒に乗るの久しぶりですね。」

「そうね。」

僕は8駅、先生は6駅先で降りる。時間は19時ちょっとすぎ、いつも電車はかなり混雑している。

僕と先生は電車がまだ来ないのでホームで一緒に待っている。




このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||

2014年2月8日 | エロい体験談カテゴリー:童貞・処女の体験談
1 / 912345...最後 »

このページの先頭へ