【人妻体験談】単身赴任の間に妻が・・

私は44歳のサラリーマンで現在単身赴任中です。

妻は42歳の専業主婦で高校2年生の息子と二人で留守を守ってくれています。単身赴任で転勤になってもう2年余りになりますが、半年ほどで本社に帰れる手はずになっています。

最初は妻と息子だけ残して転勤というのは心配でしたが、息子の高校進学もありましたし、

妻は柔道2段の段持ちで曲がったことが大嫌いな真面目な性格でもあり信頼して家を後にしました。ところが息子が高校に進学して間もなく、妻からのLINEで息子がイジメに遭ってるようだと知りました。

仲間外れにされてるようで、落ち込んでいると知らされ私も悩みました。しかししばらくして妻から自宅に友達が遊びに来るようになったと報告があり安堵していました。

妻からは毎日LINEで報告があり、息子も明るくなったとか、学校が楽しいようだということで安心していたのです。

AくんBくんはイケメンだとか少し嫉妬しそうな情報も送ってくるようになりました。(笑)

毎月とはいきませんが私も有給とか取りながら妻や息子の待つ家に帰るようにしていました。ところが昨年の秋頃からだったでしょうか、息子の友達たちが遊びに来てくれるのは良いのですが

我が家が溜まり場のようになってきてると心配するような内容になってきました。

でも私は友達が多いことは良いことだからとあまり気にしてなかったのです。

それに進学校ですし、不良みたいな生徒がいない学校でしたから余計に油断したのです。しばらくして突然、妻からのLINEやメールが来なくなったのです。

こちらからしても『大丈夫』『何も変わったことはない』との短い内容でした。

心配で気になっていたのですが、10日もしたら普通になってきたので、そんなことは忘れていたのです。我が家に帰っても特別変わったこともありませんでした。

ただ私が帰ると息子の友達は全く我が家に来ないのです。

妻は私が帰る時には息子の友達に『主人が帰ってくるから』と言ってるので気をつかって来ないのでは?


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2017年12月21日 | エロい体験談カテゴリー:人妻体験談

【近親相姦体験談】やりきれるの? 縦セタママとためちゃう息子4

慶太は、ネットで入手した”魔法の薬”で、ずっと恋い焦がれていた母と思いを遂げることが出来た。



そして、エスカレートした慶太は、薬の量を調整して、半分意識のある状態の母と禁断のプレイをすることを決めた。そしてそれは、最高のスタートを切ったようだった。



『凄いのね……。康太の、パパのより大きくて固いわ#9825;』

母は、慶太が顔の横に持ってきた子供とは思えないサイズのペニスをくわえた後、うっとりとした声でそう言った。

彼女の目はほとんど閉じていて、彼女がハッキリとは起きていないことを示していた。慶太は、母がさっきまでのあえいでいる時と違い、かなりハッキリとした口調で話をしたので、一瞬ドキリとした。でも、その薄くしか開いていない目を見て、ホッとして笑った。



「母さん、俺のチンポ、美味しい?」

慶太は、我慢しきれずに話しかける。

『んっ、美味しいわ#9825; んンッ! 大きすぎて、歯が当たっちゃうわね。ゴメンね』

本当に寝ているのか不安になるほど、ハッキリとした受け答えだが、やっぱり目はほとんど開いてない。



「父さんのより大きい? 固い?」

母に恋心を持って以来、慶太は自分の父親に対して嫉妬心やライバル心を持っている。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||

2015年6月10日 | エロい体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【近親相姦体験談】妹は僕の友人と付き合っているけど、そのセックスに参加した

僕は21才、1?歳になる妹がいます。妹は僕の友人と付き合っています。

男友達としては、ひじょうにいい友人なんですが超女好きで今迄付き合った女を、ことごとく開発してきた話を友人から嫌というほど聞かされていました。



そんな友人と妹が付き合っているというのは、若干抵抗がありましたが妹が友人を好きになったようです。



今は僕の妹と付き合っているということもあり、今回はそう言う話はきかされていなかったんですが、ひょんなことから酒の席で僕の妹と遂にSEXしたと言う話を聞いてしまいました。

友人の話では、今迄やってきた女の中でも、妹は超、敏感で友人のSEXテクにもろにはまってしまい、体をビクビクさせて何度もイっていたらしいです。



こんな話を有人から聞かされた僕は、変に興奮してしまい、友人と妹のSEXの模様を見てみたくなりました。

妹も友人と付き合う前から結構色んな男と付き合ってきているので、前から興味がありましたが、遂にチャンスが巡ってきました。

友人は今度、自分の家で妹とSEXする予定らしく今回は、よくAVなんかである、目隠しをしてやることになりました。

僕は妹が来る前から友人の部屋の押し入れに忍び込み、事をじっくり見物することになりました。

友人が妹と約束していた時間が来ると、妹が部屋に入って来ました。

妹が部屋に入るなり、友人は妹の肩を抱き寄せると激しくキスをし、ベッドに寄りかかると妹の上着を剥ぎ、ブルーのブラジャー姿の妹が現れました。

友人はブラジャーの上から激しく胸を揉みしだき、遂にブラジャーを剥ぎ取りました。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||

2014年12月25日 | エロい体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【寝取られ体験談】気の強い年上の女

私は44歳のサラリーマンで現在単身赴任中です。



妻は42歳の専業主婦で高校2年生の息子と二人で留守を守ってくれています。





単身赴任で転勤になってもう2年余りになりますが、半年ほどで本社に帰れる手はずになっています。



最初は妻と息子だけ残して転勤というのは心配でしたが、息子の高校進学もありましたし、



妻は柔道2段の段持ちで曲がったことが大嫌いな真面目な性格でもあり信頼して家を後にしました。





ところが息子が高校に進学して間もなく、妻からのLINEで息子がイジメに遭ってるようだと知りました。



仲間外れにされてるようで、落ち込んでいると知らされ私も悩みました。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||

2014年12月16日 | エロい体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【芸能人との体験談】吉岡美穂のヘアチェック

<>88名前:新入りさん投稿日:03/03/3112:02ID:auBpxxKk<>

美穂は必死に笑いを我慢していた。

ヘアチェックに来る客の中には明らかに禿ている人も多かった。

心の中で「チェックの必要ないな、この人」などと思っても冷静に仕事をこなしてきた。

でも今日のこの客は見事に頭頂部が禿あがりジンワリ汗をかいていてチェックカメラがツルツル滑る。



その客が「ヤッパリ…もうダメですかね?」とつぶやいたのに対し「もうダメですね〜これは…プッ」と思わず気を抜いていたせいか本音をこぼした上に笑ってしまった…。

一瞬険悪な空気が流れたが笑ってごまかした。

そしてその男が帰り際に…「お…お前もかよ…っ!!」そう言いながら…



<>90名前:新入りさん投稿日:03/03/3112:23ID:NJduXAUy<>

振り向きざまに布切れを美穂の顔に押しつけてきた。

「ングゥ…ヤ…ヤメテ…ンアアッ…」

薄れゆく意識の中美穂は朝の主任の言葉を思い出していた。

−最近頭髪の検査後にチェックレディに暴行を加える輩がいるので不用意な発言や行動は慎む事、特に閉店間際に駆け込んで来る客には注意−


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||

2014年2月19日 | エロい体験談カテゴリー:芸能人との体験談

【M男な体験談】♂1♀3 +SM  その六

前編:♂1♀3 +SM  その伍





「♂1♀3 +SM  その伍(タイトル,ジャンル未設定)」の続編







結婚式前夜の件です。

この頃には、ビデオカメラも購入してあったので、

時々撮影してあり、あまり事実とはかけ離れてはいないはずです。





当時の私は地元に戻っており、

しばらくAさん達とは離れて暮らしていたので、

2〜3カ月おきに行ったり来たりして、遊んでいました。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月19日 | エロい体験談カテゴリー:M男な体験談

【学校での体験談】女子高校生・淫乱改造〔手術台の濡れた裸体〕

「うぃーす、うぃーす」いきなり…あたしを帰宅途中に拉致してきた、覆面を被った変な人たちは…親切に椅子を引いて、あたしを座らせてくれた。

「あ、どうも」

あたしは、ペコリと頭を下げて椅子に座る。

見回すと手術室のような場所だった…あたしの前には、テーブルを挟んで白衣姿の女性が座って、何かカルテのような物に熱心に目を通している。



その日…あたしは、ある女マッド・サイエンティスト〔危ない科学者〕に、拉致されて…怪しい秘密研究所の、手術室に連れて来られた。

「『人体改造研究会』の本部にようこそ♪まあ、楽にして…」

あたしに名刺を差し出して、自分がマッド・サイエンティストだと自己紹介をした、白衣の女性は優しく微笑んだ。

「なにか飲む?なんでも用意してあるわよ」

「はぁ?それじゃあココアでも…」

少し喉の乾いていた、あたしはココアを要求すると、覆面をした人がココアを持ってきてくれた。「うぃーす」

「あ、どうも」

あたしは、思わず頭を下げる。

ココアをすする、あたしの体を…女の人は観察するような視線でナメ回した。

「理想通りの肉体ね…それじゃあ、本題に入りましょうか…あなた、どうして自分が拉致されたか、わかっている?」


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年2月16日 | エロい体験談カテゴリー:学校での体験談

【看護婦との体験談】恥ずかしい

当時の呼称で看護婦と表記します、ご理解下さい。

当時私は20歳、恥ずかしながら童貞でした。

 

尿路結石でオペが必要と診断され入院しました(当時は高周波破砕装置は未だ普及してませんでした)

始めは像映剤投与によるレントゲン検査でした。

レントゲンの台に寝かされ、上半身のシャツは胸迄捲り上げ、下半身はパンツを膝迄下ろされてのレントゲン撮影でした。

40代の看護婦と30代の女性レントゲン技師に仮性包茎のチンコをバッチリ見られ、像映剤投与によるレントゲン撮影は10分おきに撮影され一時間程費やしました。

恥ずかしさも有りましたが、まな板の鯉じゃありませんが諦めもありました。



オペの前日、お決まりの剃毛…

担当の看護婦は20後半位、病棟内では一番若く美人と評判の看護婦さんでした。

処置室には私と看護婦の二人きりです。もし起ったらどうしようと心配してる私に看護婦は、「心配しなくていいよ、切ったりしないから…」等と笑って話し掛けます。

全裸になる様に言われ、覚悟を決めて全て脱ぎ、ベッドへ仰向けに寝ました。

下半身にはバスタオルを掛けてくれ、上半身から剃り始めました。

最初は会話を交わしてましたが、へその辺り迄剃り終えると会話が途切れ異様な雰囲気。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||

2014年2月15日 | エロい体験談カテゴリー:看護婦との体験談

【寝取られ体験談】言いなり(完結編)

前編:言いなり(第二部)





<>152:コピペ:2005/12/12(月)23:29:28ID:SDX4LUx6<>



あれからも、妻は、毎週のように抱かれてます。

部長は夏バテも無く、絶倫は健在ですし、妻も鍛えてますので同じです。

軟弱者の私だけ、夏バテしています。

妻は、毎週部長に抱かれる事が、もはや生活の一部で当然の行為と受け止めています。

しかもそれが、今では快楽をもたらしてくれる。

妻も望んでいるのでしょう、週3回も逢ってしまうところまで進んだ。

部長の飲み会の後に2回、週末のゴルフ練習の後です。

さすがにまずいと思い、私は部長にお願いした。

「部長、週3回はまずいです。今回だけにして下さい」

「それは言えるな、今後は気をつけよう。でもな、それは久美子も望んでいたからだ。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年2月13日 | エロい体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【看護婦との体験談】同い年の看護婦さん

<>110名前:コピペ厨投稿日:01/12/2605:29ID:3kofVo+M<>



僕が高2の時に盲腸で入院したときのこと。

手術前、看護婦さんが「剃毛します」というのでパンツ1枚でベッドで待って

いた。しばらくしてその看護婦さんは学生を二人連れて現れ、「今週から来て

る実習生にやってもらいます。ちゃんと練習をしてますから大丈夫です」と言

うと、どっかに行ってしまった。

どう見ても僕と同い年ぐらいなので聞いてみるとやっぱり2年生。高校の看護

科に行くと2、3年で実習があるらしい。

同い年の女の子にヘアを剃られるのか〜とちょっとショックだった。向こうも

同い年ということで少し緊張しているようだった。

一人が「それじゃ下着を下げてください」と言うのでパンツをずり下げると、

もう一人が「もったいぶらないで、パッと脱いで」とタメ口で言うといきなり

パンツに手をかけてグッとずりさげた。ぼくのちんちんがピョコンと飛び出た

が、むこうも仕事なのでなんとも思わないようで、シェービング・クリームを


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||

2014年2月12日 | エロい体験談カテゴリー:看護婦との体験談
1 / 1012345...10...最後 »

このページの先頭へ