【痴漢体験談】夢の10数分間

あれは確か4年前の夏だったと思います・・・



私はオバQ線で通勤しているのですが、オバQは帰りの時間帯も朝ラッシュと同じくらい

混雑するんです。最近は少し緩和されましたが、当時はまだ複々線工事が全然進んでいな

くてひどいもんでした。ですから下車しやすいよういつも出発ぎりぎりに乗ってドアの隅

っこに張り付くようにして乗っていました。



蒸し暑いある日、いつものように発車ぎりぎりに乗ると、ドアの閉まりかけに女の子が飛

び込んできて私は定位置からずれてしまいました。(アンダヨー、チェー)と思いました

が、その子の顔を見てビックリしました。なんと私お気に入りの新人グラビアモデルだっ

たんです!!

私はよくエロ本を買うのですが、「素人初脱ぎ」みたいな企画で最近良く見かける新人の

娘でした。しかも、そのときの服装が、先月号のURECCOに出てたのと同じ服装だっ

たんです!

(新人だから自前の衣装だったんですかね?)彼女が顔を上げると(あ、まずい!)とい


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||

2014年1月29日 | エロい体験談カテゴリー:痴漢体験談

このページの先頭へ