【露出体験談】露出のS(10)

今思い返すと夢のような、ふあふあとしたあの金曜日の夜が明けて翌日。バカ兄貴は昼ちょっと前にヘロヘロになって帰宅した。

「なんだ、結局家に居たのか」となんかつまらなさそう。麻雀で勝ったらしく、ベットの上で半身起しっててムッとする私に口止め料を投げてよこす。

「口裏合わせ頼むぞ」とGJして見せる。返答もせずもう一回ベッドにばさっと横になる。



その土曜の夜、やっぱりK子さんは来なかった。出張の話は本当だった。一週間K子さんと会えない…。

味気ない独りのジョギングを1週間続けるのかぁ。寂しい。K子さんに会いたい。

中央広場でお茶を飲みながらスマホを眺める。ふと思い立ってLINEを立ち上げる。K子さんに「寂しい」と打ってみる。



こんなことしたら鬱陶しいと思われるかな…。と思ったけど「送信」を押す。

10秒くらい画面を眺めているとすぐに既読のマークがついた。ドキッとする。一瞬だけど彼女の存在を感じた。胸の奥がキューっとなる。

親友のA美の言うとおりだ。これは恋かもしれない。



そういえば出張ってどこに行ったんだっけ?聞かなかったな。

とか考えながら、待っていると劇画っぽいキャラが涙を流しながら「みーとぅー」と呟いているスタンプだけ送られてきた。

なんだこれ。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||

2014年11月28日 | エロい体験談カテゴリー:露出体験談

【M男な体験談】露出狂のMとS

某非公認ゆるキャラの有名な市にある公園で実際にあった出来事。



俺の住むマンモス団地地域には、野球場からテニスコートといったスポーツ施設、桜林・松林のあるちょっとした公園がある。駅周辺の比較的栄えた地域と奥にある住宅地域を分断する形の公園で地理柄チョクチョク痴漢や事件の噂があって、夜に人が近づくことはまずない。



22時も過ぎると全く人が通らない。前述の噂もあり、俺自身あまりこの公園には近づかなかったんだが、ある日、酒を飲んで気が大きくなって散歩している最中にこの公園に立ち入り、案外明るいこと、自動販売機のたぐいがないのでタムロしてる奴らもいないことが特に気に入って、日頃好んで外に出ることのない俺の気分転換の日課になった。



東西はマンモス団地、北は野球場とテニスコート、南は桜と松林と、四方を囲まれているため、中心の公園には全く人が近づかない。時々酔っぱらいが通過する程度。稀にへべれけの女子が通過することもあったが触らぬ神に祟りなし。



ある日、ちょっと酒が入ってムラムラときていた。とはいえ、公衆便所でオナニーも芸がない。日頃から露出欲のあった俺は、ベンチに座り、ケータイを弄りながらチャックをおろし、ものを外に出した。外気が気持ちいい。実は、こういったことは初めてではない。この程度で満たされないのはわかっていた。どうせ誰も通らないのだ。満たされることはないので、だいたい1時間くらいヒヤヒヤを味わって公衆便所に行って一発抜いて満足して家に帰る。「今日は、このままベンチで抜いてみるか・・・」悪戯心が疼く。ギンギンになった息子をゆっくりと扱く。今までもこうだ。ある日突然露出し始めた訳じゃない。徐々にエスカレートしてここまできたのだ。最初は外には出さずにパンツをベトベトにした。次は公衆便所で抜いて、その後露出するようになった。でも誰に迷惑かける訳でもないし、罪の意識も、ドキドキもそんなに感じていなかった。



だが、その日は違った。不意に広場の入り口に感じる人の気配。



血の気が引く。今更ゴソゴソとしまっても怪しいだけ。股を閉じ携帯をみている振りをする。右前、距離は15mくらいをふらふらと通過する白い陰。ワンピースを着た女性のようだ。ちらっとみると、向こうもこちらを見ていたようだ、目が合いそうになるとふっと目を逸らす。バレたか…。視線をおろすとやはりこちらを見ているようだ。歩みを止めることはない。確実に俺のモノをみている。



初めて感じる背筋を走るゾクゾク感。ヤバい。みられてる。一度萎えかけた息子が再度起き上がる。無理して携帯に意識を集中する。表示されているのはホーム画面だ。ホーム画面を左右に振る。何の意味もない。彼女は少し歩みを早めたようだ。確実に気がつかれた。「通報される前にかえろう」


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||

2014年6月18日 | エロい体験談カテゴリー:M男な体験談

【ゲイの体験談】職場内輪姦

俺には同じ職場にセックスフレンドがいる。名前は、仮にK子としておこう。 

もともとアパートが近いので、仕事が終わってから一緒に飲みに行ったりすることが多かったので、そのうちにハメ友達になった。 

去年、短大を卒業して俺の職場に採用された21歳で、結構な美人。芸能人に例えるなら、

永作博美似のちょっとロリ入った娘だ。 で、二週間くらい前に、違う部署の友人達三人で俺のアパートで飲み会をやった。

友人二人は、あまり酒が強くないので、三時間くらいで寝込んでしまった。 二人が寝込んでしまい、

K子と二人で飲んでいると、無性にヤリたくなったので、「二人がいるから・・・」といやがるK子のパンツを引きずり降ろし、

マンコをいつもより激しくしゃぶってやった。 時間をかけて、俺好みに調教してやろうと思っていたので、チャンスといえばチャンスだ。

いつもの適当なクンニじゃなく、本気でしゃぶりまくってやった。 嫌がっていたわりにはマンコは大洪水で、

下責めと指責めで弄くってやると、声を殺しながらも、何回もイキまくってた。 

そして、たっぷり濡れたところで、バックから挿入。トレーナーを捲り上げて、おっぱいを揉みしだき、乳首をこねくりまわしながらガンガン突いてやった。 

「ああ、凄い。いつもより激しい、凄い!」と二人がいるのも構わず喘ぎまくっているK子に興奮し、片手でクリトリスも弄ってやると、

さらに激しく喘ぎ始め、俺も我を忘れて突きまくってやった。 そのうち、喘ぎ声が変わったのに不思議思うと、なんと二人が起き出して、

いつの間にか全裸になり、K子にダブルフェラをさせている! 俺があっけにとられ、腰の動きを止めると、友人Aの方が、

「お前もこいつと姦っていたのかよ。」と言う。俺が固まっているとさらに、Bが「俺達の他にあと二人もハメ男がいるんだぜ」と言う。

 俺がそのままボーゼンと挿入したまま固まっていると、K子が、「ゴメンねぇ。言おうと思っていたんだけど、みんなが黙ってろっていうから・・・。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||

2014年2月22日 | エロい体験談カテゴリー:ゲイの体験談

【浮気や不倫の体験談】シャツ気持ちわる〜い

大阪支店にいた時の話です。毎年社員旅行に行くのですがその年は仕事が忙しく中止になりました。積み立て金が帰ってきたので若いヤツだけでどこかに行こうという話になったのです。

大阪から近い淡●島に「ぱらだいす」があると深夜番組の○○ナイトスクープでやってたんで一回行ってみようと言う話になり(単なる趣味の悪いキャンプ場ですが…)20代の男女4人ずつでキャンプに行くことになりました。

エンジニア男3人と総務&経理部の女3人です。



明石大橋を渡ってPAや震災記念館を見て回っていたのでパラダイスについたのは夕方になった頃でした。

すぐに夕食の用意を始めましたが、調理の最中から酒盛りが始まっていました。

その中で一番若い「Eちゃん20才」が(性格&ルックスは若槻千夏かな)ワインをラッパ飲みしてとばしまくってます(笑)

夕食ができあがる頃には全員泥酔状態です。まじめに夕食を作っていた私と経理のYちゃん(榎本加奈子似の26才)だけ意識はハッキリしていたかな?



夕食作っている時からYちゃんとはいい雰囲気だったんだよね。味見するのにスプーンで「あーん」してもらったりして。

その流れで酒盛り中もイチャついてたんだよね僕らは。

そこに割り込んできたのが、今まで観たこと亡いくらい酔っぱらってるEちゃん。

「あー!なんかそこだけいい雰囲気でむかつくー!」といって千鳥足で僕とYちゃんの間に無理矢理座り込んできた。

Eちゃんはフレアーのミニをはいてたんだけどワインのボトルを持ってはしゃぐモンだからスカート&シャツがワインで濡れまくっているんだよ。

Tシャツが透けて結構でかい胸がもろわかりの状況。DかEは有るかな?スタイルいいことに初めて気がついた。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||

2014年2月20日 | エロい体験談カテゴリー:浮気や不倫の体験談

【スカトロ体験談】トイレで出会った人2(※スカ注意)

2度めの投稿です。前回の投稿にたくさん感想メールを頂いてありがとうございます。また今回も長くなりますが、読んで感想など寄せてもらえる嬉しいです。また来年以降パートナーも探しています。



昨日、また彼女とあったので、その時のプレイを書きます。先週末、彼女の家に婚約者が来ているのを偶然みかけました。最初から知っていた事ですし、私にも家族が有るので、嫉妬などしてはいけないと心では解っているのですが、どうしてもモヤモヤが消えず、自室にこもり、アナルにバイブを突っ込んで、ペニスをしごきまくって、年がいも無く朝までに三回も果ててしまいました。



日曜日の夕方に彼女の家から、婚約者が帰っるのが見えました。私は、車を洗っていたので軽く会釈をしました。婚約者は、爽やかで精悍な感じの好青年でした。彼女が、私と公衆便所でアナルを責め合っている変態だなんて思ってもいないでしょう。婚約者の車が走り去って、家に入ろうとした時に、彼女と目があいました。私は携帯電話を取り出して耳に当てるポーズをしました。



家に入って30分くらいした頃に彼女から電話が入りました。私は彼女に「出て来れないか?」と聞きました。彼女は少し考えた後、「後でコンビニに行くって言うから、1時間くらいまって。」と言いました。女房と子供は、今週は実家に帰っていたので、自宅に来るように言いました。ベッドを使うわけにもいかないので、プレイしやすいように、子供が夏に海で使ったエアマットを膨らませて、自作のエネマシリンジと、最近ネットで購入したバルーン付きのアナルプラグを用意し、車から新しいグリセリンのボトルを持って来て、お湯で半分に薄めて1リットルの浣腸液を作って待ちました。



待っていると、一時間半くらいしてチャイムが鳴りました。家族への言い訳のためにコンビニで雑誌等を買った袋を下げて、彼女が立っていました。いつものように透き通るように白い肌に、薄手のクリーム色のフリースが彼女の胸の大きさを柔らかく表現していてとても似合っていて可愛く、下は良い風合いに古くなったオールドのジーンズに、いかにも近所に御買い物風のスニーカーを履いていました。丸く形のいいヒップラインが綺麗です。



しばらく何でも無かったように話してから、今日、とても嫉妬したことを話ました。彼女は一瞬ビックリした顔をしましたが、だからと言って秘密を共有している仲ですから、不安はなかったようです。

私としても、せっかくの彼女の幸せをブチ壊すような気は微塵もありません。ただ、嫉妬心を持ってプレイすることにも興味があったのかもしれません。私ってやっぱりMだったんですね(笑)。



風呂場に彼女を誘って、服を一枚ずつ丁寧に抜がしました。考えてみたら、公衆便所以外で彼女とあう事は無かったので、ものすごく新鮮でした。最近は寒くなって来たので、公衆便所の水道水でプレイ後の身体を洗うのが苦痛になって来て、あまり会っていませんでしたお互い秘密を守る事と、アナル遊び以外のセックス行為はしないのがルールだったので、これまでアナルと胸以外には、アソコを触った事も無かったのですが、思いきって手をのばしてみました。彼女が軽く抵抗したので、「ごめんセックスはしないよ」と言うと、「今日、彼としたから・・・」と可愛く言いました。私は頭に嫉妬心が駆け巡って、ものすごい興奮を覚えました。彼女の様子を見ながら割れ目に沿ってゆっくりと人さし指を這わせました。彼女はすでにグッショリ濡れていて、割れ目を開くと、タラッと垂れてくる感じが有りました。風呂場に敷いたエアマットの上に彼女を寝かせて、白くて長い足をゆっくり開きました。「中に出したの?」と聞くと、「ううんゴムつけてるから・・」と言うので、思いきってアソコに舌を這わせました。割れ目から流れた淫液は、すでにアナルまでも濡らしていました。




このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||

2014年2月11日 | エロい体験談カテゴリー:スカトロ体験談

【ゲイの体験談】部屋には10人くらいの男たち

<>162えっちな21禁さんsageNew!2005/11/24(木)17:57:57ID:tTAJ0S790<>

ビデオを見せてもらった。感想を書けと言われたから書いてみた。

ビデオは途切れ途切れだから、思い出しながら書いた。

だから、ところどころ実際と違ってるかもしれないけど、気持ちとしてはこんな感じ。

長々小説っぽくなったけど、読んでもらえたら感謝。



(うう。本文が長すぎます、とか出て書き込めない。

フロッピーに入れてるからちまちま書き込むけど時間かかる。)



来た人はみんなシャワーを浴びたはずなのに、部屋の中はむわーっと嫌なニオイが立ち込めてる。

彼に聞いていたとおり、部屋には10人くらいの男たち。私の座るベッドは彼らに取り囲まれている。

今回はこの人たちに輪姦されなきゃいけない。

緊張してくる。何回輪姦されても、始まる前は顔がこわばる。

どーせ私に突っ込みたいんでしょ?

たまらなく私が欲しいんでしょ?


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年2月11日 | エロい体験談カテゴリー:ゲイの体験談

【スカトロ体験談】彼はスカトロが好きなようです

<>659名前:えっちな21禁さん投稿日:03/05/2003:17ID:OicfoqzD<>

私は22歳、彼は25歳、彼はスカトロが好きなようです。はっきりとは

言いませんが・・・・今までに何回か、見ている前でオシッコさせられたり

アナルをするってことを口実に浣腸されて排泄姿をみせたこともあるからです。

でも、私は基本的にはあまり行き過ぎた変態プレーはNGなので、それ以上の

ことを求められても断わってきました。それがいけなかったのかもしれません。

何時の頃からか、週3回会ってたのに、週2回、週1回となってしまいました。

「そろそろ終わりなのかな?」と思い始めていた時に、彼の携帯をチェックする

機会があり、着信履歴やメールをチェックすると、頻繁に同じ人から、電話や

メールが来ていたのです。その相手というのは、何回か一緒に遊んだことがある

私のバイト先の女の子でした。メールの内容から、肉体関係もあること、

彼女が私と彼が別れることを望んでいること。彼は、曖昧な返事しかしていないようでしたが・・・・

私は、頭に来て、メールの内容から二人の会う日を調べ、彼女のアパートに乗り込みました。



<>660名前:えっちな21禁さん投稿日:03/05/2003:18ID:OicfoqzD<>


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年2月8日 | エロい体験談カテゴリー:スカトロ体験談

【レイプ体験談】公衆便所で浮浪者に犯されたヤンキー女

私は中学高校と地元最大の暴走族のレディースに所属していた。

レディースといっても男たちの暴走族といっしょに遊ぶだけの集団だった。

地元最大なためうちの族に敵対するチームは一つもなかった。そのためすることといえば

廃スーパーの駐車場でわいわいあつまってしゃべくるだけの集会というものだけだった。



その日もいつものように集会を終え族友達の家にいくことになった。

原チャリにのり族友達の家に行く途中尿意を催したため近くの駅のトイレに行くことにした。

族友達に「ちょっと駅に寄ってから行くから先に帰ってて」といい駅に着いた。





田舎で夜中の1時過ぎのため駅には人っ子一人いなかった。

わたしはさっさと用を済ませトイレの鏡で化粧や髪型を整えていた。

すると私が入っていた隣の個室のドアが開いた。「隣にも人が入ってたんだ」

と思った瞬間全身が凍りついた。




このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||

2014年2月6日 | エロい体験談カテゴリー:レイプ体験談

【スカトロ体験談】トイレで出会った人4(※スカ注意)

彼女が結婚するまで一ヶ月を切ってしまいました。互いに、こんな変態プレイをできるような相手は他に居ないので、最近では、少しでも時間を見つけて、残り少ない時間を惜しむようにできるだけ会うようにしています。ここに投稿できるような新しいネタを体験できるのも、あと僅かですね。



この間、変態夫婦とスワップ(強姦された??)してから、私が少し怖くなってしまったので、スワップ仲間の募集は打ち切ってしまいました。今回は新宿駅で待ち合わせ。私は車で行きました。南口の大型屋外テレビの前の歩道橋で彼女は待っていました。遠目に見ても、美人でスタイルのいい彼女は目立っています。私が着くまでに何人に声をかけられたか聴いてみると、今まででも、ほとんど声をかけられた経験は無いそうです。考えてみたら、美人で、立ってるだけで目立ってるような女性だと、男性にしてみたら、なかなか声かけ辛いですよね。最近告白されたんですがやはり彼女は高校生の頃にモデルをしていたらしく、持ってきてくれた昔の有名な全国誌の中にチェックのスカートと白いセ織真を着た彼女の写真がありました。(しかも巻頭に!)ビックリしたと同時に、なんだか誇らしかったです。彼女は仕事帰りなので、グレーのシャープなラインのタイトスーツの上に、クリーム色のボアが付いたブラウンの革製のジャケットを羽織り、ミニスカートから伸びた長い足には、黒いハイヒールを履いていました。少し茶色い髪は綺麗に輝いています。グロスを塗った小さめの唇が妙にHです。



彼女を私のワゴン車に乗せて、明治通りを代々木あたりまでまで走る間に、私は我慢できなくなって、「後部座席に行って裸になって」と言いました。今日は車の中でプレイする気だったので、あらかじめ全部のシートを倒してフルフラットにしておきました。後部座席のヒーターを強くして、電動カーテンを閉めました。彼女は、シートの間をスルッと抜けて、後部座席に移動し、ルームミラーで私と目を合わせながら裸になりました。時々ーテンの隙間から入り込む外の光りに、彼女の白い肌が浮かび上がって、エロチックです。私は、すごい奇跡のような偶然で彼女と知り合いましたが、ほとんどの男性は、こんな女と寝てみたいと思うはずです。エロ本などのモデルでも、彼女ほど綺麗なスタイルは、なかなか見た事がありません。ちょうど明治通りを右折して原宿駅の方へ向かう頃に、彼女に「オナニーして」と言いました。彼女の目はもう潤んでいて、まるで私の言葉を待っていたようです。「会社出る時にトイレで浣腸しちゃった」と笑っています。バッグからいつもの青いバイブと、薬局で売っているゼリーを取り出すと、赤信号で停まっている間にアナルにゼリーを塗って、いきなり深々とバイブを根元まで突っ込んでしまいました。



ミラーに映る彼女の姿は変態としか形容のしようが無い姿です。こんなに美しいのに・・。すぐに、いつもの鼻にかかった子猫とも、子犬ともいえない、可愛らしい喘ぎ声を上げ始めました。ちょうど車が原宿駅の竹下口の信号につかまった時、私はイタズラ心を起こして、電動カーテンのスイッチを押して、いきなり全部の窓のカーテンを開けました。彼女は「キャ・・」と短い悲鳴を上げました。まだ7時を過ぎたばかりの原宿駅前は物凄い人混みで、たった10mほどの横断歩道を何百人もの人が波のように横断して行きます。窓には全部黒いフィルムが貼ってあって、外からは見えないのですが、外が明るいと、その明るい方の反対側の窓からは、内部のシルエットが解ります。それに目の前の横断歩道を歩いている人からは、フロントガラスから、後部座席の方が丸見えになるのです。実際には、信号待ちで停まっている車の内部を気にかける素振りの人は居ませんでしたが、車内は外の電気や対向車線で信号待ちをしている車のライトに明るく照らし出されていましたし、車内からは、外の人混みはよく見えるので、まるで自分も見られているかのような錯覚を起こした彼女は、身を丸めて「いやぁ」と小声で呻いています。母親のお腹の中に入る赤ちゃんのようなポーズで丸まっていますが、お尻からは電源の入った青いバイブの三分の一が覗いていて、ジージーと音をたてながら嫌らしくクネっています。普段Mの私ですが、この時ばかりはSの気分です。外からも見えていると錯覚している彼女は、表参道との交差点まで渋滞していたため、なかなか進まない車の中で、小さく丸まっています。その内、バイブがニョキと顔を出して、ズルッと抜けてシートの上に落ちました。抜ける時、彼女は「あぁっ」と可愛い声を上げました。



私はさらにイジワルな気分になって、表参道との交差点の手前の歩道橋の上から車内が見えそうな位置に車を停めて、「タバコ買ってくる」と言いました。運転席から手をのばして、彼女の脱いだ服を取り、助手席に乗せました。これで彼女は、服を取ろうとすると、全裸のままでフロントガラスから丸見えになる位置に身体を乗り出さなくてはなりません。助手席と運転席には黒フィルムは貼ってありません。さらにシートの上に転がっているバイブを取り、横向きに丸まっている彼女のアナルにズブッと差し込みました。まだゼリーが乾いていない、彼女のアナルは、なんなくソレを飲み込みました。彼女は「ん・・あぁあ・・」と悲鳴に近い声を上げました。私はサッと車を降りました。運転席のドアを開けた瞬間、車内灯が点灯してしまい、私も一瞬ビックリしました。車内に電気が灯くと、外から、内部が丸見えになります。私は慌ててドアを閉めました。停めた車のドアの外は30Cmと離れていない所を、物凄い数の人が歩いています。たった30Cm横の、厚さ5ミリほどのガラス窓の内側で、高岡サキに似た、元モデルの美女が全裸でアナルにバイブを突っ込んでいるとも知らずに・・・。私が車側面のスライドドアを開けば、一気に黒山の人だかりでしょう・・。外から車を見ると、内部の彼女のシルエットが見えていました。丸まっているので何をしているかは解らないし、裸であるとも解らないでしょうが、実際の姿を知っている私には、丸見えも同然に感じられました。



私は歩道橋を歩いて上がって、駅の建物の前にあるタバコの自販機を目指しました。歩道橋の上からはフロントガラス越しに車内が見えていました。丸まっている彼女が薄ら見えます。知らない人が見れば、そんなにハッキリとは状況が解らないと思いますが、私的には、まさに「丸見え」でした。私が交差点近くに車を停めたので、そこにはプチ渋滞が出来上がっていて、後ろから来る車が車内を照らす度に、彼女の姿が浮かび上がります。彼女は身動きもしません。人混みをかき分けて、タバコを買って、もう一度歩道橋の上に戻ってくると、彼女のポーズが少し変って見えました。私はしばらく見てみる事にしました。なんだかしきりに動いています。どうやら彼女は私がどこに行ったのかを気にしているらしく、身をかがめたまま、窓の外を伺っているようです。そのまま10分ぐらい見ていると、彼女は外からは中が見えていない事に気付いたようでした。外を歩く人が、車内に興味を示さないからでしょう。シルエットは、そのまま後部座席に寝転がったらしく、フロントガラスからは足のシルエットしか見えなくなりました。その足はゆっくりと両側に広がって見えなくなりました。私はピンと来ました。彼女はこの状況を楽しみ始めたようです。



ゆっくりと車内を伺いながら歩道橋を降りて、車に近付いて行きました。ドアをいきなり開けて驚かせようとおもったのです。運転席のドアに手をかけた時、車内から、「あぁぁぁ・・」と彼女の喘ぎ声が聴こえました。周りは、雑踏ですから他の人は気付いてはいないでしょう。私は一気にドアを開けました。瞬時に車内灯が煌々と灯り、彼女の姿がハッキリ見えました。仰向けのまま白く長い足を思いきり開いて、股間に両手を添えバイブをアナルに突っ込んだままカキ廻していました。車内灯がいきなり灯いたので、彼女は物凄くビックリしたようですが、その瞬間にイッてしまったようで、ドアを開けたとたん、車内から「んあぁぁぁああ」と物凄い声が聴こえました。もちろん、車の周りに居た人にも聴こえたでしょう。



私はすぐに運転席に飛び乗ってドアを閉めたのですが、運悪く半ドア状態になってしまい、車内灯が消えません。瞬間私はビックリして焦ってしまいました。イッてしまった彼女は、そのまま両足を大きく広げて、全裸のまま仰向けに横たわっていますし、車内灯が灯いているので、フィルムを貼った窓の外からでも丸見えのはずです。もう一度ドアを開いて思いきりバンッとドアを閉めました。今度は消えました。ものの5秒くらいの間だったでしょうが、全裸でアナルにバイブを突っ込んで、イってしまった美女を原宿の人混みに晒してしまったのです。彼女は目を閉じて深く大きな息をしています。アナルには青いバイブが刺さったままで、まだジージーとクネっています。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年2月5日 | エロい体験談カテゴリー:スカトロ体験談

【職場での体験談】職場に妻の穴兄弟が多数

<>1名前:かずし[]投稿日:2008/05/12(月)11:40:34ID:h4KAHbnL[1/2]<>

私(34)妻(29)

職場で知り合い去年結婚しました。

ちなみに私は恥ずかしながら素人は妻が初めてでした。



結婚後に知ったのですが妻は独身の時に私の仕事仲間数人に抱かれてたそうです。

最近、酔った親友に教えてもらいました。

妻には怖くて聞けません。



やっぱり裏で馬鹿にされてるのかな?



<>2名前:名無しさん@ピンキー[]投稿日:2008/05/12(月)12:17:15ID:/eQIw051<>

キモヲタと公衆便所が結ばれただけだなw



<>3名前:名無しさん@ピンキー[sage]投稿日:2008/05/12(月)17:27:10ID:j2RrEeyV<>


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||

2014年2月4日 | エロい体験談カテゴリー:職場での体験談
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ