【友達との体験談】RQ

レースクイーンをしている友人から、「皆が紹介して欲しがってるから、今年の忘年会には是非参加して欲しい」と頼まれました。

私が業界関係の仕事をしている為、コネをつくりたくて呼ばれたんだと思います。その日はクリスマスイヴ前で、面倒臭いなと思いながら渋々その忘年会に参加しました。

仕事が忙しかった私は、一次会の終わり頃から参加しました。来ていたメンバーはレースクイーンやモデル、深夜番組でアシスタントをしているような駆け出しのタレント達が中心でした。

勿論、男性陣も(モデルや舞台俳優をやっているような人達がほとんど)いました。ミニスカポリスに出てる子や、変わった職業では、そこそこ人気のある漫画家もいました。参加メンバーの年齢は、私を含め大体20~25歳位でした。

三次会の途中で帰った彼女から私の携帯に電話が入りました。(二次会で彼女と携番を交換してました)店に忘れ物をしたから、よかったら帰りに家に寄って届けてくれないか、との事でした。

私は、届けてもいいけどタダでは帰らないかもよと付け加え、電話で教えられた彼女の家にタクシーで向かいました。勿論、タクシーの中での私は下心で一杯です。

彼女の家に着いた時は、出会ってから三時間位しか経っておらず、自分がこのレースクイーンの部屋にいるのが可笑しく思えたのを覚えています。

何より、嫌々付き合いで参加した忘年会でこんな展開になるとは予想してなかったわけで…。彼女の部屋にはパソコンが有り、壁には自分の写真が沢山飾ってありました。

カメラ小僧から送られてきた手紙や写真などをみせてもらい、色々な話を聴かせてもらいました。カメラ小僧が、レースクイーンと結構仲良くなれるという話は、私にとって意外な事実でした。恋愛に発展したり友達になる事は無いと言っていましたが、「気持ち悪い」とか、毛嫌いするような事も無いとも言ってました。

そんなこんなで寝る事になり、別々にシャワーを浴びました。確か、私が最初に入らせてもらったと記憶しています。ベットに先に入り待っていると、パジャマに着替えた彼女が戻ってきました。

メイクを落とした彼女は途端に幼く見え、いつもは無理して大人っぽくしてるんだな、と、少しキュンと胸が痛みました。レースクイーンという仕事も大変なんだなぁ、と。

狭いベッドに並んで寝る事になったのですが、Hな雰囲気等は無く、彼女は私に、自分が付き合ってる彼の話をしてくれました。彼女の付き合っている人は、広告代理店に勤める30代後半で、妻子持ちだということでした。要するに不倫ですね。

もともと仕事で知り合い、他の仕事をまわして貰ったり、色々世話をしてくれた人だと。勿論、彼に下心が有る事には気付いており、そういう雰囲気にはならないように気をつけてはいたが、ある日どうしても避けきれなくなり、男女の関係になってしまったと教えてくれました。

そして、それ以来、彼・彼女として付き合っていると。

私の彼女の話も聞きたがっていたので、少しだけ話してきかせました。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||

2013年8月17日 | エロい体験談カテゴリー:友達との体験談

【妹との体験談】続きを教えてください・・・

従妹の美由紀は俺より3歳年下

家は近くでちょくちょく遊びに来ていたこともあって、兄妹のような存在だった

俺は都内の大学に進学、家から通うよりもアパートを借りた方が安上がりな為、1人暮らしを始めた

大学1年のGW、特に家に帰る必要もなく、まだキャンパス内での友人も少ない時期だ

ふいに俺の携帯が鳴る、地元の市外局番なので、高校の友人かと思い出てみると美由紀だった

「もしもし、圭ちゃん、今何してたの?」

「おお、美由紀か、あ、今部屋でゴロ寝中」

「やっぱり、じゃ今から遊びに行く」

「今からって、もう夕方だぞ」

「部屋見るだけだから、すぐに帰るよ」

「まぁいいけど、おじさんたちにはちゃんと言って来いよ」

いきなり来る事になったので慌てて部屋を片付ける、見られたくないものと言えば1人暮らしを

満喫する為のエロ本&AVの山w

ワンルームだから隠す場所などは知れていて、ベットの下しかない、今後の課題だな、と思って

片づけを始めた


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||

2013年6月26日 | エロい体験談カテゴリー:妹との体験談

このページの先頭へ