【学校での体験談】虐められ続けた男の復讐。

携帯とかポケベルさへ無かった時代のお話です。

中学校で虐められてるクラスメートの女をちょっと庇ったら

それから俺への虐めが始まり、二年間虐められ続けた。

特に女チームからの虐めが酷くて、「死ね」とかそんなのは

当たり前の様に教科書に書かれてたし、給食なんてゴミ入り。

いつもの様に上履き、外履きはゴミ箱の中。キモイ扱いの二年間。

10人くらいに引きずりまわされて女子トイレに閉じ込められたり

とそれなりに辛い二年間だった。

その女リーダーは由美子と言って、親がPTAだか

町会長だか知らんけど、地元では名の知れた名士。

チクっても良いけど、うちの親いくらでも口止めできるしぃ〜

と言うのが彼女の特権だったし、口癖だった。

現に教師は見て見ぬ振り、直訴を一回だけしたけど

担任からは「注意しとくから」とそれだけでスルー。

打って変わって高校時代。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||

2013年9月27日 | エロい体験談カテゴリー:学校での体験談

【痴漢体験談】なんかおかしい女

 ようやく7年がかりで地方の三流大を出たけど、まともな就職もない。住んでるアパートも近々建て替えるってことで、じきに追い出されることになるし。郵便局で有り金を全部おろし、半ば自暴自棄で旅に出たときのこと。

 時間は無限にあるし、心は病んでいても、体は健康そのもの。金がなくなりゃ肉体労働のバイトでもすりゃいいやなんて考えてた。



 目指すは北海道。別にあてもなかったけど、何となく北に向かいたかったんだよね。季節は春だし、雪もないだろうし。

 茨城からフェリーにのって夜の北海道に初上陸。歩きとヒッチハイクで左回りに動き、途中短期バイトをしたりして、3週間ほどで○瑛にやってきた。いままでどおり安宿に入り、コッヘル(鍋)でご飯を炊いて晩飯を作っていた。

 ゴールデンウィーク前の北海道は、まだ旅行シーズン前で、安宿での宿泊者も少ない。今まで泊まってきた宿でも泊まり客が俺1人ってことも多々あった。

 しかし、今夜は他に客がいる。しかも女性だ。美人じゃないけどブサイクでもない。身長は低め。胸がでけぇなんて覚えてないので普通なんでしょな。

 ロビー(っていうか、喫煙所)で向こうから挨拶してきた。

「こんにちは。お一人ですか。」

「はい。」

「ご飯つくってるんですか。私もここで作っちゃおうかな。」

コンロが一つしかないので「あ、すぐに空きますから…。」

キッチンから炊きあがったご飯とカップラーメンをロビーに運ぶ。

「おいしそうですね。」

「はぁ…。」白飯とカップ麺なんて貧相極まりない。恥ずかしくはないけど、コメントしないだろぉ普通は…。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2013年7月17日 | エロい体験談カテゴリー:痴漢体験談

【芸能人との体験談】【実話】長距離ドライバーと釈由美子

 これは数年前からの実話だよ。

 あんまりうらやましがられても困るけど、釈由美子とのSEXが続いているんだよ。



 彼女が、スキーが大好きで、ヒッチハイクをしてでも1人でスキーに行くことは、ウィキペディアにも乗っていることで、有名だ。

 そこには事務所からストップがかかっているとなっているけど、なかなかそうでもない。



 俺は、長距離ドライバーだ。年齢は40代初めとしておこう。

 ちなみに自前の10tトラックだ。ここまで来るのに死ぬほど働いた。

 デコトラにするような無駄遣いはせずに、ひたすら貯金して独立したんだ。

 それで女性と付き合うこともできずにトラックと結婚したような人生だった。



 そんな俺に舞い降りた天使が、釈由美子ちゃんだったんだ。



 もう4年くらい前かな?東京から長野方面に荷物を運ぶ際、早朝に荷主の工場から出て、長野に向かう時、信越道の入り口で、細身の女の子がスキー板を持ってヒッチハイクをしていたのさ。普通車では、なかなか載せられないから、トラック狙いだったらしい。

 俺は今までにもヒッチハイクには親切にしてきたけど、必ずしも行き先が合うとは限らないので、そうそうヒッチハイクってのはうまくいかないものさ。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2013年7月16日 | エロい体験談カテゴリー:芸能人との体験談

【芸能人との体験談】白い雲のように

友達から飲まないか?との誘いを受けて、それを了承。

少し仕事で遅れてしまいつつも友達の待つ飲み屋に着いてみると、

もう既にかなり出来上がっている彼を発見。

彼は出版関係の仕事をしていて、それが上手くいかないと彼は僕を呼び出し一緒に酒を飲みながら愚痴を言う。

今回もそうだろうと思いながら話を聞いてみるとやはりそうだったのだが、酒のペースから見るに単なる愚痴酒が自棄酒にギアチェンジしているのは明白だった。



彼は自分の立ち上げた企画書を鞄からおもむろに取り出し、僕に手渡した。

それはお笑いコンビ、それもピン仕事で別々になったり、解散してしまったりしたコンビにスポットを当てて今・昔・これからを題材にした取材企画だった。

タイトル「SeparateLife(仮)」

第一回目の今回のコンビは猿岩石。



皆さんは猿岩石を覚えているだろうか?

「進め!電波少年」という番組で、世界をヒッチハイクしながら旅したコンビだ。

その二人はこれをきっかけにブレイクし、歌を歌い紅白に出たり様々な番組レギュラーを持ったりもしていた。

しかし、その人気は長くは続かず、段々とテレビ出演が減っていき、遂には解散してしまった。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||

2013年7月4日 | エロい体験談カテゴリー:芸能人との体験談

【修羅場の体験談】虐められ続けた男の復讐。

携帯とかポケベルさへ無かった時代のお話です。



中学校で虐められてるクラスメートの女をちょっと庇ったら

それから俺への虐めが始まり、二年間虐められ続けた。

特に女チームからの虐めが酷くて、「死ね」とかそんなのは

当たり前の様に教科書に書かれてたし、給食なんてゴミ入り。

いつもの様に上履き、外履きはゴミ箱の中。キモイ扱いの二年間。

10人くらいに引きずりまわされて女子トイレに閉じ込められたり

とそれなりに辛い二年間だった。



その女リーダーは由美子と言って、親がPTAだか

町会長だか知らんけど、地元では名の知れた名士。

チクっても良いけど、うちの親いくらでも口止めできるしぃ〜

と言うのが彼女の特権だったし、口癖だった。

現に教師は見て見ぬ振り、直訴を一回だけしたけど


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||

2013年6月28日 | エロい体験談カテゴリー:修羅場の体験談

このページの先頭へ