【アニメキャラの体験談】重いコンダラ

コンダラは、日本の俗語の一つ。グラウンドの整備などに使う「手動式の整地ローラー(手動式整地用圧延機、転圧ローラー、グラウンドローラー)」を指し、「コンダラ」が手動式整地ローラーの正式名称であるとする都市伝説が広まるに連れて、俗語として定着していった。他に、「コンダーラ」「コンダラー」「コンダーラー」との異称もある。



目次[非表示]

1語源

2コンダラの一般化

3脚注

4関連項目

5外部リンク





語源[編集]

“コンダラ”こと、手動式整地ローラーの使用方法語源は、1968年(昭和43年)に放映が始まったテレビアニメ『巨人の星』のオープニング主題歌「ゆけゆけ飛雄馬」(作詞:東京ムービー企画)の最初のフレーズ、「思い込んだら 試練の道を」の「込んだら」であり、そのフレーズを聴いた視聴者が「重いコンダーラ(重いコンダラ)」と勘違い(ぎなた読み)したことが由来とされる。



都市伝説では「オープニングの『思い込んだら』の箇所で飛雄馬が整地ローラーを引いていた」とされる場合があるが、実際に放映されたオープニングアニメーションでは整地ローラーは一切登場せず、一徹・飛雄馬親子がうさぎ跳びをしているだけである。テロップ上の歌詞も漢字で書かれている(ただし、「こんだら」の部分は平仮名)。その一方で、第12話「鬼の応援団長伴宙太」の劇中に整地ローラーが登場した際のバックグラウンドミュージックが「ゆけゆけ飛雄馬」であったため、これによって誤解が生じた可能性もある。また、「重いコンダーラ 試練の道を」では文章として全く意味が通じなくなってしまうが、実際、「コンダラって何だろう」と思った当時の子供(1960年代生まれ)が多く存在したのは事実である。




このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||

2013年9月28日 | エロい体験談カテゴリー:アニメキャラの体験談

【アニメキャラの体験談】仁崎伸子とセックスした話

だいじょうぶ…。

ヘーキ!初めての人はセンパイだって、ずっと決めてたんだから。

たとえそうなったって怖くない!たとえそうなったって…。



部屋は暗いし外は静かだし、いい雰囲気じゃない。

セックスするチャンスだよセンパイ!

こんなにそばにいるんだよ。

いやだったらもっとはなれてるよ、どうしてわかってくれないの?

年頃の男女がこうして同じベットの中で寝てて、

何もしないなんてありえないよォ!

センパイもしかしてエッチな事にキョーミないんですか?

このままだと先輩の好きな水玉のパンツ汚しちゃうよォ!エーン!

しょうがないな。もっとくっついてあげるよ!肩に頭のっけたりしてあげる!

お願いだよセンパイ!

セックスして!セックス!


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2013年9月21日 | エロい体験談カテゴリー:アニメキャラの体験談

【露出体験談】小さい頃からモデルしてました

はじめまして、中学生のゆうきといいます。

ホムペを見てて、ボクと同じ位の人もいると知って懺悔する事にしました。

あ、ちなみにボクなんて言ってるけど女の子ですよ。



ボクの父さんは画家をしています。

そしてボクは小学生になってから小遣い稼ぎのためにモデルをしています。

裸体ですよ。

そして、夏休みになるとボーナスがあるんです。

父さんのやってる画塾で夏合宿があって、

南の島にいってそこで絵を描くんですが、

ボクは胸が膨らみかけた頃からその専属モデルをやってるんです。



いよいよ明日から今年の合宿が始まるんですが、

まずは今までのことをダイジェストで懺悔したいと思います。




このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||

2013年8月19日 | エロい体験談カテゴリー:露出体験談

【友達との体験談】小さい頃からモデルしてました

はじめまして、中学生のゆうきといいます。

ホムペを見てて、ボクと同じ位の人もいると知って懺悔する事にしました。あ、ちなみにボクなんて言ってるけど女の子ですよ。

 ボクの父さんは画家をしています。

そしてボクは小学生になってから小遣い稼ぎのためにモデルをしています。

裸体ですよ。

そして、夏休みになるとボーナスがあるんです。

父さんのやってる画塾で夏合宿があって、南の島にいってそこで絵を描くんですが、ボクは胸が膨らみかけた頃からその専属モデルをやってるんです。

いよいよ明日から今年の合宿が始まるんですが、まずは今までのことをダイジェストで懺悔したいと思います。

 初めて外で裸になったのは小2のときでした。

小学生の1年が終わったので、旅行で尾瀬の湿原に行きました。

進級記念とは言っても行ったのは6月になってましたけどね。

山開きが5月なので仕方ないです。

でもわざわざ学校を休んでいったので、楽しかったです。

そんな時突然父さんが当たり前のようにここで描きたいと言い始めたんです。

他にも来てる人がいたので恥ずかしかったけど、お小遣いも欲しかったのでその場で服を脱いで木道に座りました。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2013年8月9日 | エロい体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ