【友達との体験談】妻の中に友人のモノが・・・

こんばんは。

初めまして。

僕は41歳、妻は39歳です。文章が下手なので読みにくい所はお許しください。

妻は井川遥に似ていて、私たち双方を知っている友人男女いずれからも

「そっくり」と言われています。

僕がこのサイトを知ったのは数年前。

その頃から妻が他人とする姿が見たいという、いわゆるネトラレ願望があります。

ただ、このような性癖を妻に打ち明ける事がなかなかできませんでした。

しかし、ある出張をきっかけに劇的に変わりました。

出張所は、東京。

空き時間に秋葉原に。

そして駅前にあるアダルトグッズの店に入ったのが、始まりでした。

そこで、売られていたリアルなディルド…

これを妻に使ったら…と妄想が膨らみ…

ついつい、購入。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||

2017年12月21日 | エロい体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ体験談】これは、私たち夫婦の実話です。

私は、大阪在住の人間です。これは、私たち夫婦の実話です。私も妻が他人に無理やりいたずらされたり、犯されるのを妻より聞いたり見たりすると異常に興奮いたしますが、妻も他人に無理やり犯されることに、狂うのではないかと思うほどの痴態を表します。私の妻は自分で言うのもおかしいですが、日本的な顔立ちで美人です。体はスリムで子供を3人生んでいますので乳房は若干たれていますが、あそこの全体的な締まりはよく、妻がいく時は膣口がきつくしまり、下半身が小刻みに長い間ケイレンを繰り返します。妻は日本的な柔和な顔立ちのため、よく男性よりお誘いの声がかかります。以前には食事だけのデイトということでOKを出したのですが、帰りの車の中で無理やり犯されてしまったそうです。帰ってきたときは、ブラジャ-・パンティが取られてブラウスとスカ-トだけで帰ってきました。あそこに手を入れて確認すると、どろどろに濡れてクリトリスが硬くなっていました。その時ほど興奮したことはありません。一度は、65歳位の店主のいる、おとなの玩具屋へブラジャ―・パンティを脱がせワンピ-スだけで遊びに行き、店主にバイブレ-タ-を試してもらうため、店の中で客より死角になる所で、素っ裸にし、バイブレ-タ-で店主に遊ばせました。30分の間に客が何人か店に入って来ましたが、客が入店する度、妻はより感じて膣はものすごくぬれていましたので、店主にチンポを入れて犯すように話すと妻はイヤー・イヤーと拒んでいたが無理やり店主は足を拡げチンポを突っ込みました。チンポを入れてから20分ほどの間、正上位・バック・騎乗位とオマンコをしている間に妻は3回ほどいきました。それはすごかったです。店主がイッタとき、ヤクザ風の客(後日知ったのですが本当のヤクザでした)が店に入って来たが、店主が見えないので店の死角まで来て、妻と店主のオマンコのしている所をみられてしまいました。妻は素っ裸かの体を隠す事も出来ず、その間にその男が私に俺もしていいかといいましたのでうなずくと、すぐに裸になり、逃げようとした妻の手を引っ張り体を仰向けし覆いかぶさり、足を思い切り拡げ、大きいチンポをズブリと妻のオマンコを貫くと、妻は先ほど何回も、いったにもかかわらず先ほどからの状況で犯される興奮と、男の突っ込むリズムに妻も腰をリズミカルに動かし男の体に足を絡ませいってしまいました。そのヤクザと妻との後日談は壮絶なものになりました。

エロ体験談関連タグ

|||||||||||

2017年12月21日 | エロい体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【友達との体験談】友達の母 M子との再会

もう3年前の話だが、飲んだ勢いで、オッサンたちに2軒目のスナックへ連れて行かれた

近所だったが、その店には初めて行った

マスターも店員も客も50代後半~60代のオッサンとオバチャンたちの憩いの店だったオッサンが5人、店員も含めてオバチャン7人が狭い店内にいた

そこへ36歳のオレが行ったから、たちまちオバチャンたちの人気を集めてしまった

ベタベタと遠慮なく、カラダや太ももをなでまわされて、中にはチ〇ポをなでて来るつわものもいたが、酔っているのでそれほど不快ではなく、むしろ気持ちよかったぐらいだオバチャンのなかに見覚えのある人がいた

近所に住む後輩の母親(M子さん・57歳)だった

昔からキレイだったが、いまでも若く見えて、オレ好みのムッチリ系熟女になっていた近付いて行って、「U川君とこのお母さんだよね?」と声をかけると、うれしそうに「あぁ、覚えてくれてたの?T君、立派になってるからわからなかったわぁ」と言われた

それから昔のことや、彼女が22歳でU川を産んで、彼が高校生の頃に離婚したことなどを聴いた

後半、オレが聞き役に徹していたら、「T君はやさしいねぇ、うちの子は話も聞いてくれないし、結婚してからはあんまり家にも寄りつかなくなった」と言っていたので、「オレでよければ、いつでも話相手になるから連絡してよ」と電話番号を割りばし袋に書いて手渡した

そして、店も閉まって、オレたちは解散したしばらく歩いていると、すぐに電話が鳴り、期待しながら出てみるとM子さんからだった

「みんなと別れたら、うちに来て飲み直さない?」という誘いだったU川の家に行って、チャイムを押してみると中からM子さんが出て来たのだが、すでに着替えて、胸元が大きく開いた部屋着のワンピースになっていた

思わず胸元に目線が行くと「ちょっとォ、エッチなこと想像してるんじゃないでしょうねぇ?」と言われたので、「すみません、ちょっとだけ期待しちゃってます」と言うと、彼女が抱き着いて来て、「私も電話番号をもらったときから、エッチなこと考えちゃってたの」と言われた手を引かれて、寝室に通されると一人の女性には広すぎるベッドがそこにはあった

「こんなことになるのは、離婚してから初めてよ」と、わざわざ説明しなくてもいいことを言っていた舌を思い切り絡めあって、むさぼるようにキスをして、大きな胸をワンピースの上からもんんでやった

勃起したペニスを洋服の上から恥丘にこすりつけてやるとM子さんが「アアァァァッ・・・」と大きな吐息をもらした

スソから手を入れて、ふくらはぎ、太ももをなでまくって、パンティーの上から割れ目をなぞると、そこはすっかり湿り切っていたパンティーを脱がして、ワンピースもまくりあげて、一気に全裸にして、割れ目やクリトリスをベロンベロンに顔全体を使ってなめまくると、もうM子はガマンしていたものを吐き出すように「スゴイの!T君の顔が私のに吸い付いてスゴイのぉぉぉ」と快感の声をあげてくれた


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||

2017年12月21日 | エロい体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達との体験談】寝取られていた彼女 詳細編

ようやく、心が落ち着いたので、きりを付ける意味で実際にあったことを話します。

私は22歳で21歳の彼女がいます。彼女とは学生の時にアルバイト先が同じでそこで仲良く成って付き合いました。

彼女は私が言うのも何ですが、かなり可愛くて芸能人でいうと新垣結衣を少し小柄にしてさらに笑顔を可愛くした感じです。

付き合い当時は彼女は19歳で過去に付き合ったことが無いと言っていたので恋愛には奥手のタイプかもしれません。

いろいろと聞くと何度か告白もされたし言い寄られたことはあるようですが、強引な感じがして怖いというトラウマがあったようです。

私と付き合えたのは私といると安心するとか落ち着く感じがするというのが最大の理由のようです。

こんな彼女なのでまさか浮気はし無いだろうと思ってましたし実際に3年間浮気せず私一途でいてくれたのは事実です。

彼女とのエッチもすごく彼女は恥ずかしがりやでこんな子とエッチが出来てかなり幸せな気分でした。

それからはデートの度にエッチしていました…彼女も嫌がらずそれに答えてくれました。

案外自分好みに調教しましたが…無理な事はせずに大切にして来ました。

私が社会人に成り、彼女も大学を卒業する時期に成って来たので結婚を意識して時期を考えていました。

そんなある日、私の友人と話しているときに「本当にみか(彼女の名前)ちゃんは浮気し無いのかなー?他の男はほっておか無いのに」と言って来ました。

私は友人に絶対し無いよって」言い返しました。

そこでその友人から本当に浮気し無いか提案をして来たのです。

私は少し戸惑いましたが、彼女のこと信じているし、少し興味も有ったのでどんな提案か聞いてみました。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2017年12月21日 | エロい体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻体験談】妻と愛人・・・

私は40才の会社員。

妻は30才で二人の間に子供が二人居ます。

愛人は36才、×1で子供が一人居ます。妻に愛人の事がばれないようにしながら関係は三年以上続いていました。

あの日が来るまでは・・・その日は子供達が実家の祖母の家に泊まりに行ってたので妻と自宅でゆっくりしていると小包の配達が来ました。

私が玄関を開けると、突然腹を何かで叩かれ気を失ってしまいました・・・気が付くと私は目隠しをされ、手足を椅子に縛られ全裸で座らされてました。

女の声で『こいつ目を覚ましたよ』と言われたと同時に目隠しを取られ、周りを見ると四人の男と二人の女が居ます・・・見た事もない奴らです・・・リーダーみたいな奴が近づき私に言いました・・・

『あんた奥さん居るのに愛人作って最悪な奴だな。お前の愛人は俺の元カノなんだよ。結婚しようって言ったら好きな人がいるから嫌だって。だから探したよお前を!』奥さんは可愛いし、元カノは綺麗だから、仕方ないだろうけど浮気はヤバイよなぁ・・・独り言を言いながら、私の向かいにある黒いカーテンに向かって行きました・・・『今日は、みんな楽しもうぜ!』と言いながら同時にカーテンを開けると、そこには目隠しをされ、手は上から吊され、足はM字に固定された妻と愛人が・・・お前ら何をやってんだ!バカやろう!と騒いだら、周りにいた男達に顔と腹を殴られ、半分意識を失いかけてました・・・『今日は、お前の目の前で嫁と愛人を可愛がってやるから楽しみにしろよ』と、言うと二人の目隠しを外し、妻達は私を見て睨みつけました・・・最悪です・・・愛人には、元カレともう1人の男が、妻には別の二人が行き、服の上から胸やアソコを触りはじめました。妻はEカップぽっちゃり体型、愛人はBカップの痩せ型をしています。そんな二人の胸を揉みながら、服をハサミで切り二人はブラジャー姿になりました。

そのまま、ズボンもハサミで切り出し、二人ともブラジャーとパンツになってしまい、男達は大興奮です。妻は水色の下着、愛人はピンクの下着・・・私の趣味で買った下着です・・・さてさてと言いながら、1人は胸を1人はパンティーの上から割れ目をなぞると、二人のパンティーに染みが出来てきました。二人ともかなり濡れやすく、特に愛人は感じやすく、おそらく二人の男に触られて気持ちとは裏腹に感じてしまってるみたいです・・・さて、下着も切っちゃいますよ~♪

と言いながらブラを切ると妻の豊満な胸が、愛人は小さいながらも上向きな乳首の胸があらわになりました・・・

二人の乳首はたっており、それを見て男達は大興奮です・・・さて、パンティーも切りますよと言うと妻達はやめてと騒いだが、聞いてもらえるわけもなく、パンティーは切られ二人のアソコがあらわになりました。『ヤベ~濡れすぎじゃない??汁が垂れてるよ!しかも、並んで見るとアソコの形って違うんだな!』言い、ビラビラを手で広げ1人1人観察し始めました。妻はアソコが肉厚で普段は閉じています。クリが弱くイク時はクリを触りながら行きます。

四人の男が妻のアソコを見ながら、クリを触ったり指を入れたりしてますが、クリを触られるとピクピク身体が動くのでクリが弱い事がバレてしまい、クリを舐められつままれ、我慢していた妻からもハァハァと感じた声が漏れてきて、身体をビクンとさせてイってしまいました・・・

男達は、大喜びです・・・次は愛人を四人が触り始めました・・・

愛人のアソコは妻とは違い肉薄ですが、感じてくるとクリがかなり大きくなり飛び出てきます。

ただ、大き過ぎるからか触ると痛いらしくあまりクリが好きではありません・・・

元カレが愛人のアソコに顔を近づけ、久々に見たけどやっぱり綺麗だな♪


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||

2017年12月21日 | エロい体験談カテゴリー:人妻体験談

【出会い系での体験談】開脚チェアに拘束してバイブで強制アクメ

不倫リレーションは入れ食い状態で、その中で近所の人妻とアポが取れたので、会った時の事。



メッセージ交換で、いろいろ話して会おうということになり、日時を合わせて、いよいよ

当日、あるスーパーの駐車場で待ち合わせて、先ずは食事をしながら話しをして、

緊張がほぐれたところで、近くのラブホへ。

40代で、それ相応の身体の崩れがあるものの、こちらとしては、それがそそるというもの。

胸もそこそこ大きく、お互いセルフで脱衣して、すぐにむしゃぶりつくと、最初は

ビックリしたようだが、徐々に感じてきている様子。



とはいえ、やはりシャワー浴びようねということになり、

別々にシャワーを浴びてから、ベッドに戻り再開。



キスすると、彼女がフェラをし始めました。

旦那とは、義務的にしかしないとのことですが、元々はHは好きとのことで、

人妻らしい濃厚なフェラで、すぐに逝ってしまいそうでしたが、グッとこらえて、


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||

2015年12月28日 | エロい体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【出会い系での体験談】変態プレーでしか満足出来なくなってしまった私

わたし(仮名・カナ)は現在28歳のOLです。

普通に付き合っている彼氏もしますし、そろそろ結婚も、と考えたりもしています。

ただ、普通に結婚して上手くやって行けるのだろうか?と心配も多いのです。それは、

わたしが今の彼とのSEXで満足していないからです。

彼は真面目でSEXもきわめてノーマルです。でも彼の事を愛しているので

それなりには満足はしているのですが、、、



今の彼と付き合う前に知り合ったKさんとのSEXが体に染みついていて

時々どうしようもなくSEXがしたくなるのです。彼氏とではなくKさんと。

ついわたしからKさんへ連絡をしてしまいます。

Kさん以前では比較的ノーマルなSEXしか経験はしていませんでしたので

SEXってこういうもの、くらいに思っていましたが、KさんとのSEXで

考えが一変しました。。。わたしは本当は淫乱なんだと思い知りました。



Kさんとは愛人ビレッジで知り合いました。10代の頃援助交際を2〜3度した事がありましたが1回きりで二度と会う事はありません。やはり援助交際は犯罪なので自分の中にも


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年12月26日 | エロい体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【出会い系での体験談】気に入れば中出しOK

「気に入れば中出しOK」



という書き込みをセフレマッチコミュで見つけた。



イケメン以外はゴム付きということか?



で溜まっていることもあって興味本位で早速メールを送って交渉

イケメンじゃないからという事で・・・

ゴム付きでって事で会う事になった。



実際に鼻から下のプリクラ画像がサイトには添付されていて

絶対に美人だろうなと思っていたが会ったらかなりの美人だった。



プロフィールにはゴマキ似とありがちな事が書いて

あったが、本当に似ていた。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||

2015年12月22日 | エロい体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【出会い系での体験談】既婚者の女喰え過ぎww

今年の春でした、出会い系サイトで既婚者の美佐子という46歳の女性と巡り会ったのは。

彼女は、僕より4つ年上のスケベな女だった。

最初の頃は、清楚な主婦を演じていたのだろう、



しかし、2週間も経たない頃から徐々に本性を現してきた。

メールの内容がSEXに対する欲求でいっぱいになってきた。

「旦那は、相手にしてくれない」

「昼間から一人、ベッドの中でオナニーしているの」

「昨日は、あなたの事を想像してエッチなことしちゃった・・・」

この様なメールが出会い系サイトを通じて届くようになった。

僕も、正直、彼女の淫らさに引かれ、オナニーしザーメンを放出したことを告白した。

毎回、彼女は、メールの最後に

「逢いたいとは言いません。だから、長くメル友でお付合いしたい」と言う。



そして、彼女のメールは、どんどんエスカレートする。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年12月20日 | エロい体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【出会い系での体験談】精子が無くなるほど彼女に中出し

仲良くなった若妻との体験です。

1ヶ月間メールしていたんですが、思うように時間が合わずやっとの思いで面会する事ができました。今まで直接会った事は無かったのですがメールでは下ネタも多く話していてお互い溜まっていたこともあり、テレホンセックスまではしていました。



いつかラブホへ行こうと約束していたので、待ち合わせ当日はご飯を食べてそのままホテルへ。部屋に入ると、少し緊張気味。お風呂に入る事になり、お湯が溜まるまでフェラしてもらう事に。経験が少ないと言ってはいましたが、少しぎこちない方が興奮します。カリの部分を徹底的に舐めさせた後、茎を舌先で丁寧になぞらせます。

*タマ袋も吸わせ、最後に口の中でピストン運動。頭を両手で押さえ、「歯を立てるなよ」と警告。そんな事を10分も続けていると彼女もつかれたのか「お風呂に入っていいですか?」と休憩を要望しました。全身を洗ってもらってそのままフェラ。結構長い時間咥えさせ、パイズリまでさせました。



お風呂で彼女の身体をしっかり堪能し、ベッドへ移動しました。私も結構溜まっていたので、ベッドに移ると騎乗位で挿入。「え…、ゴムは?」といわれたが、ディープキスでごまかした。いきなりだったので、それほど濡れてなかった彼女は痛そうでしたが、濡れていないアソコの摩擦も新鮮で、気持ちよかったし何より、彼女の表情が痛気持ちよさを表していました。





自分の欲のままにピストンを続け、疲れた頃に愛撫を始めました。大き目の胸は「感じにくい」と言っていましたが、嘘だったみたいです。大きく、激しく揉んであげるとかすかに声を上げ「ん、、、あっ」と喘いでました。入れたままだった結合部は、ピストンを激しくしたり緩めたりして彼女の反応を楽しみました。



徐々にアソコの滑りがよくなり、濡れてきているのがわかります。それならと、彼女の状態を起こし脚を大きく広げ下からガンガン突き上げながらクリトリスを指で刺激します。「イキそう」と言ったらそこで寸止め。それを5、6回以上繰り返して楽しんでいると狂ったように「お願い!イかせて!」と自分で腰を使い始めました。





それでもイク寸前で腰を押さえ、イかせません。「もう、お願い!イキたいの!」と大声で叫び、キスをしてきました。本当はもっと楽しみたかったのですが、俺も我慢できないくらいだったので「イ、イク!」と言ってさらに激しく突き上げました。「あ、ダメ、イク!やっとイける!」と彼女も腰を上下させます。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||

2015年12月17日 | エロい体験談カテゴリー:出会い系での体験談

このページの先頭へ