【寝取られ体験談】頼むから

私40歳 会社員 同棲中の彼女も40歳。何となく結婚話が無いまま同棲もほぼ10年近い。

彼女は頭も良く、凄い美人でスタイルも良く(道を歩いていると誰もが振り向きます)、以前はそれなりに定期的な体の関係もあったのですが、近頃はご無沙汰です。でも拒否はされません。求めればする訳です。



ここ2年ぐらい前から彼女が急速にセクシーになってきました。そのフェロモンには圧倒されるほどです。

同棲して見慣れなければ凄まじい色気でしょう。



綺麗になる彼女を見て、悪い気はしませんので何とも思っておりませんでしたが、ある土曜日で仕事が休みで私は自宅に居りました。



彼女は友人とお出かけするといって午前中に出かけて行きました。ところがです!

一緒に出かけるハズの彼女の幼馴染の友人が、自宅を訪ねてきたのです。



まさか自宅で待ち合わせとは知らなかったため、彼女が勘違いして出かけてしまったと伝えると、わざとらしい返答。



実は会う約束はしてなかったのでは無いですか?と聴くと、友人はそんなことは無いと言い去っていきました。




このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2015年2月18日 | エロい体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【風俗での体験談】パンストフェチ妄想日記

<>8:名無しさん@ピンキー:2007/04/27(金)07:21:27ID:72GLL9VK0<>

昨夜、夢の中に、演歌歌手の松原のぶえが、黒のカップの無いブラジャーに、薄い黒パンストを直穿きして、立っていた。

俺は、全裸姿で陰茎は腹につくぐらい勃起していた。俺は、のぶえに近付き、抱き締めた。そして乳首を母乳がでるかと思うくらい吸い、

陰茎は、のぶえの下腹に擦りつけた。それから、パンスト越しの恥丘に、かぶりつき、噛んだ。

膣口付近に穴をあけ、立ったまま前から膣に陰茎をいれた。下から上へと突き上げ、お互いの恥丘を擦り合い、陰毛がからみあった。

つながったまま、正上位になり、のぶえのムッチリした脚を抱え込み、つま先をしゃぶり、足の裏を顔に擦りつけ、パンストの感触を味わった。

射精感が近付き、膣奥に射精し、「孕め」と、叫びながら射精した。

そこで、目が覚めた。

<>9:名無しさん@ピンキー:2007/04/27(金)15:05:11ID:HCLI7FhF0<>

今日も朝から新宿駅に行き、パンストウォッチングしてきました。

何人かエロい脚をした女の後をつけまし、堪能しました。

これから西川口に行き、東京三菱UFJ銀行の前で視姦し、コンビにでパンスト購入後、風俗いきます。

嬢に穿かせて、パンスト生基板してきます。

パンストは、黒がいいかな。ブラウンがいいかな。

<>21:名無しさん@ピンキー:2007/05/09(水)18:36:44ID:pFjqzFfy0<>


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月15日 | エロい体験談カテゴリー:風俗での体験談

【レイプ体験談】ヤクザの元情婦の妻

<>371えっちな18禁さん2007/10/30(火)19:49:15ID:XyReTHUh0<>

37

離婚したっておちだろ。本当か嘘かは知らんけど、最後まで読みたかったね。



話は変わるが、1の場合は結婚生活の最中に起きた出来事だからショックが

大きかったろうね。俺の場合は嫁さんの過去の事だからそんなには気になら

ない。むしろ興奮しちまったよ。

最初に書いておくけど、俺の妻はパイパンだ。

と言うか、レーザー脱毛させられちゃったから一生毛が生えてこないし、

毛が無くなった所には蝶々の刺青が入ってる。

妻は×1で、その時に入れられたからどうにもならん。

出会ってしばらく経ってもやらせてくれなかった理由はそれだった。





<>372えっちな18禁さん2007/10/30(火)20:20:57ID:XyReTHUh0<>


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年2月11日 | エロい体験談カテゴリー:レイプ体験談

【おっぱいにまつわる体験談】夏期講習上京物語

今から数年前、夏の話。

東京で1人暮らしをしていたオレのところに従妹のミカがやって来た。

大学受験に備えて都内の予備校でやってる短期夏期講習を受けるために田舎から上京してきたのだ。

彼女の親戚で都内に住んでいるのはオレだけだったので、オレのアパートから予備校に通うことになっていた。

ミカの滞在期間は2週間、オレは待ち合わせの新宿駅まで彼女を迎えに行った。

数年ぶりに会う高校の制服姿のミカは驚くほど可愛くなっていた。

紺のブレザーに白いブラウス、襟元にはエンジ色の大きなリボン、グリーンチェックのスカートからは紺のハイソックスが見えていた。

まるで「三井のリハOス」のCMに出てくるような黒髪の細身美少女がそこにいた。

「シン兄ちゃん、久しぶりー」とミカは気さくに声をかけてきた。

正直なところ、久しぶりに会うミカにオレは緊張していた。

彼女の荷物はリュックとボストンバッグだけ、オレはバッグを持ってやりながら駅の構内へ向かった。

何度か電車を乗り換え、ミカと話しながらアパートへ帰った。

途中のファミレスで夕食を食べてから家に着いた、時間は夜の10時頃になっていた。

明日から夏期講習が始まるミカはスグにシャワーを浴びて寝てしまった。

シャワーから出てきた彼女はTシャツにジャージのズボン姿、ほんのりとブラジャーが透けて見えた。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月4日 | エロい体験談カテゴリー:おっぱいにまつわる体験談

【修羅場の体験談】離婚をしてはみたものの・・・

782名無しさん@お腹いっぱい。sageNew!2007/02/15(木)15:12:01

妻の浮気現場発見、と言うか後つけたんだけどさ。

最初は俺の勘違いと思ってたが、

・まず全てがそっけない

・出かけるのが好きだったのに、誘っても来ない

・当然夜は拒否

・昼間電話しても居ない事が多く、聞くとスーパーに行ってた、友人Aさんの家に行ってた

・子供3歳が毎日夜泣きをする、しかし放置

・怒りっぽくなったと思ったら、急に気持ち悪い位優しくなる

こんな感じでこれは明らかに変だと。

特に友人宅へ行く回数があまりにも多く、

スーパーに行ったといってても夕飯は店屋物や冷凍食品。

それで家の中は冷え冷えとした空気になり、

ある日休みを取って後を付けたわけ。




このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||

2014年1月28日 | エロい体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【友達との体験談】眠ってるところを拙者が(続編)

前編:眠ってるところを拙者が





#オリジナルの原典ログを発掘しましたので、

#続編を登録させていただきます。



どうやらまだ彼女の身体には酔いと睡魔があったようなのです。

で、長い話になりましたがいちおうこれで「第一部」は終わりです(w

実はこの後、拙者が朝に目覚めてからまだ眠ってる彼女に、再びいたずらをしてしまったのです(w

一晩寝てアルコール(酔い)の抜けた彼女に再びチャレンジしてしまいました(w

まぁ、また希望者&機会があれば書きたいとは思います。

読んでくれてたみなさん、どうもありがとうございました。





今夜はあまり時間がないのですが、ちょっとだけ続きを書こうと思います。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||

2014年1月23日 | エロい体験談カテゴリー:友達との体験談

【修羅場の体験談】中1娘がパパに処女あげるっていうからぶん殴ったけど

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/11/10(日)20:49:35.04ID:fA2jVbWn0



賞状あげるだった…



嫁に変態扱いされて家に居づらくてネットカフェなう



notitle







引用元:







2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/11/10(日)20:49:57.66ID:JiO1+/Md0


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||

2013年11月15日 | エロい体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【浮気や不倫の体験談】愛人作っちゃった俺www

僕には愛人がいるんです。



僕が愛人関係を好むようになったのは

結婚してから、結婚すると、その先の未来を妻との関係を

良好にしていかないといけないのですが、

なかなか思い描いていた、結婚生活とは、違い、

結婚生活にはなにも潤いも、刺激もありません。



そんなときに同僚から聞いたのが、愛人の存在

その人は、結婚生活に不満はないという人で、その方に僕は

結婚生活を楽しめるコツを聞いたんです。



すると即答で愛人を作ることといっていました。

『結婚していることをちゃんと理解してくれて、自分の結婚生活へは

足を踏み入れない女性と愛人関係になれば、いつでも恋愛気分だし


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||

2013年11月4日 | エロい体験談カテゴリー:浮気や不倫の体験談

【人妻体験談】愛人がいる俺の体験談

僕には愛人がいるんです。

僕が愛人関係を好むようになったのは

結婚してから、結婚すると、その先の未来を妻との関係を

良好にしていかないといけないのですが、

なかなか思い描いていた、結婚生活とは、違い、

結婚生活にはなにも潤いも、刺激もありません。

そんなときに同僚から聞いたのが、愛人の存在

その人は、結婚生活に不満はないという人で、その方に僕は

結婚生活を楽しめるコツを聞いたんです。

すると即答で愛人を作ることといっていました。

『結婚していることをちゃんと理解してくれて、自分の結婚生活へは

足を踏み入れない女性と愛人関係になれば、いつでも恋愛気分だし

妻とのセックスレスの不満も消える。

妻には悪いけど、充実してる生活を自分が送ることで

妻もそれなりに嫌な顔をしなくなる。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||

2013年11月2日 | エロい体験談カテゴリー:人妻体験談

【友達との体験談】綾香のオシッコお漏らし

報告します。

綾香、また、オシッコをお漏らししてきました。

今、綾香は、前に来たインターネットカフェに来て書き込みしています。

今日の服装は、もちろん、ミニスカノーパンでパイパンのワレメはオシッコの匂いで臭くなっています。

最初の告白の場所は、行った事のない無人駅。そのときの服装は、グレー色のレギンスを直穿きして上は普通のTシャツを着ていました。

平日の夜9時くらいでした。待合室には綾香一人。しばらくオシッコを我慢していたので限界に来ていました。

特急の通過するアナウンスが流れてきました。綾香はホームに出ました。電車が来るほうにお尻を向けて大きく足を開き後ろに突き出すように立ちました。電車が近づいてきました。綾香は我慢していたオシッコをお漏らししました。

綾香がオシッコをお漏らししている後ろを通過する電車。乗客に見られているはずです。恥ずかしいけど気持ちいいのです。

電車が通り過ぎてもしばらくオシッコは滴り落ちていました。やっとオシッコが止まると綾香はそのままの格好で待合室に戻りました。綾香は、椅子の上に置いてあるバックの中から、ミニスカートと黒のニーハイソックス、それに、ピンク色のTバックのパンティーを取り出しその場で着替えました。綾香は利尿剤と大量のお水を飲んでいるので一時間もすればまたオシッコがしたくなるはずです。後、1時間半くらいで各駅停車の電車が入ってきます。綾香は、いったん車に戻りました。荷物を車に置き、駅から離れたところの公園に歩いていきました。20分くらい歩いてようやく付きました。

当然、誰もいません。綾香は入り口のところでTバックのパンティー脱いで入り口の門柱の上に置きました。少し歩いたところのベンチのところでミニスカートを脱ぎベンチの上に置きました。これで、綾香の下半身はソックスと靴だけしか穿いていません。パイパンのワレメもお尻も丸見えです。綾香は、そんな格好のまま入り口の反対側にあった出口のところの自販機でジュースを買いました。車も人も誰も通りませんでした。綾香はジュースを飲みながら公園に入りました。ブランコに乗ったりジャングルジムに登ったりして時間をつぶしていました。その間、公園の前をタクシーが一台通っただけでした。

綾香は、オシッコがしたくなってきたのでミニスカートとTバックのパンティーを穿き駅に向かい歩き出しました。

すると、さっきのタクシーとすれ違いましたが気にもしないでそのまま歩いていました。

電車が到着する10分前に駅に着きました。待合室に入るとお酒の匂いがしてきました。椅子に横になっているサラリーマンのおじさんが寝ていました。さっきのタクシーに乗っていた人だと思います。たぶん。次の電車が最終なのでこれに乗らないと帰れません。綾香は待合室の外に立っていました。電車が入るアナウンスが流れてきました。おじさんはそれを聞いて起き上がりホームへ出て行きました。綾香はその後を気付かれない様に着いていきました。電車が到着し扉が開くとおじさんはよろよろと入っていきました。電車からは誰も降りてきませんでした。おじさんは入り口の向かいの席に座っていました。綾香のほうを向いて座っていたので綾香が立っているのが見えている筈です。車掌さんが電車に乗りドアが閉まりました。綾香は足を大きく開いて立ち、スカートを捲り上げました。当然、おじさんはびっくりした顔で見ていました。綾香はオシッコをお漏らししました。

Tバックのパンティーからはオシッコがすごい勢いで滴り落ちています。おじさんは扉の窓ガラスのところに張り付くようにして見ていました。電車がゆっくりと走り出したとき、綾香はTバックのパンティーを膝の所まで下ろし、パイパンのワレメからオシッコが噴出すところを見てもらいました。おじさんはずうっと見ていました。電車が離れていくとオシッコも止まりました。綾香はTバックのパンティーをその場に脱ぎ捨てて車に戻りました。車の中で綾香は、クリトリスを擦りながらオマンコの穴に指を出し入れしてオナニーをしました。何回もアクメに達してしまいました。これが最初の告白です。

次の告白は、行ったことのない公園です。平日だったのでほとんど誰もいませんでした。でも、砂場には小さい子供が二人ほど遊んでいました。周りには大人はいませんでした。綾香は、砂場の横にあったベンチに座りました。この日の服装は、フレアーのミニスカート、Tバックのパンティー、ニーハイソックスという格好でした。当然、オシッコも限界になるほど我慢した状態でした。この公園にはトイレがありませんでした。綾香はモジモジしながら子供たちに近づきました。子供たちの前でしゃがみ込み子供たちにトイレがないか聞きました。当然、綾香のスカートの中は子供たちからは丸見えでした。子供たちは明らかにスカートの中を見ていました。「ここにトイレはないよ。」一人の子供が答えてくれました。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||

2013年11月1日 | エロい体験談カテゴリー:友達との体験談
1 / 512345

このページの先頭へ