【妹との体験談】「妹と姫初め」(妹と同居を始めた)

今年の元旦に妹のノリと姫初めをしてしまい、その後は妹とセックスを繰り返した。

そして、賃貸マンションを借り、妹と同居を開始してもうじき3週間になる。

まるで新婚夫婦みたいな感じになってしまって、このままでは実質兄妹の近親相姦夫婦になってしまいそうな状態だ。3月下旬に物件を見つけて、さっさと契約した。

ノリも一緒についてきて、二人の新居をあちこちと探しまくった。

まあ、築5年の新しい物件が見つかり、4月12日、13日で引っ越しをして同居を開始した。

まあ、片付けやソファ、テレビや電話とかの関係もあって、14日、15日と2人とも休みをとってだった。

3LDKで家賃が11万円。俺が7万、妹が4万出すこととした。

ノリの部屋は6.5畳、俺が7畳の部屋をそれぞれの部屋として、もう一部屋は共通の部屋とした。

もちろんリビング、キッチン、風呂、トイレは共通だ。

家電やリビング用品も二人で貯金を出し合って買った。引っ越しが終わって最初の夜。

「お兄ちゃん、これからはたくさんノリと一緒にいる時間ができるね!」

「おお!本当に良かったよ。大好きなノリがいつもそばにいるもんな。」

「ねえ・・・お兄ちゃん、たくさんノリのこと愛してね?・・・キスしよっ?」

ダンボールの山の中で抱きあって、ずっとキスした。

誰が見てもラブラブカップルにしか見えない。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | エロい体験談カテゴリー:妹との体験談

【風俗での体験談】30歳最高のフェラチオ

ついこの間とうとう30歳の誕生日を迎えた。

恥ずかしい話、彼女いない歴30年目突入・・・。

未だに女の子のおっぱい以上触れたことなし・・・。

女の子に触りたいな・・・なんて思いながら

いつも無修正動画で妄想しながらオナニーの日々。

30歳になり危機感を覚えた俺は遂に

まずヘルスで女の子に慣れようと思い

意を決して横浜のヘルス街の店を調べまくった!!

だがしかし・・・多すぎてどの店がいいのかわからない・・・。

若い女の子の店なんて、緊張するから怖くて行けないし

かといって同年代の女の子がいる店はなんか過激すぎて

今の俺にはハードすぎる・・・

そんなことを考えながら消去法で一軒に絞った!!

若くもなく、ババアでもないちょうどよさそうな店。

安くて嬢もいいと評判のお店があったので、


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2015年4月17日 | エロい体験談カテゴリー:風俗での体験談

【恋人との体験談】リアル過ぎる日本のラブドールに英紙衝撃 もう恋人は不要

リアル過ぎる日本のラブドールに、英紙衝撃 “もうガールフレンドはいらないかも…”

2014年08月14日18:10NewSphere



 ラブドールの製造・販売大手オリエント工業が、1体たった1000ポンド(約17万2000円)ほどで、人間の女性と見分けがつかないほどの肌質や目の輝きを持つダッチワイフを開発した。





 同社は、現在の売れ行きから大ヒットは間違いないと自信をみせている。英紙など複数の海外メディアが同社のラブドールについて取り上げている。





【超リアルなガールフレンド】



 英デイリー・ミラー紙は、多くの男性にとって、理想の女性に出会うには時間がかかる。しかし、ある企業がその女性を数日のうちにあなたの家の前に届けてくれる、と記事を始めている。





 オリエント工業は、現在の技術で成しうる最もリアルな人形たちを販売している。最新作は、高品質シリコンの皮膚で覆われ、非常に人間に近い質感だ。一目見ただけでは、人間のガールフレンドとほとんど見分けが付かない、と海外メディアはその見た目の精巧さに驚いている。実際、メディアに掲載されている写真は生身のグラビア写真のように魅力的だ。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||

2014年8月16日 | エロい体験談カテゴリー:恋人との体験談

【恋人との体験談】ダッチワイフの未来技術

1:オーバーテクナナシー:2001/08/19(日)13:27ヒューマノイドロボと合体だ!!

欲しいぃ〜!





..3:オーバーテクナナシー:2001/08/19(日)15:59ホンモノの娘みたく動いたりしゃべったりするまであと何年かかるかなぁ、ハァハァ



4:オーバーテクナナシー:2001/08/19(日)16:11動くのにあと50年で喋るのがその50年後じゃねーの?



5:オーバーテクナナシー:2001/08/19(日)21:06>1

俺、彼女と結婚するYO



6:オーバーテクナナシー:2001/08/19(日)21:44一瞬生身の人間かとおもたヨ>>1



7:オーバーテクナナシー:2001/08/20(月)15:25びっくりして ボキしちゃったYO




このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2014年4月7日 | エロい体験談カテゴリー:恋人との体験談

【近親相姦体験談】かわいい娘婿

私は51歳。一回り年上の主人との性生活はここ5年ほどありません。女として私をみてくれない主人。

でも、私は女。主婦でも女、母親でも女、閉経していても女、死ぬまで女です。性欲もあればオナニーもします。

そんな私があろうことか、娘のお婿さんと関係を持ってしまいました。

軽度の妊娠中毒症で入院した娘。近くに住む婿の一樹さんが夕食とを取りに家に来ることになりました。味気ない主人との二人きりと違って華やぐ食卓。お酒に弱い主人と違ってビールやワインの相手もしてくれます。そして、主人がお友達の葬儀のために○県に2泊する、と家を明けた昨年の初夏のある日。一樹さんと二人きりの食事の後、居間でワインを飲みながらの会話。

「一樹さんも色々と大変ね」

「いやぁ、お義母さんが夕食作ってくれるんで助かりますよ。洗濯と掃除は大変ですけど」

「一樹さん、あっちの方はどうしてるの?N(娘)がいないんで大変でしょ?」

「え?」

「夜が寂しいでしょって聞いてるの。浮気はだめよ。変なお店に行ったりしてるの?」

「あぁ、いやいや、僕は風俗は嫌いだから。なんとか一人で適当に・・・。たはは。なんか照れますね、こんな話」

彼は顔を赤くして言いました。私は寝室のタンスから袋を取り出して一樹さんに渡しました。

「なんですか?これ」

「エッチなDVDなの」

「え?お義母さんたち、こんなの見るんですか?」

「いやねぇ、見やしないわよ。お父さんが新年会の景品でもらってきたの。一樹さんにあげるわ」彼は袋から3本のDVDを取り出して


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年2月22日 | エロい体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【寝取られ体験談】渡辺さんとFカップな彼女4

先ほど彼女と外食をしてきました。上の方で書かれているように、彼女にお願い出来ないものかと思いました。

彼女の家じゃなくて、外食にしたのは、周りに他人がいればお互い冷静に話しが出来るんじゃないかと思ってです。

少しだけお酒を飲んで食事が中盤に差し掛かった頃、彼女に渡辺さんのことを話してみました。

会話の内容は概ね以下の感じです。

「明日から渡辺さんとまた一緒だね」

「そうだね」

「・・・え〜と」

「心配?」

「心配って言うか・・・あれから渡辺さんとは結局会ってないの?」

「うん、連絡は今でも来るけど」

「そうなんだ・・」

「さっきから変」



「初めて教室で見たの・・凄かった。綺麗だったし」

「・・・・」


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2014年2月17日 | エロい体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【職場での体験談】セルロイドドール

まなぶとか、岸利徹とかは何やってんだよ。

こっちはずっと待ってんだよ!

クソが。



しかもオーメダルは品薄だしよ!

もうやってらんねぇ。



刺身野郎とか、馬鹿じゃねえの!

こいつは相当の自演野郎だし。



-以上-

エロ体験談関連タグ



2014年2月10日 | エロい体験談カテゴリー:職場での体験談

【マニアックな体験談】女性のためのドッグセックスへの招待

 獣姦−動物と性的関係を持つこと−は、長い間禁じられてきた問題でした。「病気」とか、非倫理的だとか、変態だとか見なされてきました。このテキストで私は、獣姦の一種である犬とのセックスについて説明したいと思います。私がこのテキストを書く理由は、私の知識を他の女性達と(興味があるとか、やりたいけど踏み切れていないとか、やり方が分からないとか、存在自体知らなかったとか、そういう女性達と)分かち合いたいと思ったからです。



歴史



 獣姦は決して新しい発明ではありません。現代の堕落した人間の頭が生み出したものではありません。信じようと信じまいと、それは、何千年も前から知られてきました。ギリシャのヘラス帝以前に、人間と動物又は獣人との関係が神話に残っているのです。動物が男性役で、人間の女が女性役という物語は、女にとってとても興味深く感じられます。しばしば、物語はとても詳しく書かれていて、ほとんどの場合女性は妊娠し、神や獣人や獣のような子供を産むことになります。これらの物語を信じる人がいるかどうか知りませんが、少なくとも、現代を迎えるずっと以前からこのような考え方があったという事は分かります。このようなことが起こったかどうかは知る由もないですが、想像は難くありません。



 技術の進歩に従い、人間は田舎から都市へと生活圏を移してきました。これにより私達は農村を去り、人間と動物の間の溝を広げていきました。これで獣姦は劇的に減っていったでしょうか?実際はそう簡単ではありませんでした。都市部の住宅に住むことにより、ペットを家の中で飼うようになりました。そして人間とペットの親密さが増し、多くの人がペットを、特に犬を、東部風に住居の一部だと考えるようになりました。犬は家族の一員となり、共に眠り、食べ、日々の暮らしの一部となっていったのです。これは女性にとっては、動物とのセックスを楽しむ機会が増えたということになります。



 タブーであるが故に、動物とのセックスを楽しんでいる人の正確な数を調べるのはとても難しいことです。しかし、1992年ドイツで出版された「ハフナーセックスリポート」によると、農村での14%の人が動物との定期的なセックスを行っているということです。もちろんこれは、農村で見られるあらゆる動物や、動物とセックスをした男性の数も入っています。報告によると、さらに3%の人が周辺領域(動物による自慰行為や動物の性器で遊ぶといったような)にいます。このドイツの報告は数千件の農村においての聞き取り調査を基にしていますが、都市部でも全女性のうちの2〜3%が犬とのセックスを試した、としています。これらの女性の8割が、定期的な犬とのセックスをしているそうです。自分自身の経験に照らしあわせると、この調査は正しく行われたと思われます。犬とのセックスは非常に刺激的で、もし「ちゃんとした」やり方で行えば、「普通」の男性とのセックスよりもずっとエキサイティングなものです。動物とのセックスをするのはとても簡単です。多くの女性は、動物とセックスするとか、獣のように扱われたいとか、動物のように楽しみたいとかいうファンタジーを持っていたり、自分自身の中に特定の動物への欲望を感じていたりするからです。動物とセックスしたいと言う女性はまれですが、事実はその反対です。心理学の研究によると、女性の8割は動物のように扱われたいという秘めた願望を持っているそうです。だから、それをやろうと決心するだけです。もしあなたがそうしたら、あなたはとても幸せになれるでしょう。私を信じてください。



まえがき



 大事なことを一つ言い残していました。犬とのセックス方法を紹介をする前に、私自身のことをお話ししたいと思います。私の名前はアンナ、他の事は読者には伏せておきますが、どちらかというと社会的に尊敬されている立場です。私はずっと犬狂いの人生を送ってきました。そして、私は自分の知識が、これから犬とセックスしようとしている人や気持ちよくなりたくてヒントを求めている人たちへの助けになれば、と願っています。私は、18歳の時からずっと定期的に犬とセックスしてきました。一番最初は16歳の時で、セックスの経験はそんなにありませんでしたが、なんでも自分の体で試してみたいと思っていたころでした。それまで、2、3人の男の子と経験していましたが、彼らも私と同様経験不足で全然気持ちよくありませんでした。それが、飼犬とのセックスで全てが変わりました。私をいかせてくれたのは、私の犬が最初だったのです。それはめくるめく体験でした。23歳の時、私はイタリアのリビエラの犬の育成所で働き始めました。その育成所は高級なところで、純血種や質の高い混血犬が扱われていました。この時期に、私は100匹以上の犬とセックスをしました。違った犬とセックスするのは楽しいことでした。もちろんお気に入りの犬とは何度もセックスしていました。私は、ほとんど毎日、そして時には他の従業員のいない週末に、犬とセックスしていました。結婚する前は、何度も犬とセックスしていました。一人で横になって、次から次へと訪れるオーガズムを楽しんでいました。このように、私は何匹もの犬とセックスするのが好きです。特に、育成所が休みの週末には、夫と6〜7頭のお気に入りの犬達と一緒に、一日中セックスを楽しみます。二人とも(少なくとも犬相手には嫉妬しない夫なので)すごく楽しみます。彼は、私が次々とオーガズムを迎えるのを見るのが好きなようです。



 私には、二人の子供がいます。男の子と女の子と。だから、外からだとあなたは私の家族を「普通」の家庭だと思うでしょう。犬とセックスしたからといって、変わった人間になるわけではないのです。その違いは、もっと気持ちのいいことがあると、発見したというだけなのです。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年1月29日 | エロい体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【友達との体験談】彼女が風俗嬢だった過去1

彼女が風俗嬢だった過去を告白してきた話はここでいいの?彼女とは趣味のサークルで知り合った。

顔は誰に似とるとかはなくて普通。整ってる。胸が大きくてF以上

(ブラがFで本当はそれ以上あると言っていた)友達として何度か飲みに行ったりカラオケ行ったりしてた。

半年くらいして彼女から告白してきて付き合うことになった。彼女は小さな飲食で働いてて、チーフみたいな立場だったので店に最後まで残ることが多くて

俺もそれに付き合って閉店後はそのまま店内で飲みながら話してた(Hはしなかった)

俺はK、彼女はM、以降関西弁で

ある日いつものように店に残って飲んでると彼女が思いつめた顔で「K君とこれからもちゃんと付き合いたいから知っといて欲しいことあるねん」と言ってきたので俺は、借金?家族にめんどいのが?メンヘラ?宗教?とドキドキした

そんな俺を知ってか知らずか彼女はもったいつけることもなくハッキリ言った「わたしな、風俗しててん」なんか全身がエレベーターが止まった時みたいにフワっとなった

風俗に至るまではエッチ要素もないので要約・小さな店を始めたくて友人と金策したがその友人が金もって消える

・怖い人も絡んできて自分は逃走不可

・派手なタイプじゃないしキャバは無理。

・デリヘルで面接、即採用、即日デビュー

・一年キッカリで借金返済

・俺と会って現在に至る借金の額は○百万だったが俺の貯金で返せる額。なんだよそれ。

頭がぐらぐらして吐きそうな俺。その俺の前に彼女がノートPCを置いた。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2013年11月8日 | エロい体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻体験談】彼女の隠れた性友

最近、気づいた衝撃的な出来事を書きます。

私は、大学1年になる学生で、サークルで出会った女性に一目惚れしました。

彼女の名前は志乃、身長165cm位で胸は推定Fカップ、体のバランスも良くムチムチっとした

体系ですが、締る所は締まっているって感じの男好きな体をしていました。

サークルでも彼女を気に入っている学生が多く、特に上学年からは絶大な人気がありました。偶然にも彼女の自宅と私のアパートは近く、親密な関係になるのに時間はかかりませんでした。

見た目とは違い、彼女もエッチが好きだったのか?付き合って直ぐに肉体関係に・・・。

彼女の体は予想以上に素晴らしかったんです。俺は結構Sで、ちょっとアブノーマルなSEXに

興味があり、彼女に少しずつ試してみると、案外イケる口(すんなり受け入れてくれた事)に驚きました。初めて彼女の家に行ったのは、交際2ヵ月が経った頃でしょうか?

彼女の父親は、大手企業の幹部らしく出張も多く、家に居る事がほとんど無いと言うのです。

母親も看護婦で、夜勤も多く昼夜を問わず出かけるそうです。

そんな娘を気にしてか?一匹の犬(ラブラドール)を飼っていたんです。名前はマロン!雄犬です。

彼女の家に入って直ぐに出迎えて来たのは、マロンでした。

マロンは、志乃に懐いていて、いつも近くにいました。

動物好きな俺は、今まで出会った犬にも好かれ、直ぐに懐くんですが、何故かマロンは違っていたんです。

変な犬だな!!!ってその時は思いました。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2013年11月7日 | エロい体験談カテゴリー:人妻体験談
1 / 41234

このページの先頭へ