【出会い系での体験談】社会人ってどこで出会うの

1:(‘∀)2013/02/1213:06:52.87

マジでわからんのだが



出会い系やカップリングパーティーはあるが、最終手段という感じがしてしまう。

普通の人はどこで彼女を見つけてるんだ?



2:12013/02/1213:20:13.91

ちなみに俺は職場では同年代の女の子とは緊張してなかなか話しかけられないので

(そもそも部署が違うからわざわざ話しにいきづらい)

今のところ出会いは出会い系やカップリングパーティーに頼ってる状態です

後者でカップルになれたけどデートしたあとメール無視されるようになって終わった

前者では何人かと会ってるけど、顔が微妙な子ばかりで一回会って冷めてしまう

(俺の理想が高すぎる?)

可愛い子もたまにいたけど、会話が弾まなくて、だめだった




このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2015年12月28日 | エロい体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【手コキの体験談】人妻に

僕の小学生時代、クラスで女子による男子イジメというのが流行っていた。

担任の女の先生も見て見ないふりをしていた。(逆の場合は叱られたけど)

当時、女のような顔で華奢な体をしていた僕は特に女子のイジメにあっていた。

数人の女子に体を押さえつけられズボンとブリーフを脱がされたり無毛で小さなペニスを皆で触られて遊ばれていた。

その頃から僕は女の人からイジメられるのが快感になってしまった。



そして今、僕は25歳になった。

先日、スポーツクラブで仲良くなった人妻さん4人から忘年会に誘われた。

こうして飲むのは久しぶりのようで皆さんかなりのハイペースで飲んでいた。

そして酔った勢いでゲームが始まった。

最初は人妻さん達が負けて一気飲みの罰ゲームだったが、僕が負けて罰ゲームになるとかなり酔った人妻の松本さんが

「一気飲みだけじゃつまらないわ。Y君、ズボンを下ろして〜」というと皆

「わーい!」と大拍手。

僕はすごく恥ずかしかったけど一気にズボンを下ろしてブリーフを見せました。

「えー!Y君ってブリーフ派だったんだ。それにしても派手なビキニね。そんなパンツ何処で買うの?」


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||

2014年2月19日 | エロい体験談カテゴリー:手コキの体験談

【露出体験談】露出体験を幾つか

私が、地元のたくさんの人に裸を見られてしまった時の話をします。



私が高校一年のとき、地区の子供会で水泳大会がありました。

参加者は、原則的に地区の小学生、中学生とその両親でした。

私は高校生ですから参加しなくてもいいのですが、中学一年の弟が風邪で出場できなくなったため、参加することになりました。



高校では水泳部でしたが、泳ぎがうまくないのに競泳用は恥ずかしいため、前日に新しいのを買ってもらいました。



ツーピースの水着です。

ビキニではなく、至って地味でおヘソがのぞく感じの物でした。

着替えがし易いようにツーピースにしたのです。



そして翌日、地元の中学校のプールで水泳大会が行われました。。

私が弟の代わりに出場するのは、「ずぶぬれ競争」というものです。

ジャージの上下を着て、リレー形式で4人が25mづつ泳ぐものです。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||

2014年2月3日 | エロい体験談カテゴリー:露出体験談

【レイプ体験談】友人の母を酔わせて…

22才の大学生です。

今僕が通っているスポーツクラブのプールで、小学生の頃よく家に遊びに行った

友達のお母さんと再会しました。

若くてきれいなお母さんで、ちょっと好きでした。

久しぶりの再会に、水泳そっちのけでよく喋りました。

僕はクラブにたまにしか顔を出さないので知りませんでしたが、

肉体を若く保つため、ずっとトレーニングしてきたらしく、

その体はやや肉厚ではあるものの、よくシェイプされていました。

うちのお袋とはえらい違いです。



話が弾んで、帰りに食事に誘って、お酒も飲みました。

わたし全然飲めないのよ、と言うおばさんに、いいからいいから、

とワインなどをたくさんすすめたところ、酔っ払ってフラフラになってしまいました。

おばさんの肩をかついで帰路につきましたが、僕の体にしなだれかかる

おばさんの匂い、歩く振動でボンボンあたるでかい乳、昼間の水着姿・体の線を


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||

2014年1月31日 | エロい体験談カテゴリー:レイプ体験談

【友達との体験談】半熟成卵巣シリーズ(6)

『 第六章 華麗なレオタード 』



ひまわりと小麦色肌の少女達が合う季節になった

ワンピースから覗かせる焼けた肌と素肌の境目はスクール水着の跡が残る

夏休みも後わずか宿題の追われる毎日を送る少女達 そして俺のマンションの

少女達の溜まり場 1室から聞こえる宿題に追われる絶頂の叫び声

「もおっ 夏休みの宿題が終わらないよぉ ねぇ 真弓ちゃん見せてよ」

「えっ 裕子ちゃん 自分の事は自分で遣りなさい」

「だって 分からないだもん ねぇ 8月2日は晴れだったかな雨だったかな」

優等生の真弓に見放された裕子が俺の部屋に来た

「おじさん うふっ♪ 宿題教えてよぉ・・・・ねえったら・・」

「おっ何だぁ 裕子ちゃんも腹巻のような洋服を着るのか」

「腹巻・・・ぷっふふっ これはねチューブトップと言うの 腹巻だってふふっ」

「その 何だぁ チューブトップと言う腹巻は動いていて落ちないのか」

裕子は上半身を左右に振ったり上下に飛んだりしながら


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2013年10月15日 | エロい体験談カテゴリー:友達との体験談

【スカトロ体験談】拝啓 ご両親様 乱筆乱文お許し下さい その1

拝啓

お父さん、お母さん、お元気ですか。ご無沙汰致しております。

お陰様で、尚子は34歳になりました。相変わらず、専業主婦をやっています。

主人は39歳、むすめは9歳になりました。後はまだ出来ません。作る気もありません。

主人との夜の夫婦の営みは4年前から有りません。

わたしは決して嫌いな方ではないのですが、主人の浮気が元で、そもそも淡泊で一方的なセックスに嫌気がさしていたので、ずっと拒否っています。

その代わりに、今も素っ裸の身体のまま主人が毎日使っている枕を腰の下に敷いて、

両足を大きく開いて両方の腕で膝を抱え込み、

屈曲位の体勢で、主人ではない男のいきり立った肉棒を蜜壺にくわえ込んで痙攣しそうなくらいにヨガっています。

この男が要求してくる絶対主人の前では口にしない卑猥な言葉「チ・ン・ポ」の3文字を平気で口にしながら、

肉棒の出入りを楽しんでいます。

そして、そのピストン運動をいやらしい卑猥な言い方でおねだりし続けているのです。

「あなたのチンポ気持ち良い」「もっと奥まで突いて・・・」「このビンビンに立ったチンポで掻き回して」・・・と言いたい放題です。

おまけに全神経を膣壁に集中させてそのチンポとの摩擦で生じる全ての快感をむさぼり思いっ切り味わっている淫乱人妻なんです。私は・・・。

激しく私の蜜壺にチンポを差し込んでピストン運動をしている男の腰の動きがさらに激しく速くなってきました。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2013年9月2日 | エロい体験談カテゴリー:スカトロ体験談

【浮気や不倫の体験談】萌えコピ史上でも三本の指に入るビッチw

シューアイスというオタブロガーがいる。

ここではこの話題を嫌っている人もいるので最初に書いた。

20代後半の専業主婦で田村ゆかりという声優が好きな女。

こいつがとんでもない美女だがとんでもないビッチ。京大法学部卒業という証言もあるのだが、ネットに弱くたびたび誤爆する。

表ブログではオタ記事。裏では浮気相手や夫とのことを、画像を交えて書いている。

最近のシューアイスことMIKIちゃんのセフレは、夫の元上司。夫はかなりこの人のことを嫌っていて結婚式にも呼ばない関係だったらしい。(裏ブログより)

出産後にスポーツクラブで会って、最初の頃は最悪だの気持ち悪いだの書いていたが、一週間後にはメシに誘われ、そのままホテルという最悪なビッチ。

セフレなら何の問題もないとは思うが、このビッチこともあろうにM人という夫の元上司と生ハメまでしている。それどころか孕ませまでさせられている。



書いている文章は裏ブログと同じ形式。表と裏を間違えて誤爆しているようだ。これで何回目の誤爆だよw







大きいらしい。ホビロンという投稿で大きいのは嫌いと書いていたくせに、デカいのにハマっているようだ。




このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||

2013年8月31日 | エロい体験談カテゴリー:浮気や不倫の体験談

【職場での体験談】スポーツクラブが縁で

酔っても襲われないと思われるのか、何度かあった内の1エピソード。

会社も変わったし、時効だと思うので…

昔いた会社がスポーツクラブの法人会員になっていた。

かなり安く使えるので使いたかったが、制度がよくわからず同じ部署の人に聞いたら他部署の女性(自分より22〜23歳上)が利用してる事が判明して、スポーツクラブの使い方の話を聞いたら一緒に行くことに。

やりたいことが違うので(自分はマシン、その人はエアロ)、終わってからシャワー浴びてもう一度集合と言うことになった。

ジムのチェックアウト手続き終えて集合場所で待ってると、「お待たせしました」って言って彼女が出てきた。

夜会社の後だったので、運動の後だったのでとりあえずなんか食べてから帰ろうと言うことになり、近くの居酒屋に入った。

定番の居酒屋メニューと自分はまずビール、彼女は梅酒ソーダを頼み、食事というより仕事帰りの一杯って言う感じになった。

普段は申請書類を渡すときとかにちょっと話すだけだったが、ジムと言う共通の話題があったので意外や話は盛り上がった。

その後仕事の話になり彼女が、上司の愚痴を言い始めた頃からピッチが早くなり始めた。

酒が強いのかもしれないが、一応「ピッチ早いですけど大丈夫ですか」と聞く。

「大丈夫、大丈夫」と言って、途中から変えた梅酒ロックのお代わりした。

(梅酒ソーダX3、ロックX2)

その後日本酒も…この頃には結構トローンとしてた。

帰りも考えてたので自分は生3杯半位でやめてた。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||

2013年8月17日 | エロい体験談カテゴリー:職場での体験談

【人妻体験談】人妻と

スポーツクラブ内のラウンジでパートをしている30才の主婦とSEXした時の話。僕はそこでイントラをやっていて、休憩の時にいつも利用するので仲がよかった。きっかけは、新スタッフの歓迎会の時で、居酒屋で『僕、ミワさんタイプです。』と酔った勢いで言ってから。(でも、僕がミワさんに気があることはとっくに気づかれていたと思う。)

2次会にはいかず、その場を去ろうとした時、『ホント?一緒に帰ろっ!』と誘われた。駅のホームのベンチに座ると手を握られた。『旦那さんに怒られますよ?』と言うと、『もう私になんか関心ないから平気よ』と握る手を引き、肩にもたれてきた。『酔っ払いすぎですよ・・・』と言うと、『私、酔うと記憶なくなっちゃう。』と意味深な顔で笑いかけてきた。『え?』と、どういうことかな・・と考えていると、『私もけん君のこと気になってるよ。』とミワさんが言った。電車でひとつ先の駅で降り、僕の部屋にミワさんがきた。部屋につくと、『時間あんまないかも・・・』と僕の口の中にベロを入れて、物凄いキスをした後、言った。『いいんですか?』とわけのわからないことを言うと、ニコっと笑って『フェラしてあげる』とベルトに手をかけた。

子供もいて7歳も上だから身体に自信がないらしく、ミワさんのオマンコも胸も見れなかった。というのは、パンツだけ脱いで、服を着たまま『・・・入れて』と言われたから。ぐっちゅり濡れてて、ズボっと入った。入れた瞬間、ミワさんはもの凄い声をあげた。『あ”———– すごぉ–い。いい–。』その声に僕のちんこは更に硬くなった。奥まで入れるのが好きらしく、深く入ると声が高くなった。小刻みに速くすると泣く様に喘いだ。『あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ いくぅ—-』のミワさんの声で、さらに激しくマシンガンバリに腰を振った。ミワさんの中はもちろん、服の上に出すわけもいかず、『ああ、イキそう・・どうしよ?』というと、『イクの?いいよ。ちょうだい』と頭をあげて僕を見た。ぎりぎりまで腰を振り、限界とばかりに腰引くと、ミワさんは、僕のちんこを咥え、手でしごいた。手の動きも頭の動きも早く、最後の最後まで吸い取られた。イッた後も、しばらく舐めてくれた。この日はこの1回だけだったけど、その後半年間、セフレとしてつきあって、オナニーを見せてもらったり、クラブ内のトイレで口と手でしてもらったりした。

エロ体験談関連タグ

|||||||

2013年8月11日 | エロい体験談カテゴリー:人妻体験談

【人妻体験談】クッキー缶のビデオの続き教えて!

誰かこの話の続き教えて!オルフェノクさんの「クッキー缶のビデオ」です。

妻の留守中に、ふと昔の写真を見たくなり、当てずっぽで、ここら辺かなとクローゼットルームのタンスの奥を探していた。そして、写真などが入れてある見覚えのある箱を見つけた。その通り中には、整理されていない写真が撮影の時期別に、写真サイズの小さなポリ袋に細かくまとめられてあった。いくつかポリ袋を物色し、目的の写真を見つけて満足していると、さっき開けた箱の下に、もう一つ黒い紙袋に包まれたクッキー詰め合わせギフトの「缶箱」があるのに気が付いた。ちょっとした好奇心に中を開けて見ると、1から10までの番号がラベルされたVHSタイプのビデオテープが10本入っていた。すべては、このビデオテープを偶然に発見してしまった事から始まる。

<1本目>

このビデオって、昔俺が持っていたエロビデオかなんかかな?だとすると裕美子の奴に、結婚前にこんなビデオ見て、センズリばっかしてた事バレたかな。やばいな、確か俺が持っていたのって、当時は真面目ぶってたけど、エロエロな陵辱系とかだったよな。アイツに軽蔑されそうなの一杯持ってたんだよなー。これがそれだったら相当キツイ。俺の変態趣味、知ってて黙ってたって事になるのかー。まあー仕方ないけど、今日は当分、裕美子の奴は帰ってこない予定だし、この際こっそり処分しておこうかな。あ、でもまず、ちょっとだけ鑑賞してからだな。なんだか…、少し楽しみだな。さーて、じゃあー、早速。【再生】っと。

ギシッー、ガタン、ガガガガガガ、ジジジジジジ…。

ん、んんーと、映った映った。

『…じゃあホントすいませんが、よろしくお願いしますね。もう裕美子さんしか頼める人いないんです。僕達を助けると思って…』

あ、え、何?裕美子って?妻と同じ名前だ。

『うちのフィットネスクラブでは、毎年女性会員さんをモデルにしてビデオコンクールがあって、各店から絶対に一人は出さないダメなんです。実際、会員さんへは当たってはみたものの、全員に断られちゃって。会員さんでしょ、あまり無理には言えないし。こういう事って、僕達みたいな若手のインストラクター社員が押しつけられて、応募出来ないなんて事になった場合、僕達の責任にされて、会員さんとのコミニュケーション不足とか言われて、社員査定0にされちゃうんです。査定が上がらないとプログラムクラスとかメイン担当させてもらえないし、永久に雑用係になっちゃうんですよねー。だ、だからホント困っているんです。なあ、おい、田中!お前からも、ちゃんとお願いしろよ。』

『あ、はい。僕は今年入ったばかりで、よく解らないんですけど、飯田さんの言うように、大変な事になってしまうらしいんです。僕からも、この通り…お願いします。』

なんなんだ、このビデオ?フィットネスクラブって何?

『あのー、なんだか恥ずかしいわ、私なんてダメだって。もう30のおばさんだし、結婚だってして子供もいるのよ。無理よ、絶対無理だわ。あー、田中君が持ってるビデオカメラ、赤ランプ点いてるー。やだっ、もう撮ってるの?やめてよ、恥ずかしいから。』

あ、あ、あ、…裕美子!!!なんでお前が…?このビデオって一体何!画面の右下にカウンターがあるぞ。え、何、これって、3年前に、撮影されたもの…。そう…フィットネスと言えば…たしか、裕美子が子供の小学校入学を機に事務のパートに入った、あのスポーツクラブの事なのか?たしか、あれって3年前くらいだったような。

『大丈夫です!僕が保証します。裕美子さん綺麗だし、スタイルだって、ここに通ってくる女性会員の誰より、いいじゃないですか!絶対大丈夫です。おい、田中、黙ってないでお前も何か言えって。』

『ええ、ホントにホント、北川さんは素敵です。綺麗です。お付き合いしたいくらいです。』


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2013年8月7日 | エロい体験談カテゴリー:人妻体験談
1 / 3123

このページの先頭へ