【近親相姦体験談】家庭内融和策

思春期の男の子がいる家庭なら大なり小なりそうだと思うが、

うちも妻と息子の折り合いが悪い。妻はしょっちゅう息子をガミガミ叱るし、

息子も手こそ挙げないが「うるせえよ、クソババア!」と怒鳴り返す。



息子は中2。上背は俺を追い越したが、いつまでも子供扱いするのが母親だ。

独り息子で妻も幼い頃から溺愛してきたが、その感覚が抜けないのか。

思い通りにならないと、ついカッとなってキツい言葉を投げつけるらしい。



息子も小さい頃は母親ベッタリだったのに、中学に入って反動が来たようだ。

普通に受け答えすればいいのに、わざと無視したり食って掛かったりする。



俺に言わせれば、息子は自分勝手で短絡的。一方の妻は、言ってる内容こそ

正論かもしれんが、親離れしたい思春期男子の心情を全然理解していない。

もちろん夫として、父親として、2人には言ってるが、これがなかなか難しくて…




このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年5月22日 | エロい体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【人妻体験談】妻を育てる4/4

スナックでの乱痴気騒ぎと、ラブホテルでの合宿型調教の一部始終を妻から聞き取った翌朝、リビングで向き合った妻に問いただしました。

「もし、Aさんから、またスナックへ誘われたら、出て行くのか?」と。

妻は、しばし沈黙しましたが、うつむいて答えました。

「もう、Aさんから誘われてるの」と。

「いくのか?」

「...........うん。いつもは行かないけど。」

妻の説明では、ホテルからの帰途に車の中でバイブ責めをされながら、何度もAさんに「また、(スナックへ)来るんだよな!」と尋ねられたそうです。

初めはためらっていた妻も、最後はBさん、青木さんにひとみさんまで加わって責められた挙句、涙を流しながら「いきますぅ!!!」と約束させられたそうです。

そんな約束なんか、どうでも良いのですが、やはり「妻の身体がそれを求めている」のでしょう。

後日、青木さんと連絡を取ると、妻を説得しているシーンをビデオに撮影していなかったのは、全員参加(笑)で妻を責めていたためにビデオの撮影係がいなかったためであり、他意は無いとのことでした。

逆に、Aさんからの私への伝言として、「新しいプレーをする時は私の意向を確認することや、妊娠には気をつけること、ビデオで報告すること等の、私が提示した約束は守る。スナックへ来るのは、手の空いた時だけで良い。手当てと帰りのタクシー代は払う。」等の条件を提示してきました。

私は、妻が私から遠ざかっていくような感覚に悩みましたが、私では導けない快感に犯されていく妻の姿を見ることの誘惑に負け、最終的には妻をスナックへ行かせることにしました。

妻が持ち帰るビデオテープがもたらす、エロビデオとは比較にならないエクスタシーと背徳感に捉えられていたのです。

それから、私の妻は、月に2度弱くらいの割合でスナックへ出かけるようになりました。

子供を持つ主婦としての役割もありますし、生理等の体調もあります。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年10月11日 | エロい体験談カテゴリー:人妻体験談

このページの先頭へ