【M男な体験談】女性センターの悪夢①

 うちのアパートから徒歩4~5分のところに、公共の施設があります。 名称は、“女性福祉センター”とか、“女性総合教育センター”とかそんな感じで、僕のような男の独身者が足をふみ入れていい 場所ではありません。(過去にトイレを借りようとしたら、受付のお姉さんに「ここに男性トイレなんてありません!」と言われて追い払われたことがあります) この中でなにが行われているのか・・・・平日の昼間に、こんな施設を利用するのは、もっぱら近所の 奥さんたちであるように思います。

 ある夏の午後・・・・センターの前を通りかかると、近所の奥さんたち三~四人がコンビニ袋をさげて 建物の中に入っていきました。夏休みのせいか、母親につきしたがう女子生徒の姿も見えます。 こども会かなにかの会合でしょうか。

 ・・・ところが違いました。隣のアパートに住み、たまに挨拶するぐらいしか面識のない、主婦の 凉子さん(37歳)が、話しかけてきたのです。それも、尋常ではない命令口調で。 「あら、◎◎くん。いいところで会えたわね。いまから、あなたのうちまで迎えにいくつもりだったのよ。 まったく、ナイスタイミング・・・・ってやつね」 あ、あの・・・・・・なんのことでしょうか?? 「いいから、来ればわかるから。でも、一応簡単に説明てあげると、このあいだの、わたしの、 ベランダの洗濯物の件・・・・と言えばわかるかしら?」 げえっ!やっぱり、ばれていたんだ・・・・。実は、一週間ほどまえに、凉子さんのベランダから、風で 飛ばされた下着を一枚、頂いたことがあるのでした。 これで僕はすっかりしどろもどろになり・・・・・・鋭い目で睨む凉子さんの命令を拒むことはとうてい許されず、 気がつけば、他にも三~四人の主婦に取り囲まれ、半ば強引に、“女性センター”の中へ 引きずり込まれたのでした。



 怖ろしいことに、センター内には、たくさんの女性が待ち受けていました。大半は、地元で小学生の娘を持つ、 比較的年齢の若いお母さんたちです。娘とペアで座っているのがそうで、制服を着た女子中高生の姿もあります。 スーツを着込んだ女性がふたり。小学校と、中学校の教師であることが、女性たちの会話からうかがえました。 あっ、前に僕にトイレを断った受付の女性(三十前半くらいで、茶髪で、背が高くて、こわそう)も加わっています。 僕は、凉子さんにぐいぐい引っぱられて、茶髪の受付嬢に背中を押され・・・・女性たちのいる会議室に姿を 見せると、そこでは大ブーイングの嵐が巻き起こりました。 みんな、僕のことを、凉子さんの下着を盗んだ、とんでもない変態野郎だと聞かされているのでしょう・・・。

 「ヘンターイ!!」 「最~低!!」 「ありえな~い」 「帰れ、帰れ~!!」などの野次が飛びます。 あの、帰っていいなら帰りますけど・・・。 小声でつぶやいてみたところ、凉子さんがとんでもないことを言いました。 「ダメよ。ここにいる女性たちが、こんな暑い日に、なんでわざわざ集まってくれたと思うの?最低の痴漢であり、 変態野郎のあんたを、みんなでお仕置きするためにやって来たのよ。それも、痴漢の被害に遭いやすい女の子たちの目の前でね」 あまりのことに、僕は呆然としてしまいました。 お、お、お仕置きって・・・・・・い、いったい、なにするんですか? 凉子さんは答えませんでした。ただ目を細めて・・・鮮やかなルージュの口元をゆがめて、 笑ったのだけは、僕の目にはっきりと映ったのでした。

 そのための舞台は、すでにととのえられていました。

 女性教師と、数人のお母さんたちが指導的な役割を果たし、他の二十人近い女性を上手く まとめています。 僕は会議室の一番奥、一段高くなったところに、正座させられました。

 指導者のひとり、今瀬梨津子という四十代の女性 (この人には高校生の娘がいて、この集会にも加わっている)が、低い声で言いました。

 「正座の前に、服を脱いで」 僕は、最初、なにを命じられたのか分からず、まじまじと彼女の顔を見てしまいました。 「聞こえなかったの?正座する前に、服を脱ぐの!下、パンツだけはいていいから」

 二回目の彼女は、まゆげがつり上がり、とても怖い顔で言いました。 え・・・・・・な、なんで、服を脱がなきゃならないの? 僕はとまどい、唯一顔見知りの凉子さんを探しました。 大人と子供、あわせて二十五人ほどの女たちの中に、煙草に火をつける凉子さんの姿がありました。

 彼女は僕と目が合うと、ちょっとだけ笑い、

 「言うこと聞いた方がいいわよ・・・。梨津子さん怒らすと、お仕置きどころじゃ、済まなくなるわよ」

 そう言って、煙草の煙をはきました。 今瀬梨津子だけでなく、女性たち全員が、怖い顔で僕を睨んでいます。 会議室の扉が閉まり、内側から鍵がかけられました。窓には分厚いカーテンです。 「ほら、ぐずぐずしないで、早く脱いで!」

 三十代半ば、めがねの女教師が、僕の尻を叩きました。なんか見たことあるなと思ったら、中学のとき習った小菅美帆先生(音楽)です。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | エロい体験談カテゴリー:M男な体験談

【出会い系での体験談】ネットで知合った女とオフ会→即ホセックス

先日、インターネットで知り合った女性とのエッチの話をします。

その女性は、とある会社の研究に携わっている女性で、会う前までは「かなりインテリの女性だろうな・・・。

もしかしたら牛乳瓶のふたの様なめがねを掛けているのかな?」等と、まじめな女性を想像していました。

でもエッチなチャットで知り合った女性でしたから、正直言うと会うまでは非常に不安でした。

でも実際あって見たら何処にでもいる、普通の女性でした。

凄い奇麗とか、凄い可愛いとか、そういう人ではなかったですが、それなりに普通の女性でした。



待合せは上野の丸井の正面玄関。

40分ほどして予め連絡しておいた携帯電話に電話が掛かってきました。

「遅れてごめんなさい。仕事がなかなか終わらなくて・・・。」

「いいよ! 今どこにいるの?」

「丸井の正面玄関の公衆電話から電話してるの。」

「じゃ、そこに歩いて行くから、このまま話続けて!」

そういいながら、公衆電話のあるところに歩いていき、ようやく彼女と対面できました。

「じゃ、これからどうする? 何処行こうか?」


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||

2015年12月28日 | エロい体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【外国人との体験談】黒人の講師に

昔英会話学校で事務してたころ黒人の講師と仲良くなった。

俺はイケテナイのではっきりいってぱしりだった。

そいつは元2Aの選手生徒は勿論近所のバイトやら人妻やら喰い放題

ある日、若くて色っぽい人妻が同じ事務で入ってきた。

俺はいつももじもじ、奴はどんどん親しくなるある日俺のおごりで飲んでいる時奴の携帯がなった。





彼女からだ。今から会うらしい俺は席を外そうと思ったが恥じを忍んで奴に言った

奴は俺を馬鹿にしながらも了承した 俺は奴に車を貸し、奴の部屋に先に忍び込んだ

俺は奴の部屋の押し入れに隠れた三時間まってうとうとすると、奴と彼女が帰ってきた

陽気に笑う二人奴はベッドに座ると彼女にキスをする俺は覗きつづける彼女の夫のような気分だ

舌をすすりあう音が響く 奴はゆっくり彼女のシャツを脱がせスカートの奥に手を入れる 人妻が簡単に体をひらく めがねちびの俺には信じられない

奴は時間をかけて彼女を責める彼女の爪先が時折動く 奴は彼女を三十分かけて裸にした 俺からは奴の巨大な背中とのけぞる彼女がみえる奴は彼女をベッドに座らせ股間に顔をうずめた

水をすするような音がするいつもスーツを着こなし俺にさえ笑顔で話す彼女のあえぎ声がはげしくなる




このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年3月11日 | エロい体験談カテゴリー:外国人との体験談

【出会い系での体験談】ネカフェの女がクソビッチだった件

この前掲示板使って、すげー間抜けな女の子と会ってきた。



その女の子はネカフェ難民、いわゆる神待ち少女で、



俺が使っている掲示板にたまたま現れた。



最初は本当かどうか半信半疑でメールを送った。



返事が返ってきて、それから何度もやり取りをしたが実際に会ってみない限りは



なにも信用性がなかった。



その時掲示板にその少女が書き込んでいた内容はこうだ。



「ネカフェで泊まってたけど、ネカフェを出るお金を持ってないので助けて」


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||

2014年3月7日 | エロい体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【学校の先生との体験談】鬼畜中高生

女の先生とのエッチな思い出10時間目





<>124◆Dv4dBI9uecsageNew!2006/01/15(日)23:54:24ID:3TAMO5v40<>



俺は当時中学2年生。初めての射精をやってまだ一年足らず。



うちの中学はちょっと特異なところがあって、すごい古い農村地域に急にニュータウン

作って、近くの大企業の社員がどっと流れ込んで、まぁ中学校には、古い農村丸出しの

勉強なんかまるっきりやる気のないヤンキーと、塾通いでやけに勉強ができて学校は

遊びの場だと心得ていたマセ餓鬼の巣窟となっていたんだ。



で、中二のときの俺のクラスの担任は、教師になってまだ数年とかの新米。しかも親のコネ

で教師になっているので、最初の配属はかなりおとなしい学校で、うちみたいな扱いにくい

学校で担任とかさせられててんぱってた。


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2014年2月27日 | エロい体験談カテゴリー:学校の先生との体験談

【看護婦との体験談】ICUにて

先日、心臓カテーテル治療を受けたときの体験です。

以前より、このサイトのファンでしたが、自分にも投稿できる体験ができたので、

投稿させていただきます。 ので、コピペではありません。



土曜の夕方、急に心臓が締め付けられ、冷や汗が出るくらい苦しくなり、

すぐに、彼女の車で、病院の救急窓口へ駆け込みました。

受付では、氏名や住所など聞かれましたが、答えることも出来ないくらい苦しく、

カウンターに寝そべってしまったので、そのまま、中のベットに寝かされました。



ベットに寝ると、徐々に痛みが薄れ、診察が始まる頃には、ずいぶんと落ち着き

ました。 問診を行った先生は、とても若い医者になりたてと思われる、銀縁めがね

をかけた、萌え系の女性でした。



やさしい口調で、順序良く問診が進み、途中トイレに行きたくなり、その帰りです。

また、胸に激しい痛みがあり、またベットへ倒れこみました。若い女医は、別の


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||||||

2014年2月24日 | エロい体験談カテゴリー:看護婦との体験談

【アニメキャラの体験談】続 のび太「それでも僕は……」

<>136名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中投稿日:2008/06/11(水)23:35:34.89ID:vLqKmyu00<>

のび太「な、なんだ、いたんだ!よかった……」



しずか「どうしたの?私、なにかした?」



のび太「あ、いや。部活にきてなかったし、連絡もなかったから…・・・」



しずか「あ、ごめんなさい。すっかり忘れていたわ」



のび太「いや、いいんだ。僕の早とちりだった」



しずか「早とちり……?」



のび太「いや、なんでもない」




このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||

2014年2月10日 | エロい体験談カテゴリー:アニメキャラの体験談

【泥酔での体験談】眼鏡屋の店員

<>361えっちな21禁さんsage04/03/2411:17ID:1q+2N+NN<>

私が二十歳の時のことです。(数年前)

就職、一人暮らし、夏に初めて彼ができ、三ヶ月で別れ、といろいろあった年の冬の事です。

目が悪い私は、ひとりでメガネを買いに行きました。

大きなデパートのめがね屋さんで見ていると、後ろからソフトな声で

「どんなタイプをお探しですか?」



<>370えっちな21禁さんsage04/03/2411:25ID:1q+2N+NN<>

店員さんです。スーツを着て清潔な雰囲気の30歳くらいの人。

買うつもりですから、いろいろ相談にのってもらいます。詳しいし、話がうまい

まあそれが仕事ですもんね。私の目はかなり複雑で、コンタクトもあわないし、苦労してました。

視力はそんなに悪くは無いんですが、そうしたら、機械じゃなくて、直接測りましょうと

三つ並んだ検眼室の一番奥へ、案内されました。入って遮光カーテンをシャッと



<>377えっちな21禁さんsage04/03/2411:33ID:1q+2N+NN<>


このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

||||

2014年2月10日 | エロい体験談カテゴリー:泥酔での体験談

【小中学生の体験談】放課後、めがねっ娘(同級生)と….1

これは中学三年の時の話です。   この日は部活もなくみんな早く下校しました。私は執行部の仕事で[麻衣]と学校に残り、作業してました。着々と進んでいきました。作業の終わりになにか麻衣を意識してました。あの・・、はじめて声をかけたのに、どうしたの?と優しく声をかけてくれました。お、俺お前見てなんかかわいく見えてきて・・・、ありがとうと言ってくれた麻衣をみて犯したいと強く思った私は胸を強く触りました!きゃあと一瞬言ったけどあとはうぅ!いぁー!とかいうので、上を脱がせましたブラは自分のパンツの中に入れ、押し倒して胸を揉みました。や、やめてよと言うのでじゃあ、ズボンの中のブラとれたらやめるといって、ベルトをゆるめました。顔が近くにきて完璧に私のチンコはかたくなり、大きくなりました、とらないの?とわざと言って手を入れさせました。私の性器あたりを探る手がもぞもぞきてなにもない興奮に襲われました!しぶしぶ取り出したをブラちょうだい!と言って取り上げなめ回して、ズボンから息子をだしくわえろと命令しました。麻衣は泣きながらなめてくれました。お礼にパンツも取り上げ下をなめました!うぅ!うぅん!はぅ〜!とか興奮したのを見てアナルに

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年2月9日 | エロい体験談カテゴリー:小中学生の体験談

【寝取られ体験談】夜中の彼女からの電話に出たら彼女の喘ぎ声が聞こえた

昨日夜中に彼女から電話があったので出てみたら、ハアハアという声と、ザシュザシュというストローク音が聞こえました。20秒くらいして、「やったあ〜やったあ〜やったぜ〜、ついに友美にはめたった〜」という男の絶叫が聞こえました。



さっきまで友美のところに行って経緯を確認してきましたが、会社の送別会に行って、上司の部長含めて3人にマワされたらしいです。別れます。

気持ちのやり場がないので、書かせてください。



友美は24歳。それほど大手ではない日本橋にある輸入雑貨の会社に勤めてます。

すごい美人というわけではありませんが、色っぽい女で、しかもスタイルは良くてよく男に声をかけられるって言ってました。



スリーサイズは確認したことはありませんが、B88、W62、H90といったところです。

ブラのカップはF(実際よりも大きいのするでしょうが)をつけてました。

よく声をかけられるので、絶対気をつけろといつも言ってたのに。



昨日は、部長が大阪転勤になったので送別会があると言って、朝別れました。

「部長って私のこと好きみたい。しかも結構セクハラで、よく飲みに行こうって誘ったり、この前はお尻触られちゃった〜、ほんとにコマル!」って良く言ってました。




このエロい体験談を読む! »

エロ体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年2月3日 | エロい体験談カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 41234

このページの先頭へ